動画広告のインタラクティブ機能について

適切なオーディエンスに広告を表示して認知度を高めるために動画広告を使用している場合は、インタラクティブ機能を使うとオーディエンスのエンゲージメントをさらに高めることができます。

動画広告にインタラクティブな要素を追加すると、広告は単に見て楽しんでもらう以上の、さらに深いレベルでブランドを視聴者にアピールできるものとなります。また、ブランドの認知度の向上、ウェブサイトへのアクセスの促進、商品購入の促進などの具体的な広告目標に合わせて、広告をカスタマイズできるようになります。

: インタラクティブ機能の一部は、デバイスやプラットフォームによっては対応していない場合があります。

サポートされているインタラクティブ機能

Google 広告を使用する

  • 自動終了画面: アプリのインストールなどのユーザーのアクションを促す画面を自動的に生成して動画広告の最後に表示します。
  • 行動を促すフレーズのボタン: 視聴者にウェブサイトへのアクセスを促します。
  • アセット: お客様のビジネスに関する詳細情報を提供できるよう、ウェブサイトの特定の箇所へのリンクを追加したり、ユーザーが連絡先情報を送信するためのリードフォームを追加したりできます。
  • Merchant Center の商品フィード: インタラクティブな商品フィード(Merchant Center で作成)を使用すると、動画広告がバーチャル店舗として機能するようになります。
  • 関連動画: YouTube で動画広告が再生される際、関連する動画のリストをその下に表示できます。

YouTube Studio を使用する

  • 終了画面: YouTube 動画の終了画面を作成して、ブランドへのエンゲージメントを高めます。
注: 動画広告で使用するすべてのインタラクティブ機能は、Google 広告のポリシーを遵守する必要があります。

以下の各セクションを展開すると、インタラクティブ機能の詳細を確認できます。

行動を促すフレーズのボタン

行動を促すフレーズのボタンによって、視聴者にウェブサイトへのアクセスを促すことができます。行動を促すフレーズのボタンを設定するには、動画広告の作成時に [行動を促すフレーズ] フィールドにテキストを入力します。行動を促すフレーズのボタンは、「見積もりを依頼」、「今すぐ予約」、「登録」など、お客様の目的に合わせてカスタマイズできます。
YouTube で動画広告を視聴する際、視聴者はスマートフォン、パソコン、テレビで行動を促すフレーズのボタンを操作できます。

モバイルおよびパソコンでは、視聴者は行動を促すフレーズのボタンを選択して、ブラウザからウェブサイトにアクセスできます。

スマートフォンで YouTube 動画再生ページに表示される広告の例

デスクトップ パソコンで YouTube 動画再生ページに表示される広告の例

「テレビで YouTube」アプリにログインしている視聴者は、行動を促すフレーズのボタンを選択して、モバイル デバイスにリンクを送信し、モバイル デバイスのブラウザからウェブサイトにアクセスできます。テレビの場合、行動を促すフレーズのボタンは、「ブランド認知度とリーチ」および「商品やブランドの比較検討」の目標を使用している動画キャンペーンでのみ使用できます。
スキップ可能なインストリーム広告の例を示すイラスト。

終了画面

終了画面には、自動終了画面と YouTube 終了画面の 2 種類があります。自動終了画面は Google 広告で生成され、動画広告に表示されます。YouTube 終了画面は YouTube Studio で作成され、チャンネル内の動画および動画広告で表示されます。

自動終了画面

自動終了画面では、モバイルアプリのインストールや商品の購入などのアクションにつながる情報を提供することで、視聴者に対する広告のパフォーマンスを高めることができます。Google 広告では、キャンペーンの情報を使用して自動終了画面が自動的に生成され、動画広告の最後に数秒間表示されます。たとえば、アプリ キャンペーンの場合、終了画面にはアプリの名前や価格などの詳細情報と、アプリのインストールを促すリンクが表示されます。
注: 自動終了画面が有効になっている場合、YouTube 終了画面は表示されません。

