Chromecast および Google Nest とプライバシー

Google のプロダクトをご利用になるお客様は、Google を信頼しお客様の情報を託してくださっています。Google は、お客様のデータのプライバシーを保護し、安全にお取り扱いいたします。

Google プライバシー ポリシーは、Google Home アプリ、Google Nestデバイス、Google Home デバイス、Chromecast デバイスを含め、Google のすべてのプロダクトに適用されます。

デバイスの統計情報と障害レポートの送信に同意した場合にデバイスで収集される情報

ここでは、「デバイスの機能向上に協力する」設定を選択し、デバイスの統計情報と障害レポートの送信に同意した場合に、収集される情報について説明します。該当するデバイスは、Google Nest デバイスと Google Home デバイスChromecast デバイスと Chromecast Ultra デバイスChromecast Audio デバイスChromecast built-in デバイス(Android TV デバイスを除く)、Google アシスタント スピーカーです。Chromecast built-in 搭載の Android TV デバイスと Chromecast with Google TV デバイスについては、Android ヘルプセンターにアクセスして、Google と共有される可能性のあるデバイスの統計情報と障害レポートについて詳細をご確認ください。

デバイスのパフォーマンスと信頼性

  • 再生画質: これには、メディア ストリームの再バッファリング回数と再生解像度に関する情報が含まれます。Google はこの情報から、Google のインフラストラクチャまたはメディア パートナーのシステムのパフォーマンスに関する問題を特定できます。
  • Wi-Fi の安定性: これには、デバイスの Wi-Fi ネットワーク接続の安定性と品質に関する情報が含まれます。
  • 通信エラー: これには、デバイスとメディア サーバーおよびコントロール サーバー間の通信の信頼性に関する有用な情報が含まれます。
  • 設定の成功率: 発生する可能性があるエラーを把握するのに役立つ診断情報に加え、この情報からも、設定プロセスが適切に行われているかどうかを確認できます。
  • 検出の成功率: 障害の原因になっている可能性があるエラーについての有用な詳細情報に加え、この情報からも、ローカル ネットワークに接続されている Chromecast デバイス、Google Nest デバイス、Google Home デバイスを Cast 対応アプリが確実に検出できるかどうかを判断できます。
  • 遅延: Google では、メディアアプリの起動にかかる時間や、サーバーがクエリに応答してリクエストを実行するのにかかる時間を測定しています。
  • 音質とマイク品質の指標: ボリューム設定とマイクの動作状態に関する統計情報に加え、この情報からも、Google Home のスマート サウンド機能が適切に機能しているかどうかを判断できます。Google Nest Hub はスピーカーから超音波パルスを発して、マイクの診断を行います。
  • デバイスのハードウェア診断: この情報から、デバイスのメモリと CPU の状態を詳細に把握でき、それらがデバイスのパフォーマンスにどのような影響を及ぼしているかがわかります。

使用統計データ

  • アシスタント操作: Google アシスタント スピーカー(Google Home など)では、アシスタント操作の回数やサーバーの応答速度を収集します。
  • ハードウェア操作: Google アシスタント スピーカー(Google Home など)では、ハードウェア操作(タップ、ボタンの押下)の回数を収集します。これにより、ユーザーがデバイスをどのように使用しているかを把握し、信頼性を監視することができます。
  • メディア セッション: メディア再生セッションの回数と長さ、使用されているメディア アプリの種類を収集します。再生された具体的なコンテンツについては、Google は収集しませんが、メディア サービス プロバイダは収集することがあります。
  • 再起動と初期状態へのリセット: Google はデバイスの信頼性を監視する目的で、再起動および初期状態へのリセットが行われた回数をカウントします。

障害レポート

  • デバイスの属性: Google は、デバイスのハードウェア モデルとソフトウェア バージョンに関する基本情報を収集します。
  • 実行されていたアクティブ プロセス: Google は、デバイスで問題が発生した日時、問題が発生したシステム プロセス、問題の発生時に実行されていたその他のアクティブ プロセスに関する情報を収集します。

Google が常に収集する情報

  • デバイスの属性: Google は、デバイスの種類に関する基本情報(モデル番号、ビルド バージョンなど)を収集します。
  • 有効化日と接続状態: デバイスが有効化された日付と、デバイスがインターネットに接続されているかどうかが記録されます。

これらの情報の用途

Google ではこれらの情報を、プロダクト(Google のプロダクトだけでなく、メディア パートナーが提供するサービスも含む)のパフォーマンスや信頼性の向上のために使用します。

プライバシー設定の変更

初期セットアップ後にデバイスのプライバシー設定を変更する方法は次のとおりです。

  1. モバイル デバイスまたはタブレットが Chromecast や Nest スピーカー、Nest ディスプレイと同じ Wi-Fi に接続されている、または同じアカウントにリンクされていることを確認します。
  2. Google Home アプリ Google Home アプリ を開きます。
  3. フィードバックを共有するデバイスを選択します。
  4. 画面の右上にある設定アイコン  をタップします。
  5. [プライバシー] で  [[お使いのデバイス] の使用状況データや障害レポートを Google に送信する] をオンにします。
デバイスの機能向上のために Google が障害レポートと使用統計データを使用することを許可した場合、Google はどのようなデータを収集しますか?

Google Home アプリの「デバイスの機能向上に協力する」設定を選択し、デバイスの統計情報と障害レポートの送信に同意した場合に収集される情報については、こちらをご覧ください

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。