フレーズ一致について

フレーズ一致では、指定したキーワードと完全に一致するフレーズや、その類似パターンの前後に他の語句が含まれるフレーズが検索された場合に広告が表示されます。フレーズ一致は、既定の部分一致よりもターゲットを絞り込むことができますが、完全一致よりは柔軟です。キーワードがユーザーの検索語句とどの程度厳密に一致したときに広告を表示するかを細かく指定できます。

フレーズ一致の除外キーワードの場合、通常のキーワードのマッチタイプとは動作が異なり、類似パターンは一致(除外)対象となりません。除外キーワードについての詳細

フレーズ一致の仕組み

フレーズ一致では、指定したフレーズそのものやフレーズの類似パターンか、フレーズの前後に他の語句が含まれる検索語句に対して広告が表示されます。類似パターンには、つづりの間違い、表記のゆれ(例: 「振り込み」と「振込」)、略語、英単語ではさらに単数 / 複数の違い、語形の変化(例: 「floor」と「flooring」)、頭文字などの短縮形のほか、一部語句を省略した表現、類義語、言い換え、同じ意味を持つキーワードのパターンも含まれます。フレーズ一致では語句の順序が重要です。たとえばキーワードの途中に無関係な語句が入力された場合、広告は表示されません。フレーズ一致のキーワードは、フレーズの意味が維持されている限り、単語を並べ替えることができます。

フレーズ一致は、デフォルトの部分一致よりもターゲットを絞り込むことができますが、完全一致よりは柔軟です。フレーズ一致を使用すれば、お客様の商品やサービスを検索しているユーザーだけでなく、それ以外のより多くのユーザーにもリーチできます。

フレーズ一致キーワード: マッチする検索語句の例: 広告が表示されない検索語句の例:
"テニス シューズ" テニスのシューズ
セール テニスシューズ 購入
赤い テニスシューズ
快適なテニススニーカー
テニスラケットとシューズ
赤いシューズを履くテニス選手

 

 

 

 

Google 広告では、アカウントの品質スコアと推定入札単価(1 ページ目)を決める際に、キーワードの類似パターンではなく、完全一致のキーワードが参考にされます。

フレーズ一致が役立つ場面

次のような目的がある場合、検索ターゲットとするキーワードをフレーズ一致に設定すると効果的です。

  • ユーザー検索に使った語句と同じキーワードを使った広告を作成する場合: 広告がクリックされたときにユーザーが使用していた検索語句を確認し、その語句やフレーズをキーワードとして追加します。新しい広告でこういった語句をフレーズ一致キーワードとして使用すれば、お客様の商品やサービスへの関心がより高いユーザーにリーチできます。
  • クリック率(CTR)の向上を目指す場合: フレーズ一致では、ユーザーが検索したフレーズにキーワードが一致したときにのみ広告が表示されるため、クリックされる可能性は高まります。同時に、指定したキーワードに一致しない検索語句に対して、不要な広告の表示回数を減らすことができます。

他のマッチタイプが役立つ場面

  • ユーザーについてよく把握していて、キーワードと完全に一致する検索語句に対して広告を表示したい場合は、完全一致のほうが効果的です。
  • フレーズ一致よりも幅広いユーザーにリーチしたい場合は、部分一致のほうが効果的です。
広告キャンペーンをより効果的に実施するために、2 つ以上のキーワード マッチタイプを組み合わせて使用することをおすすめします。たとえば部分一致とフレーズ一致を併用すれば、幅広いリーチを確保しながら、同時に広告の表示対象をコントロールすることができます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。