Google マーケティング プラットフォームの概要

概要

DoubleClick の広告主向けサービスと Google アナリティクス 360 スイートが「Google マーケティング プラットフォーム」という 1 つのブランドとして統合されました。2018 年 7 月 24 日に行われた Google マーケティング プラットフォームのリリースの一環として、DoubleClick Digital Marketing サービスは以下のとおり変更されました。

  • DoubleClick Bid Manager は「ディスプレイ&ビデオ 360」という、プランニング、クリエイティブ、購入、測定の機能を 1 つにまとめたサービスになりました。
  • DoubleClick Search は「検索広告 360」に名称が変更されました。
  • DoubleClick Campaign Manager と DoubleClick Studio はそれぞれ「キャンペーン マネージャー」と「スタジオ」に名称が変更されました。

この新しいブランド「Google マーケティング プラットフォーム」が、新しいサービス名、ロゴとともに、サービス インターフェース、ヘルプセンター、トレーニング コンテンツなどに表示されています。

すでに発表しておりますとおり、DoubleClick の広告主向けサービスと Google アナリティクス 360 スイートは「Google マーケティング プラットフォーム」という 1 つのブランドに統合されます。Google マーケティング プラットフォームに含まれる各サービスを使って、デジタル メディアやカスタマー エクスペリエンスのプランニングから購入、測定、最適化まで、あらゆる作業を 1 か所で行うことができます。

Google マーケティング プラットフォームは 2018 年 7 月 24 日より、現行の DoubleClick と Google アナリティクス 360 スイートをご利用のお客様を対象にリリースされました。詳しくは、下記のセクションをクリックしてご確認ください。Google アナリティクス 360 スイートをご利用の場合は、Google マーケティング プラットフォームの測定サービスの詳細をこちらでご覧いただけます。

さらに、これもすでに発表しておりますが、Google AdWords と DoubleClick のサイト運営者(パブリッシャー)向けサービスについても変更が行われます。

Google マーケティング プラットフォームについて

Google マーケティング プラットフォームは、DoubleClick と Google アナリティクス 360 スイートの連携を拡張し、マーケティング チーム間のコラボレーションを強化する統合型の広告/分析プラットフォームです

Google マーケティング プラットフォームには、次のようなメリットがあります。

  • 迅速でスマートなマーケティングを実現できます。日常的なプロセスを自動化することで、戦略的なアクティビティに時間を費やすことができるほか、組み込みのインテリジェンスで広告の傾向やパターンが自動的に洗い出されます。
  • 投資効果のコントロールを強化できます。質の高い広告やエクスペリエンスを確実に提供しながら、マーケティングのどの部分が成果を上げているかを簡単に把握し、データに基づいた適切な判断で掲載結果を向上させることができます。
  • オーディエンスに対する理解を深められます。統合したデータにアクセスして顧客をさらに詳しく理解し、またそのデータを Google のデバイスをまたいだ購入意思シグナルと結びつけ、特に価値の高いユーザーを特定することができます。
  • チーム間でインサイトを共有できます。データとレポートを 1 か所にまとめることで、全社員がオーディエンスやメディア、業績を把握できるようになり、インサイトの共有やマーケティングの最適化を図ることができます。

Google マーケティング プラットフォームのメリットをご覧ください。

Google マーケティング プラットフォームの新機能

2018 年 7 月 24 日より、DoubleClick と Google アナリティクス 360 スイートのブランド名が Google マーケティング プラットフォームに変わりました。これらのサービスを現在ご利用いただいているお客様は、次のような機能を備えた Google マーケティング プラットフォームをすぐにご利用いただけます。

  • 新しいサービス ブランディング。サービス インターフェース、ヘルプセンター、トレーニングなど、すべての Google マーケティング プラットフォーム サービスに新しい名前とロゴが表示されます。
  • プラットフォーム ホーム。プラットフォーム ホームは、ユーザー管理、管理コントロール、アカウント概要、プラットフォーム全体のお支払いと請求を一元管理できる場所です。現在 Google アナリティクス 360 スイートでご利用いただいているスイート ポータルの代わりとなります。
  • 統合センター。プラットフォーム ホームの統合センターでは、Google マーケティング プラットフォームを最大限に活用できるよう、統合されたサービスやそのメリットをご案内しています。サービス間の既存のリンクと、新しい統合の機会を確認できます。
  • 共通のサービス切り替えツール。各サービスのヘッダーにある共通のサービス切り替えツールから、Google マーケティング プラットフォームの全サービス間をスムーズに移動できます。切り替えツールには、現在利用可能なサービスが表示されます。

DoubleClick Digital Marketing サービスの変更

なお、設定済みのサービス間の連携はすべてこれまでどおり機能し、特にご対応いただかなくても、既存のリンクは保持されます。DoubleClick 広告主様向けサービスのお支払いもすべて通常どおり処理されます。

