インフィード動画広告

インフィード動画広告では、ターゲット ユーザーが視聴する可能性の高い YouTube コンテンツの近くで広告主様のブランドや商品、サービスをアピールできます。インフィード動画広告は、YouTube 検索結果、YouTube の「次のおすすめ」、YouTube アプリのホームフィードに表示されます。

この記事では、インフィード動画広告のアセット、技術仕様、レポートツールについて説明します。

メリット

  • ユーザーが関連動画の閲覧、YouTube アプリでのホームフィードのスクロール、コンテンツの検索を行ったときに広告を表示して、ブランドの比較検討を促すことができる
  • 関連性の高いコンテンツを積極的に視聴しているユーザーに情報を発信できる
  • ユーザーが広告主様のブランドのチャンネル登録や動画の共有、他の動画の視聴をしやすくなる

YouTube に表示されるインフィード動画広告の構成

インフィード動画広告には、1 個の画像サムネイル、1 行の広告見出し、最大 2 行(広告の表示場所によって異なる)のテキストが含まれます。ユーザーがサムネイルをクリックまたはタップすると、その広告の YouTube 動画再生ページが表示されます。

: YouTube アプリでユーザーが [フィードで再生] をオンにしている場合は、広告内で動画が自動的に再生されます(音声オフで字幕がオンになります)。自動再生は、広告の動画再生回数にはカウントされません。また、ユーザーがその広告の YouTube 動画再生ページにアクセスするまで、広告料金は課金されません。

インフィード動画広告は、YouTube の次の場所に表示される可能性があります。

YouTube 検索結果

アプリの YouTube 検索結果に表示される TrueView ディスカバリー広告のイラスト
アプリの YouTube 検索結果に表示される TrueView ディスカバリー広告のイラスト
パソコンと YouTube アプリで、ユーザーの検索結果の上部に表示されます。

YouTube の「次のおすすめ」

アプリの YouTube 検索結果に表示される TrueView ディスカバリー広告のイラスト
YouTube アプリの次のおすすめフィードに表示される TrueView ディスカバリー広告のイラスト
動画再生ページで表示される関連動画の上部または間に表示されます。
  • パソコンでは、メインの動画の横に関連動画とともに表示されます。
  • モバイルでは、メインの動画の下に関連動画とともに表示されます。

YouTube ホームフィード

YouTube アプリのホームフィードに表示される TrueView ディスカバリー広告のイラスト
YouTube アプリのホームフィードにおいて、フィードの最上部(マストヘッド広告がユーザーに配信されていない場合)かフィード内の動画と動画の間に表示されます。ただし、キャンペーンでコンテンツ ターゲットを使用すると、YouTube ホームフィードには広告が表示されなくなります。

利用可能なアセット

アセット ガイドライン
YouTube 動画の URL 動画へのリンクです。YouTube にアップロードされた標準の動画の URL を指定できます。動画は、公開または限定公開にし、Google の広告掲載のポリシーと YouTube 広告の要件を遵守している必要があります。
チャンネル名 お客様のチャンネルの名前です。
サムネイル

動画コンテンツの雰囲気をユーザーに伝える小さなプレビュー画像です。広告を作成する際に、動画の 4 つのサムネイルから選択できます。

カスタム サムネイルを作成するには、YouTube Studio を使用します。その際は、おすすめの方法を参考にしてください。

広告見出し 最大半角 100 文字(全角 50 文字)です。一部のデバイスでは、半角 25 文字(全角 12 文字)を超えると、テキストが短縮される場合があります。広告見出しのテキストは簡潔で重要な情報を伝えるものにします。また動画の内容を正確に反映するとともに、視聴者を引き付ける、行動を促す明確なフレーズ(「今すぐ見る」など)が含まれるようにします。
説明文

最大 2 行で、1 行あたり最大半角 35 文字(全角 17 文字)です。

広告が YouTube の動画再生ページ(パソコン)に表示されている場合、説明文は表示されません。

広告仕様

動画を広告で使用するには、YouTube にアップロードし、公開または限定公開に設定する必要があります。YouTube 動画形式の仕様の詳細

サポートされている Google 広告の目標

  • 商品やブランドの比較検討

利用可能な入札戦略

広告視聴単価(CPV)

広告視聴単価制では、ユーザーが動画のサムネイルをクリックまたはタップして動画広告を視聴した場合に、その動画ビューに対して料金が発生します。課金されるのは、ユーザーのブラウザや YouTube アプリに動画が正常に読み込まれたときです。

: YouTube アプリでユーザーが [フィードで再生] をオンにしている際に動画が広告内で自動再生された場合、その動画ビューは課金の対象になりません。

レポート

指標

インフィード動画広告では、標準的な動画指標をすべての使用できます。

第三者による測定

第三者による測定は Ads Data Hub を通じてのみ可能です。YouTube での第三者による測定プロセスの詳細

ポリシー

インフィード動画広告は、Google 広告ポリシーYouTube ポリシーに準拠している必要があります。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
false