Chromebook をタブレットとして使用する

Chromebook タブレットには、Chromebook ノートパソコンと同じオペレーティング システムが搭載されています。ほとんどのタブレットの機能はノートパソコンと同じです。

ノートパソコンからタブレット モードに切り替える

一部の Chromebook はノートパソコンとしてもタブレットとして使用できます。該当する機種の場合、ヒンジを軸にして画面を逆側に向けると、画面キーボードが自動的に開きます。

: Chromebook にマウスを接続すると、ノートパソコン モードに戻ります。

タブレットのショートカットを使用する

タブレットのボタンを使ってすばやく操作することができます。

  • スクリーンショットを撮る: 電源ボタン + 音量小ボタンを押します。
  • タブレットの電源を切る、ログアウトする: 電源ボタンを押し続けて、電源を切るログアウトするかを選択します。
  • ディスプレイをオフにする: 電源ボタンを短くタップして放します。
  • 画面キーボードを使用する: 任意のテキスト ボックスをタップすると画面キーボードが表示されます。キーボードを非表示にするには:
    • キーボードの外側をタップします。
    • 画面右下で、キーボードを非表示 画面キーボードを非表示にする をタップします。

テキストを手書き入力する

  1. 任意のテキスト ボックスをタップして画面キーボードを表示します。
  2. 手書き入力 手書き入力 をタップします。
  3. 表示されるパッドで、指先またはタッチペンを使って文字を書きます。

タブレットの使い方に関する記事

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。