DoubleClick Bid Manager を「ディスプレイ&ビデオ 360」に変更

ディスプレイ&ビデオ 360 は、DoubleClick Bid Manager、キャンペーン マネージャー、スタジオ、オーディエンス センターを進化させて統合したものです。キャンペーンのプランニングからクリエイティブのデザインと管理、オーディエンス データの整理と活用、広告枠の検索と購入、キャンペーンの測定と最適化までをこの 1 つのツールで行うことができます。

アカウントのアクセスに使用する URL は「displayvideo.google.com」に、ヘルプセンターの URL は「support.google.com/displayvideo」にそれぞれ変更されました。この変更は自動的に行われており、Bid Manager とそのヘルプセンターの既存のすべてのリンクは新しい URL にリダイレクトされます。

2018 年 7 月 24 日以降は、次のように変更されます。

  • ブランド表記が、ディスプレイ&ビデオ 360 および他の Google マーケティング プラットフォーム サービスのものになります。
  • 新しい共通のサービス切り替えツールのリンクから、Google マーケティング プラットフォームの新機能(上記)にアクセスできます。
  • 1 か所で広告キャンペーンを総合的に運用するための新機能を使用できます。

DoubleClick ブランドに関連した、ディスプレイ&ビデオ 360 の重要なインフラ要素(Floodlight タグなど)に変更はありません。DoubleClick Bid Manager API にも現時点で変更はありません。広告配信、測定、アトリビューションの機能に影響はなく、引き続きご利用いただけます。

サービス名を含む指標やディメンションに関する詳細については、こちらの記事をご覧ください。

ディスプレイ&ビデオ 360 の詳細についてはこちらをご覧ください。

DoubleClick Search を「検索広告 360」に変更

DoubleClick Search は「検索広告 360」という名称になります。今後は検索広告 360 を使って、Google や他の検索エンジン向けの検索キャンペーンのプランニングと購入、また検索エンジンやソーシャル エンジンでのキャンペーンの成果の測定を引き続き行っていただけます。

アカウントのアクセスに使用する URL は「searchads.google.com/ds/cm/cm」に、ヘルプセンターの URL は「https://support.google.com/searchads」にそれぞれ変更されました。この変更は自動的に行われており、DoubleClick Search とそのヘルプセンターの既存のすべてのリンクは新しい URL にリダイレクトされます。

2018 年 7 月 24 日以降は、次のように変更されます。

  • ブランド表記が、検索広告 360 および他の Google マーケティング プラットフォーム サービスのものになります。
  • 新しい共通のサービス切り替えツールのリンクから、Google マーケティング プラットフォームの新機能(上記)にアクセスできます。
  • 他の Google マーケティング プラットフォーム サービスとの統合が強化された新機能を使用できます(データスタジオ(ベータ版)用の新しいコネクタなど)。

DoubleClick ブランドに関連した、検索広告 360 の重要なインフラ要素(Floodlight タグや SFTP エンドポイントなど)に変更はありません。入札戦略、測定、アトリビューションの機能に影響はなく、引き続きご利用いただけます。

DoubleClick Campaign Manager を「キャンペーン マネージャー」に変更

DoubleClick Campaign Manager は「キャンペーン マネージャー」という名称になりました。7 月 24 日以降は、キャンペーン マネージャーを使って、予約キャンペーンの入稿、レポート作成、アトリビューションを引き続き行っていただけます。キャンペーン マネージャーの機能は、将来的にはディスプレイ&ビデオ 360 に追加される予定です。

2018 年 7 月 24 日以降は、次のように変更されます。

  • ブランド表記が、キャンペーン マネージャーおよび Google マーケティング プラットフォーム サービスのものになります。
  • 新しい共通のサービス切り替えツールのリンクから、Google マーケティング プラットフォームの新機能(上記)にアクセスできます。

DoubleClick ブランドに関連した、キャンペーン マネージャーの重要なインフラ要素(プレースメント、Floodlight タグなど)に変更はありません。現時点では、サービス名を含む指標やディメンションに変更はなく、DBM パートナーや DBM 広告主などのディメンションは引き続き表示されます。DCM/DFA Reporting and Trafficking API にも現時点で変更はありません。広告配信、測定、アトリビューションの機能に影響はなく、引き続きご利用いただけます。

DoubleClick Studio を「スタジオ」に変更

DoubleClick Studio は「スタジオ」という名称になりました。7 月 24 日以降は、スタジオを使ってクリエイティブ アセットの開発と管理を引き続き行っていただけます。スタジオの機能は、将来的にはディスプレイ&ビデオ 360 に追加される予定です。

2018 年 7 月 24 日以降は、次のように変更されます。

  • ブランド表記が、スタジオおよび Google マーケティング プラットフォーム サービスのものになります。
  • 新しい共通のサービス切り替えツールのリンクから、Google マーケティング プラットフォームの新機能(上記)にアクセスできます。

DoubleClick ブランドに関連した、スタジオの重要なインフラ要素(Studio イネーブラー、HTML SDK など)に変更はありません。クリエイティブの配信の機能に影響はなく、引き続きご利用いただけます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。