効果的なキーワードの選び方

宣伝したい商品に合ったキーワードを登録することで、適切なユーザーに向けて広告を表示することができます。キーワードには、その商品やサービスを検索するときにユーザーが使いそうな語句を選びます。キーワードを追加、編集、削除する方法の詳細

この記事では、キーワード選びのヒントを説明します。

ユーザーの目線でリストを作成する

AdWords で宣伝したい商品やサービスを書き出し、それぞれに当てはまる語句やフレーズを考えます。自分がその商品やサービスを探す立場であればどのような単語で検索するか、ユーザーの目線に立って考えることが重要です。

たとえば男性用のスポーツ シューズを販売している場合、まずは「メンズ スポーツ シューズ」など、ユーザーが使いそうな語句から始めます。扱っている商品によって、「メンズ スニーカー」や「メンズ テニスシューズ」なども追加します。ブランド名や商品名を加えると、キーワードをさらに増やすことができます。

具体的なキーワードを選択する

特定の商品に関心を持つユーザーをターゲットとする場合、広告のテーマに直接関連する具体的なキーワードを選びます。そうすることで、その商品と関連する語句が検索された場合に絞って広告が表示されます。ただし、キーワードが具体的すぎると、十分な数のユーザーに広告を届けられない場合もあります。

たとえば男性用のスポーツ シューズを販売している場合、「メンズ バスケット シューズ」のような具体的なキーワードを選びます。すると、ユーザーがこうしたシューズを探しているときやバスケット ボールに関するサイトを訪問したときに広告が表示されます。

一般的なキーワードを選択して、より多くのユーザーに広告を表示する

幅広く広告を表示したい場合は、一般的な単語を選ぶと効果的です。ただし一般的すぎるキーワードを選ぶと、商品やサービスに関係のない検索でも広告が表示される可能性があります。また、一般的なキーワードは競争が激しく、高めの入札単価が必要となる場合もあります。ターゲットを広く設定したうえでスマート自動入札を活用すると、マッチタイプにかかわらず、掲載結果が高い検索が優先されます。スマート自動入札についての詳細

一般的なキーワードをいろいろ試してみて、成果を比べるのも良い方法です。なお、キーワードと広告やウェブサイトとの関連性は、できる限り高める必要があります。

大規模な靴屋を経営している場合は、「シューズ」のような一般的なキーワードも有効です。すると、ユーザーが靴を探しているときやファッション関連のサイトを訪れたときに広告が表示されます。

キーワードを広告グループに分類する

キーワードと広告を、関係する商品やサービス、その他のカテゴリによって分類し、広告グループとしてまとめることで、ユーザーにとって的確な広告を表示しやすくなります。ある検索語句に対して複数のキーワードが一致する場合の優先順位付けについては、同じ広告グループで類似するキーワードを使用している場合についての解説をご覧ください。同じキーワードを複数のマッチタイプで登録しても、費用やパフォーマンスの面で悪影響が出ることはありません。

すべてのキーワードと広告を 1 つの広告グループにまとめてしまうと、たとえば女性用のフォーマル シューズを検索しているユーザーに対し、男性用のテニスシューズに関する広告が表示されてしまう可能性があります。詳しくは、新しい広告グループを作成する方法をご覧ください。

たとえば靴の小売店で、「ランニング シューズ」と「フォーマル シューズ」の 2 つの広告グループを作成したとします。ランニング シューズの広告グループには「ランニング シューズ」や「スニーカー」などのキーワードと、対応する広告を含めます。一方、フォーマル シューズの広告グループには、「フォーマル シューズ」や「ドレス用シューズ」などのキーワードを含めます。

これで、「フォーマル シューズ」と検索したユーザーにはフォーマル シューズの広告を表示する一方で、「ランニング シューズ」と検索したユーザーには別の広告を表示することができます。

注: 各キーワードのさまざまな類似パターンを個別に登録する必要はありません。指定したキーワードに非常に近い内容の検索語句は、どのマッチタイプであっても一致するようになっています。

関連リンク

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73067
false