ドキュメントをビジターと共有する

Google アカウントを持たないユーザーをビジターとして招待し、Google ドライブのファイルやフォルダを共同編集できます。共有相手のファイルに対する編集権限、コメント権限、閲覧権限の管理が行えます。また、ファイルの共有はいつでも停止できます。

ビジターとして共同編集する

Google ファイルの共同編集に招待された場合は、PIN を使って本人確認を行う必要があります。本人確認ができたら、共有ファイルや共有フォルダを 7 日間共同編集できます。共同編集できる期間を延長する必要がある場合は、元の共有メールのリンクを使用して、もう一度本人確認を行うことができます。

  1. メールの受信トレイで、Google からのメールを開きます。
  2. [開く] をクリックします。
  3. [送信] をクリックします。
  4. メールの受信トレイで、確認コードが記載されたメールを開きます。
  5. 確認コードをコピーします。
  6. 元のブラウザタブに戻り、表示されたボックスに確認コードを入力します。
  7. [次へ] をクリックします。

これで、共有された Google ファイルやフォルダの表示、コメント、編集ができるようになりました。詳しくは、コメントの追加、編集、返信、削除を行う方法をご覧ください。

ヒント: ドキュメントをあとからもう一度見つけるには、Google からのメールを開きます。

ビジターと共有する

組織でビジターとの共有を有効にすると、Google 以外のアカウントと通常どおりにドキュメントを共有できます。ビジターは、メールアドレスの確認後 7 日間、ドキュメントの編集、コメント、閲覧が可能です。共同編集できる期間を延長する必要がある場合は、元の共有メールのリンクを使用して、もう一度本人確認を行うことができます。管理者に連絡して、共有できる特定のアカウントをご確認ください。

  1. パソコンで、職場または学校のアカウントにログインします。
  2. Google ドライブドキュメントスプレッドシートスライドのいずれかにアクセスします。
  3. 共有するファイルをクリックします。
  4. 共有アイコン Share をクリックします。
  5. [ユーザーやグループと共有] で、共有相手の Google 以外のメールアドレスを入力します。
  6. 共有相手がドキュメントに対して行える操作を変更するには、右側にある下向き矢印 プルダウン and then [閲覧者]、[閲覧者(コメント可)]、[編集者] のいずれかをクリックします。
  7. 通知を送信するかどうかを選択します。
    • ドキュメントを共有したことを共有相手に通知する場合は、[通知を送信する] の横にあるチェックボックスをオンにします。メールで通知する場合は、すべてのメールアドレス宛に通知メールが送信されます。
    • 共有相手に通知しない場合は、チェックボックスをオフにします。
  8. [共有](または [送信])をクリックします。

Google 以外のドメインと共有できるファイル形式
  • Google ドキュメント、スプレッドシート、スライド、サイト、画像、PDF、Office ファイル
  • フォルダ
Google 以外のドメインのユーザーを削除する

ビジターのアクセス権限はいつでも削除できます。

  1. パソコンで、職場または学校のアカウントにログインします。
  2. Google ドライブドキュメントスプレッドシートスライドのいずれかにアクセスします。
  3. ビジターと共有しているファイルをクリックします。
  4. 右上の [共有] 次の操作 [詳細設定] をクリックします。
  5. ビジターの横にある削除アイコン 削除 をクリックします。
  6. [変更を保存] 次の操作 [完了] をクリックします。

ビジター セッションを削除する

ビジター セッションはいつでも削除できます。ビジター セッションを削除すると、名前が削除され、これまでに行ったすべての変更とコメントが不明なユーザーによるものとして表示されます。

重要: ビジター セッションを削除すると、共有されているファイルにアクセスできなくなります。アクセスを回復するには、ファイルをもう一度共有する必要があります。

  1. Google からの「[編集 / コメント / 表示] へのご招待」メールを使用して、ビジター セッションにログインします。
  2. 右上のイニシャルをクリックします。
  3. [ビジター セッションを削除する] をクリックします。
  4. [送信] をクリックします。
  5. メールの受信トレイで、確認コードが記載されたメールを開きます。
  6. 表示されたボックスに確認コードを入力 and then [次へ] をクリックします。
  7. チェックボックスをオン and then [削除] をクリックします。

Google アカウントの作成

ビジター セッションの削除後に、Google アカウントを作成するか、G Suite に登録することができます。Google アカウントを使用すると、独自のドキュメント、スプレッドシート、スライドなどを作成できます。

ヒント: Google アカウントを作成したら、ビジターとして作業していたファイルのオーナーに、これらのファイルを共有するように依頼できます。

関連記事

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。