クラスの詳細を表示、変更する

この記事は教師用です。

クラスを作成した後で、クラスの詳細を表示、変更できます。クラスの詳細には次の項目があります。

  • クラス名、セクション、教室番号などの基本的な情報
  • [ストリーム] ページへの投稿の設定
  • クラスのビデオ会議へのリンク
  • クラスコード

クラスの詳細は [設定] ページで変更できます。

クラス名、説明、セクション、部屋、科目を編集する

クラス名は必須です。

: クラス名を編集しても、クラスのドライブ フォルダの名前は自動的には更新されません。フォルダ名を更新するには、クラスのドライブ フォルダにアクセスします。

  1. classroom.google.com にアクセスして [ログイン] をクリックします。

    Google アカウント(例: [あなたの名前]@[学校名].edu[あなたの名前]@gmail.com)でログインします。詳細

  2. 該当するクラス 次に 設定アイコン 設定 をクリックします。

    設定アイコンをクリック

    クラス名は自動入力されます。

  3. [クラスの詳細] の下で、変更内容を入力して [保存] をクリックします。

    クラスの編集

    注: 空白のままにした項目は生徒に表示されません。

クラスコードを表示する

Classroom でクラスを作成すると、クラスコードが自動的に生成されます。このコードをプロジェクターに表示して、生徒や他の教師を招待します。

  1. classroom.google.com にアクセスして [ログイン] をクリックします。

    Google アカウント(例: [あなたの名前]@[学校名].edu[あなたの名前]@gmail.com)でログインします。詳細

  2. 該当するクラス 次に [ストリーム] をクリックします。
  3. プロジェクターにコードを表示するには、コードの横にある表示アイコン をクリックします。
  4. (省略可)コードを全画面表示するには、全画面表示アイコン  をクリックします。
クラスコードを無効化、リセット、コピーする

Classroom でクラスを作成すると、クラスコードが自動的に生成されます。生徒がクラスコードを使用する際に問題が発生した場合は、コードをリセットできます。新しい生徒をクラスに参加させる必要がない場合は、コードを無効にします。コードはいつでも有効に切り替えられます。

  1. classroom.google.com にアクセスして [ログイン] をクリックします。

    Google アカウント(例: [あなたの名前]@[学校名].edu[あなたの名前]@gmail.com)でログインします。詳細

  2. 該当するクラス 次に 設定アイコン 設定 をクリックします。

    設定アイコンをクリック

  3. クラスコードの横にある下矢印 をクリックして次のいずれかを行います。
    • コードを表示するには [表示] をクリックします。
    • コードをコピーするには [コピー] をクリックします。
    • コードをリセットするには [リセット] をクリックします。
    • コードの無効と有効を切り替えるには、[無効にする] または [有効にする] をクリックします。
      : コードを有効にすると、新しいクラスコードが生成されます。
  4. [保存] をクリックします。

クラスのビデオ会議へのリンクを表示する 

Classroom で Google Meet を使用する際の手順と要件については、教育向けのビデオ会議を開始するをご覧ください。

[ストリーム] ページでの授業に関する通知の表示方法を選択する

[ストリーム] ページに [授業] の投稿に関する通知を表示するかどうか、通知にどのような詳細情報を表示するかを選択できます。

  1. classroom.google.com にアクセスして [ログイン] をクリックします。

    Google アカウント(例: [あなたの名前]@[学校名].edu[あなたの名前]@gmail.com)でログインします。詳細

  2. 該当するクラス 次に 設定アイコン 設定 をクリックします。

    設定アイコンをクリック

  3. [ストリームでの授業] の横にある下矢印  をクリック 次に 次のいずれかを選択します。
    • 添付ファイルと詳細を表示する - 生徒に通知が展開して表示されます。
      展開ビュー
    • 要約した通知を表示する - 生徒に通知が折りたたまれて表示されます。
    • 通知を非表示にする - [ストリーム] ページに [授業] に関する通知は表示されません。
  4. [保存] をクリックします。

注: 提出済み、割り当て済み、採点済みの課題の合計数は教師にのみ表示されます。

ストリーム ページに投稿できるメンバーを管理する

教師が権限を設定していれば、生徒は [ストリーム] ページでメッセージを投稿したり、教師やクラスメートからの投稿にコメントしたりすることができます。教師は個々の生徒またはクラス全体に対して権限を設定することで、生徒の投稿を管理できます。

  1. classroom.google.com にアクセスして [ログイン] をクリックします。

    Google アカウント(例: [あなたの名前]@[学校名].edu[あなたの名前]@gmail.com)でログインします。詳細

  2. 該当するクラス 次に 設定アイコン 設定 をクリックします。

    設定アイコンをクリック

  3. [全般] の下にある [ストリーム] の横で、下矢印  をクリック 次に オプションを選択します。
    • 生徒に投稿とコメントを許可 - デフォルトではこの設定になっており、生徒は [ストリーム] ページで投稿を作成したり、投稿にコメントしたりできます。
    • 生徒にコメントのみを許可 - 生徒は既存の投稿にコメントできますが、投稿を作成することはできません。
    • 教師にのみ投稿とコメントを許可 - 生徒は [ストリーム] ページ上で投稿にコメントしたり投稿を作成したりできません。すべての生徒をミュートしているのと同じ状態になります。
      : 生徒のミュートとミュート解除について詳しくは、生徒に投稿と共有の権限を設定するをご覧ください。
  4. [保存] をクリックします。
削除された生徒の投稿を表示する

教師は、生徒が作成後に削除したコメントや投稿を確認できます。

  1. classroom.google.com にアクセスして [ログイン] をクリックします。

    Google アカウント(例: [あなたの名前]@[学校名].edu[あなたの名前]@gmail.com)でログインします。詳細

  2. 該当するクラス 次に 設定アイコン 設定 をクリックします。

    設定アイコンをクリック

  3. [全般] の下で、[削除された投稿やコメントを表示] の横にあるスイッチをクリックしてオン 非表示 にします。
  4. (省略可)削除された投稿やコメントを非表示にするには、スイッチをオフ オンにする にします。
  5. [保存] をクリックします。

関連記事

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。