リマーケティングの設定について

リマーケティングを使うと、以前にウェブサイトを訪問したユーザーやモバイルアプリを利用したユーザーに広告を表示するのに役立ちます。広告は、ユーザーが Google ディスプレイ ネットワーク内のサイトを訪れたとき、または商品やサービスに関連するキーワードを Google で検索したときに表示されます。

この記事では、リマーケティングのご利用に必要な 4 つの手順の概要を解説します。

はじめに

リニューアル版の Google 広告でリマーケティング用の Google 広告タグを設定している場合は、グローバル サイトタグとオプションのイベント スニペットで構成される新しい Google 広告タグが表示されます。JavaScript を使用してウェブサイトに従来の AdWords タグをインストールしている場合はそのまま使用できますが、新しい Google 広告タグを使用することをおすすめします。詳しくは、Google 広告 リマーケティング タグの変更点をご覧ください。

ほぼすべてのお客様は、新しい Google 広告でのみアカウントを管理できます。Google 広告(AdWords)の従来版をご使用の場合は、下記で [従来版] をご選択ください。詳細

リマーケティングをご利用の際は、この機能に対応したキャンペーン タイプを選択する必要があります。

ディスプレイ ネットワーク キャンペーン

ディスプレイ ネットワークでリマーケティングを使用するには、キャンペーンの作成時に [ディスプレイ ネットワークのみ] を選択し、[マーケティング目標] で [ユーザーの行動を促進する] の [ウェブサイトで購入] をクリックします。

検索ネットワーク キャンペーン

検索広告でリマーケティング リストを使用する場合は、キャンペーンを作成する際、キャンペーン タイプとして [検索ネットワークのみ - すべての機能] を選択します。[検索ネットワークのみ - 標準] や [検索ネットワーク(ディスプレイ ネットワーク対応) - 標準] を選択したキャンペーンでは、リマーケティング リストを追加できません。

ウェブサイトやアプリに Google 広告タグを追加する

リマーケティングを利用するには、まず、ウェブサイトやアプリ用にオーディエンス ソースを設定します。

リマーケティング タグスニペットは、オーディエンス ソースでリマーケティング用にサイトにタグを設定すると取得できる小さなコードブロックです。スニペットを取得したら、サイトに追加できます。モバイルアプリの場合は、SDK を使用してリマーケティングを設定し、設定したイベント別にアプリ内のユーザーを分類します。アプリ向け動的リマーケティングについての詳細

イベント スニペット

グローバル サイトタグを追加したら、「event」コマンドを使用して、リマーケティングやコンバージョン トラッキング用の追加データを Google 広告に送信できます。イベント スニペットを利用すると、イベント パラメータや関連するイベント パラメータを取得し、その情報を基にリマーケティング リストを生成することが可能です。
たとえば、イベント スニペットを使用して、ウェブサイトに登録されているユーザーをターゲットに設定したオーディエンス リストを作成できます。業種に応じて、イベント スニペットを使用して特定のデータを Google 広告に渡す必要があります。業種に合ったイベント パラメータの使用方法を確認

リマーケティング リストを利用する

オーディエンス ソースを設定したら、リマーケティング リストを作成する準備は完了です。

リマーケティング リストは、さまざまなカテゴリのユーザー用に作成できます。たとえば、「人気商品のページを閲覧したユーザー」用のリストを作成し、該当ページを訪問したユーザーだけがリストに保存されるように設定できます。これでユーザーが対象ページを訪問すると、そのユーザーの Cookie ID がリマーケティング リストに追加されます。

詳しくは、ウェブサイト用のリマーケティング リストを作成するをご覧ください。

Google 広告で自動生成されたリマーケティング リスト

リマーケティング キャンペーンを初めて作成すると、Google 広告でデフォルトのリマーケティング リストが自動的に作成されます。このリストを使うと、広告グループですぐにターゲティングを始めることができます。詳しくは、自動作成のリマーケティング リストについてをご覧ください。

最初のリマーケティング キャンペーンで使用できるデフォルトのリマーケティング リストには、次のようなものがあります。

  • すべての訪問者: このリストは、実装したリマーケティング タグの全パラメータのすべての値に基づいて作成されます。リストには、「ウェブサイトにアクセスしたすべてのユーザー」が含まれます。
  • コンバージョンに至ったすべてのユーザー: このリストは、コンバージョン トラッキング タグに基づいて自動的に作成されます。リストには、「ウェブサイトでコンバージョンに至ったすべてのユーザー」が含まれます。コンバージョン トラッキングを設定していない場合、このリストは空になります。
  • Google 広告の最適化リスト: このリストは、複数のオーディエンス ソースからオーディエンスを取得し、1 つのリマーケティング リストに統合する組み合わせリストです。このリストを作成するには、[オーディエンス ソース] ページで少なくとも 1 つのデータソースを選択する必要があります。

リマーケティング リストのルール

ウェブサイトやアプリにグローバル サイトタグ(および任意でリマーケティング イベント スニペット)を挿入した後は、ルールを使用してウェブサイトやアプリの各セクションに対応するリストを定義できます。たとえば、ハイヒール(stilettos)を販売しているウェブページに対応するリストを作成する場合は、「次を含む URL: stilettos」というルールを定義します。この場合、該当の商品ページの URL には「stilettos」という文字列が含まれている必要があります(例: www.example.com/stilettos)。

このルールを使うと、ウェブサイトやアプリにさらにタグを挿入することなく、リストをいくつでも作成することができます。まずは自動作成されたリストを使用することをおすすめします。その後、必要に応じてルールを使用してリストをカスタマイズできます。なお、広告を掲載するには、リストのアクティブ ユーザーが 100 人を超えている必要があります。リストを細分化しすぎると、広告掲載の最小要件を満たさなくなるおそれがありますのでご注意ください。

リマーケティング リストのルールについての詳細

カスタム パラメータ

動的リマーケティング イベント スニペットを利用すれば、カスタム パラメータを使って各ページに関する情報を Google に送信し、その情報を基にリマーケティング リストを生成することができます。

たとえば、商品価格や各ページの種類(「購入ページ」など)といった情報を送信すれば、一定額以上の買い物をしたユーザーのリストを作成できます。この場合、リマーケティング イベント スニペットには、value(商品の価格)と pagetype(ユーザーが購入のどの段階にいるかを示すもの)についての情報をカスタム パラメータとして含めます。

詳しくは、ウェブサイト用のリマーケティング リストにテンプレートを使用するをご覧ください。

Google 広告では、ポリシーで制限された特典に関連するページにタグを実装することはできません。パーソナライズド広告ポリシーの詳細

 

リマーケティング データの収集を無効にする

パーソナライズド広告を表示したくないユーザーのリマーケティング データの収集を無効にするには、allow_ad_personalization_signals パラメータを使います。このパラメータを使うと、パーソナライズド広告のデータの使用を無効にすることができます。パラメータのデフォルト値は true に設定されています。このパラメータの値を false に設定すると、パーソナライズド広告のデータの使用が無効になります。
 
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。