データ セグメントの設定について

オーディエンスの全体像を 1 か所で把握し、オーディエンスの管理と最適化を簡素化するために、Google 広告では次のような改善が行われます。

  • 新しいオーディエンス レポート
    オーディエンスのユーザー属性、セグメント、除外設定に関する詳細情報が、ページ左側のナビゲーション メニューの [オーディエンス] タブにまとめられます。このレポートページから、オーディエンスを簡単に管理することもできます。詳しくは、オーディエンス レポートについての記事をご覧ください。
  • 新しい用語
    オーディエンス レポート内と Google 広告全体で新しい用語が使用されます。たとえば、「オーディエンス タイプ」(類似、カスタム、購買意向、アフィニティなど)はオーディエンス セグメントに、「リマーケティング」は「広告主様のデータ」にそれぞれ変更されます。詳しくは、オーディエンスに関する用語やフレーズの更新をご覧ください。

データ セグメントには、既存のユーザーと、過去にウェブサイトを訪問したり、モバイルアプリを利用したりしたことのあるユーザーが含まれます。詳しくは、ディスプレイ キャンペーンでのデータの使用方法検索キャンペーンについての記事をご覧ください。

ウェブサイトやアプリに Google 広告タグを追加する

データ セグメントを利用するには、まずウェブサイトまたはアプリでオーディエンス ソースを設定します。タグスニペットは、オーディエンス ソースでサイトにタグを設定すると取得できる小さなコードブロックです。取得したスニペットはサイトに追加できます。モバイルアプリを使用したことのあるユーザーをターゲットにするには、SDK を使用してデータを設定し、設定したイベント別にデータを分類します。アプリ向け動的リマーケティングについての詳細

イベント スニペット

グローバル サイトタグを追加している場合は、Google 広告に追加データを送信すると、データ セグメントの作成と、「event」コマンドを使ったコンバージョンのトラッキングができます。イベント スニペットを利用すれば、データ セグメントの作成に使用するイベントおよび関連するイベント パラメータを取り込むことができます。
たとえば、イベント スニペットを使用して、ウェブサイトに登録したユーザーをターゲットにすることができます。業種によっては、イベント スニペットを使って特定のデータを Google 広告に渡す必要があります。

データ セグメントを使ってみる

オーディエンス ソースを設定すれば、セグメントをすぐに作成できます。さまざまなタイプのウェブサイト訪問者向けにセグメントを作成できます。たとえば、人気商品のページを閲覧したユーザーをセグメントに追加すると、該当するユーザーが人気商品のリストに保存されるように設定できます。ユーザーが対象ページにアクセスすると、そのユーザーの Cookie ID がデータ セグメントに追加されます。

詳しくは、ウェブサイト用のリマーケティング リストを作成するをご覧ください。

自動作成のリスト

オーディエンス ソースを設定している場合は、デフォルトのリストが自動的に作成され、広告グループでこれらのリストをターゲットに設定できるようになります。詳しくは、利用可能な自動作成のリストについての記事をご覧ください。

よく使われるデフォルトのセグメントを以下に挙げます。

  • すべての訪問者: このセグメントは、実装しているタグの全パラメータの値に基づいて作成されます。セグメントには、「データのイベント スニペットを実装したページにアクセスしたすべてのユーザー」が含まれます。
  • コンバージョンに至ったすべてのユーザー: このセグメントは、コンバージョン トラッキング タグに基づいて自動的に作成されます。セグメントには、「ウェブサイトでコンバージョンに至ったすべてのユーザー」が含まれます。コンバージョン トラッキングを設定していない場合、このセグメントは空になります。
  • Google 広告の最適化セグメント: 利用可能なオーディエンス ソースから取得した複数のセグメントをまとめて組み合わせたセグメントです。このセグメントを作成するには、[オーディエンス ソース] ページで 1 つ以上のデータソースを接続する必要があります。

データ セグメントのルール

ウェブサイトまたはアプリにグローバル サイトタグとオプションのイベント スニペットを追加したら、ルールを使用して、ウェブサイトまたはアプリのさまざまなセクションにセグメントを設定することができます。たとえば、ハイヒール(stilettos)を販売しているウェブページに対応するセグメントを作成する場合は、「URL に stilettos が含まれる」というルールを定義します。この場合、該当の商品ページの URL には「stilettos」という文字列が含まれている必要があります(例: www.example.com/stilettos)。

ルールを使用すると、ウェブサイトやアプリにタグを追加しなくても、セグメントをいくつでも作成できます。まず自動作成されたセグメントを使用することをおすすめしますが、セグメントをパーソナライズする場合はセグメント ルールを使用しても構いません。なお、広告を掲載するには、セグメントのアクティブ ユーザーが 100 人を超えている必要があります。セグメントを細分化すると、広告掲載の最小要件を満たさなくなる可能性がありますのでご注意ください。

データ セグメント リストのルールに関する詳細

カスタム パラメータ

動的リマーケティング イベント スニペットを利用すれば、カスタム パラメータを使って各ページに関する情報を Google に送信し、その情報を基にデータ セグメントを作成することができます。

たとえば、商品価格とページの種類(「購入ページ」など)の情報を送信すれば、一定額以上の買い物をしたユーザーのセグメントを作成できます。この場合、イベント スニペットには、value(商品の価格)と page type(ユーザーが購入のどの段階にいるかを示すもの)についての情報をカスタム パラメータとして含めます。

詳しくは、過去にウェブサイトを訪問したユーザー セグメントのテンプレートを使用する方法についての記事をご覧ください。

Google 広告では、ポリシーで制限された特典に関連するページにタグを実装することはできません。パーソナライズド広告に関するポリシーの詳細

データの収集の無効化

パーソナライズド広告を表示したくないユーザーに対して(またはお客様ご自身のコンプライアンス上の理由から)、パーソナライズド広告データの収集を無効にすることができます。グローバル サイトタグを変更して、サイトの特定のユーザーのパーソナライズド広告データの収集を無効にするか、Google 広告アカウントの [オーディエンス マネージャー] でカリフォルニア州在住のすべてのユーザーを除外するよう選択します。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73067
false