特定のトピックに関連するページを除外する

コンテンツ ターゲティングの全体像を 1 か所で把握し、コンテンツ ターゲティングの管理と最適化を簡素化するために、Google 広告では次のような改善が行われます。

すべてのタイプのコンテンツ ターゲティングをサイド ナビゲーションの [コンテンツ] で確認できるようになります

  •  すべてのタイプのコンテンツ ターゲティングで、「トピック」、「プレースメント」、「ディスプレイ / 動画のキーワード」、「除外」がサイド ナビゲーション メニューの [コンテンツ] タブに分類されるようになりました。「除外」の場合は、[除外設定] の右側にあるプルダウン矢印 下矢印 をクリックして、トピック、プレースメント、ディスプレイ / 動画のキーワードの除外を選択します。

Google ディスプレイ ネットワークでは、特定のトピック(たとえば自動車や音楽など)に関するページを広告のターゲットに設定できますが、これと同様に特定のトピックを除外して、ターゲット ユーザーと関係のないトピックのウェブページには広告を表示しないようにすることもできます。

この記事では、トピックを除外して特定のウェブページに広告を表示しないようにする方法を説明します。

トピックを除外するメリット

  • ビジネスとの関連性が低いページに広告が表示されるのを防ぐことができます。
  • 幅広いテーマをターゲットに設定しつつ、サブトピックやニッチなエリアを指定して除外することができます。
  • 収益性の低いトピックを除外することで、広告予算をより有効に利用することができます。

ある旅行代理店が、さまざまなツアーの広告をまとめた広告グループを運用しています。この代理店では、「冒険旅行」や「公園、庭園」といった関連性の高いサブトピックが多数ある「旅行」トピックをターゲットに設定し、一方で「空の旅」といった関連性の低いサブトピックは除外することにしました。

手順

特定のトピックに関するページを除外する手順は次のとおりです。

  1. ナビゲーション パネルで、除外するトピックを含むディスプレイ キャンペーンを選択します。
  2. ページメニューで、[コンテンツ] をクリックします。
  3. [除外設定] タブをクリックします。
  4. [除外設定] の右端にあるプルダウン矢印をクリックします。
  5. [トピック]、プラスボタン の順にクリックします。
  6. 除外する各トピックの左にあるチェックボックスをオンにして、トピックを選択します。
  7. [保存] をクリックします。

関連リンク

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73067
false