モバイル管理機能の比較

Google エンドポイント管理を設定する際は、モバイル デバイスの基本管理と詳細管理のいずれかを選択できます。デバイスのタイプに応じて、管理機能をカスタマイズすることも可能です。基本管理と詳細管理では利用できる機能が異なります。

  • 基本管理: 画面ロックまたはパスコードによるデバイス保護、デバイス上の企業アカウントのリモートワイプ、Android デバイス上のアプリの管理のみを希望する場合に使用します。
  • 詳細管理*: デバイス ポリシーとパスワードをより詳細に管理して Android および Apple iOS デバイス上のアプリを管理できるほか、デバイス上のすべてのデータをワイプすることも可能です。

モバイル管理の機能

  基本管理 詳細管理*
エージェントレス型管理  ✔  
デバイス一覧  ✔  ✔
基本的なパスコードの適用  ✔  ✔
モバイル レポート  ✔  ✔
不正使用からの保護  ✔  ✔
アカウントのリモートワイプ  ✔  ✔
Android アプリの管理  ✔  ✔
デバイスの監査とアラート **  ✔  ✔
デバイス管理ルール  ✔  ✔
標準型と強化型のパスコードの適用    ✔
デバイスの承認    ✔
デバイスのブロック    ✔
デバイスのリモートワイプ    ✔
iOS アプリの管理    ✔
Android の仕事用プロファイル    ✔
レポート: 管理対象アプリとセキュリティの詳細    ✔
セキュリティ ポリシー    ✔
会社所有のデスクトップ デバイスの一括登録    ✔
会社所有の Android デバイスの一括登録 **    ✔
会社所有の iOS デバイス  
ユーザーによる組織へのデバイス所有権の割り当て    ✔
デバイスの証明書の配信    ✔

* Essentials および Cloud Identity Free ではご利用いただけません。
** Enterprise、Enterprise for Education、G Suite Business、Cloud Identity Premium のお客様のみご利用いただけます。
† Enterprise、Enterprise for Education、Cloud Identity Premium のお客様のみご利用いただけます。

Google、Google Workspace、および関連するマークとロゴは、Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は、関連各社の商標または登録商標です。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。