管理者を追加する

G Suite は Google Workspace に名称が変わり、仕事に必要なすべてのツールが 1 つに統合されました。詳しくは、Google Workspaceをご覧ください

Google Workspace サービスは、管理コンソールで管理者によって管理されます。管理者は、セキュリティ ポリシーの設定、グループの作成、ユーザーの管理を行えます。ユーザーのうち、少なくとも 1 人が管理者になる必要があります。

管理者を作成する

ユーザーを追加した後、次の手順でそのユーザーを管理者にすることができます。

  1. ドメインを管理する Google アカウントで Google Domains にログインします。
  2. ドメイン名を選択します。
  3. [メールアドレス] をクリックします。
  4. [Google Workspace のユーザーの追加または削除] で、管理者にするユーザーの横にある編集アイコン 編集 をクリックします。
  5. [権限の種類] プルダウンで、選択を [ユーザー] から [管理者] に変更します。
  6. [保存] をクリックします。

管理者の役割をカスタマイズする

最初に管理者を作成したときは、特権管理者ステータスが付与されます。特権管理者は、管理コンソールのすべての機能にアクセスできます。

管理者に特定の役割を割り当てることもできますが、少なくとも 1 人のユーザーが特権管理者になる必要があります。

管理者に関するヒント

パスワードの再設定: 管理者アカウントにログインできない場合は、パスワードを再設定すると、仮のパスワードが予備のメールアドレスまたは電話番号に送信されます。

セキュリティ: 管理者は、ドメインやユーザーのデータを保護するために、セキュリティ ポリシーを適用できます。詳しくはこちらをご覧ください

ユーザーとお支払い情報の追加: 管理者は管理コンソールでユーザーを管理できますが、ユーザーの追加お支払い情報の変更は、自分のドメインを管理している Google Domains アカウントで管理されます。

Google グループ: ユーザーを組織的な単位にまとめると、管理者はユーザーのグループに対するサービスを簡単にオンまたはオフにできます。詳しくはこちらをご覧ください

モバイル: 管理コンソールで、自分のモバイルチームを管理できます。詳しくはこちらをご覧ください

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。