YouTube 終了画面

YouTube では、Google アカウントの YouTube Studio を使って作成したカスタム終了画面を動画の最後に追加できます。ただし、終了画面を表示するには動画の長さが 25 秒以上必要です。視聴者獲得につなげるほか、次のような目的で使用できます。

  • YouTube のその他の動画、再生リスト、チャンネルに視聴者を誘導する
  • チャンネル登録を呼びかける
  • ウェブサイト、商品、クラウドファンディング キャンペーンを宣伝する

YouTube で動画に終了画面を追加する方法

アセット

アセットを追加すると、広告の情報量が増えるため、視聴者がお客様のビジネスとつながるきっかけを増やすことができます。アセットによって、視聴者にとって有益なビジネスデータ(リンクなど)を広告に追加できます。
動画広告では、次の項目を追加できます。
  • サイトリンク アセット: サイトリンク アセットを使用すると、サイト内の特定のページ(商品情報ページ、営業時間の案内ページなど)へのリンクを広告に追加表示できます。視聴者はリンクをクリックまたはタップして、関心のある情報や購入したい商品のページに直接移動できます。
  • リードフォーム アセット: リードフォーム アセットを使用すると、ユーザーが広告から直接フォームで情報(メールアドレスや電話番号など)を送信できるようになるため、見込み顧客の獲得につながります。
    ​​​​Lead forms convergence, video example
  • 住所アセットアフィリエイト住所アセット: 住所アセットを使用すると、ビジネスの住所、所在地までの地図または距離を広告に表示して、視聴者に場所を示すことができます。小売チェーンや自動車ディーラーを通じて商品を販売している場合は、アフィリエイト住所アセットを使用すると、視聴者はそれらの場所でお客様の商品を見つけることができます。

商品フィード

商品が追加されている動画アクション キャンペーンのアニメーション
商品フィードを追加すると、YouTube 動画広告がバーチャル店舗として機能するようになります。このクリエイティブなアドオンを使用すれば、ブラウジング可能な商品画像を動画広告の下に表示して視聴者の購入意欲をかき立て、クリックとコンバージョンを促進できます。
動画広告で商品フィードを使用するには、事前に Merchant Center アカウントでフィードを設定し、ショッピング広告を有効にして、Merchant Center アカウントを Google 広告アカウントにリンクする必要があります。

関連動画

YouTube に表示される動画広告の例(関連動画が下に表示されている)
YouTube での動画広告の再生時に、その下に関連動画のリストを表示できます。これらの関連動画によって、メインの動画広告のメッセージに広がりをもたせ、より印象づけることができます。キャンペーンごとに 2~5 本の関連動画を追加できます。モバイル デバイスの YouTube アプリで広告が再生されると、関連動画が動画広告の下に表示されます。
関連動画は、「商品やブランドの比較検討」と「ブランド認知度とリーチ」の目標を使用しているキャンペーンで使用できます(または、CPV(広告視聴単価)もしくは目標インプレッション単価の入札戦略を使用すると、目標を指定せずに動画キャンペーンを作成できます)。

動画アクション キャンペーンでインタラクティブ機能を使用する

動画アクション キャンペーンは、1 つの自動化キャンペーンを使用して YouTube およびそれ以外のさまざまな場所でコンバージョンを促進できる、シンプルで費用対効果の高い方法です。動画アクション キャンペーンでは、行動を促すフレーズのボタン、サイトリンク アセット、リードフォーム アセット、商品フィードを使用できます。これらのインタラクティブな要素をキャンペーンで使用すると、お客様の商品やサービスについて詳しく調べたり、連絡先情報を入力したりするなどの、その後のビジネスにつながるアクションを視聴者に促すことができます。詳しくは、動画アクション キャンペーンについてをご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
1519086345463588948
true
ヘルプセンターを検索
true
true
true