BigQuery Export とデータポータルのテンプレートを設定する

重要: BigQuery ログとデータポータルは、Workspace for Education Plus ユーザーのみご利用いただけます。

BigQuery のアクティビティ ログでは、管理者がカスタマイズ可能なデータポータルのテンプレートを使用して、使用状況や導入状況に関するレポートを確認できます。

監査ログの BigQuery Export が管理コンソールで構成されていない場合は、最初に設定してください。管理コンソールで BigQuery が有効になっているかどうかを確認します。

まだ構成されていない場合は、次の手順に従います。

  1. BigQuery プロジェクトをログレポート用に設定する
  2. サービスログの BigQuery への書き出しを設定する

省略可: BigQuery Export を請求先アカウントなしで使用できます。

BigQuery Export の機能は、Google Cloud Console で請求先アカウントを設定しなくても有効にできます。請求先アカウントを設定していない場合は、サンドボックス アカウントが作成されます。サンドボックス アカウントは、テスト用には十分ですが、長期的に使用する場合は制限事項について確認することをおすすめします。

BigQuery プロジェクトの設定方法

  1. console.cloud.google.com にログインします。
  2. 新しいプロジェクトを作成します。

BigQuery Export の設定方法

  1. admin.google.com にログインします。
  2. メインメニューで [レポート] をクリックします。
  3. 画面の左側を下にスクロールして [BigQuery Export] をクリックします。
  4. ステップ 1 で作成した GCP プロジェクトをクリックします。
  5. データセット名を作成します。
  6. [保存] をクリックします。

アクティビティの BigQuery Export テーブル用にデータポータルでデータソースを作成する方法

手順に沿って、BigQuery のアクティビティ テーブルをデータソースとして追加します。詳しくは、Google BigQuery をご覧ください

  1. データポータルにログインします。
  2. 左上の [作成] 作成 次に [データソース] をクリックします。
  3. BigQuery コネクタを選択します。
  4. 画面左側で [自分のプロジェクト] 次に 作成したプロジェクトとデータセット 次に [アクティビティ] を選択します。
  5. [パーティション分割テーブル] のチェックボックスがオンになっていることを確認します。
  6. [Connect] をクリックします。

省略可: データソース名を覚えやすい名前に変更します。

データポータルのダッシュボードを作成する方法

  1. テンプレートを開きます。
  2. 右上の [テンプレートを使用] をクリックします。
  3. [新しいデータソース] で、以前に作成した「アクティビティ」のデータソースを選択します。
  4. [レポートをコピー] をクリックし、このテンプレートをデータポータル環境にコピーします。

他のユーザーとレポートを共有する方法について

関連資料

Classroom の使用状況レポートを表示する

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
false
false