Chromebook で使用するお子様のアカウントを管理する

保護者がファミリー リンクを使用してお子様の Google アカウントを管理することで、お子様は自分の Chromebook で一部の Google サービスにログインできるようになります。また、保護者はファミリー リンク アプリを使用すれば、お子様が Chrome を使ってアクセスできるウェブサイトや、お子様によるアプリの利用などを管理できます。

システム要件

ファミリー リンクで管理できるのは、Chrome OS バージョン 71 以降を搭載した Chromebook です。Chromebook のオペレーティング システムを更新する方法をご覧ください。

お子様の Google アカウントで Chromebook を使用する場合

Chromebook でお子様が Google アカウントにログインする場合の動作は、大人がアカウントにログインする場合の動作と似ています。利用可能な機能は随時更新される可能性がありますが、現在のところ、次のような違いがあります。

  • お子様はシークレット ブラウジングができません。
  • 保護者は、お子様がアクセスできるウェブサイトを指定したり、お子様がウェブサイトの許可を設定できないよう制限したりできます。
  • 保護者は、露骨な性表現や暴力的なコンテンツを含むサイトをブロックするように Chrome を設定できます。
  • 保護者による管理機能を使用するには Chrome 同期が必要です。同期がオンになっているとき、お子様は特定の種類のデータ収集をオフにできます。
  • お子様の Google アクティビティ管理での設定に基づき、Chrome の閲覧履歴やウェブサイトでのアクティビティの情報を利用して Google サービス全体のカスタマイズが行われる場合があります。ただし、この情報が 13 歳(またはお住まいの国の該当する年齢)未満のお子様に対する広告のカスタマイズに使用されることはありません。

重要: 学校用アカウントと学校から提供された Chromebook を使用する場合、ユーザーが Google Workspace for Education アカウントにログインした状態で利用できる Google サービスは、Google Workspace for Education 管理者が決定します。これには、お子様がファミリー リンクの管理対象アカウントを使用してアクセスできなかった機能やサービスも含まれる可能性があります。学校用アカウントを予備のアカウントとして追加する方法をご覧ください。

お子様の Google アカウントを追加する

新品または出荷時設定にリセットした Chromebook に追加する場合
  1. Chromebook を設定します。
  2. Chromebook にお子様の Google アカウントを追加します。

重要: お子様が Chromebook にログインした状態で新しいユーザーを追加するには、保護者のパスワードの入力が必要になります。

設定済みの Chromebook に追加する場合
  1. Chromebook にお子様の Google アカウントを追加します。
  2. 推奨: 保護者のアカウントが Chromebook の所有者アカウントになっている場合は、ゲストモードを無効にし、お子様の Chromebook にログインできるユーザーを指定します。ゲストモードが有効になっているか、新しいユーザーを追加できるようになっていると、ファミリー リンクにより管理されない状態でお子様が Chromebook を使用できる可能性があります。

お子様の Google アカウントを削除する

  1. Chromebook のログイン画面で、削除するプロフィールを選択します。
  2. プロフィール名の横にある下矢印 を選択します。
  3. [このユーザーを削除] を選択します。
  4. 表示されたボックスで、[このユーザーを削除] を選択します。

重要: Chromebook からプロフィールを削除する前にお子様のアカウント自体を削除した場合は、Chromebook を出荷時の設定にリセットしなければならないことがあります。リセットするには、Ctrl+Alt+Shift+R キーを長押しします。

お子様による Chromebook の利用を管理する

お子様が使用できるアプリを選択する

保護者は、お子様が Chromebook で使用できるアプリや、アプリに付与する権限を指定することができます。

Chrome でのお子様のウェブ閲覧を管理する
  1. ファミリー リンク アプリ ファミリー リンク を開きます。
  2. お子様を選択します。
  3. [設定] カードで、[設定を管理] 次に [Google Chrome のフィルタ] をタップします。
  4. ご自分のファミリーに適した設定を選択します。
    • すべてのサイトを許可: お子様は、保護者がブロックしたものを除く、すべてのサイトにアクセスできます。
    • 成人向けのサイトを可能な限りブロックする: フィルタは完全ではありませんが、露骨な性表現や暴力的なコンテンツを含むサイトが表示されにくくなります。
    • 特定のサイトのみを許可: お子様は、保護者が許可するサイトにのみアクセスできます。
  5. 特定のサイトの許可やブロックを個別に設定するには、[サイトを管理] をタップします。

ヒント: この設定は、g.co/YourFamily でお子様の名前をクリックして管理することもできます。

特定のサイトの許可やブロックを設定する

保護者が特定のサイトをブロックした場合、お子様は、そのサイトへのアクセス許可を保護者に求めることができます。保護者は、ファミリー リンク アプリ内で通知を受け取り、お子様のリクエストを承認するか拒否するかを選択できます。

  • ウェブサイト: 特定のウェブサイト(例: www.google.com)をブロックまたは許可しても、URL の冒頭や末尾が異なるサイト(例: www.google.co.ukget.google.com/tips)にはその設定が適用されません。
  • ドメイン: ドメイン全体(例: google)に対してブロックまたは許可を設定した場合、URL の冒頭や末尾が異なるサイト(例: google.comimages.google.fr)にもその設定が適用されます。

サイトのブロックや許可を設定する

  1. ファミリー リンク アプリ ファミリー リンク を開きます。
  2. お子様を選択します。
  3. [設定] カードで、[設定を管理] 次に [Google Chrome のフィルタ] 次に [サイトを管理] 次に [承認済み] または [ブロック中] をタップします。
  4. 右下の作成アイコン 挿入 をタップします。
  5. ウェブサイトまたはドメインを追加します。
  6. 左上の閉じるアイコン 閉じる をタップします。

ヒント: この設定は、g.co/YourFamily でお子様の名前をクリックして管理することもできます。

ウェブサイトの許可の設定を変更する

保護者は、お子様がアクセスするウェブサイトに対して、お子様自身がサイトの許可(現在地情報、カメラ、通知などの使用許可)を設定できるかどうかを決めることができます。

  1. ファミリー リンク アプリ ファミリー リンク を開きます。
  2. お子様を選択します。
  3. [設定] カードで、[設定を管理] 次に [Google Chrome のフィルタ] 次に [Chrome ダッシュボード] をタップします。
  4. [サイトやアプリの権限] をオンまたはオフにします。

ヒント: この設定は、Chrome ダッシュボードでお子様の名前をクリックして管理することもできます。

[サイトやアプリの権限] をオフにすると、お子様はウェブサイトに対して許可を設定できなくなります。ただし、すでに設定されている許可は引き続き適用されます。

ファミリー設定の変更を禁止する
保護者のアクセスコードを使用すると、保護者の同意なしにお子様が管理機能を無効にすることを防げます。

お子様の Chrome 履歴を表示、削除する

Chrome 履歴を表示する

重要: 以前からあったお子様の既存の Google アカウントに管理機能を設定した場合は、お子様と一緒にこの操作を行っていただく必要があります。

  1. お子様の Chromebook で Chrome Chrome を開きます。
  2. 右上のその他アイコン その他 次に [履歴] を選択します。このページには、お子様が最近 Chrome で閲覧したページの履歴が表示されます。
Chrome の履歴やデータを削除する

閲覧履歴

  1. ファミリー リンク アプリ ファミリー リンク を開きます。
  2. お子様を選択します。
  3. [設定] カードで、[設定を管理] 次に [Google Chrome のフィルタ] 次に [Chrome ダッシュボード] をタップします。
  4. [履歴] で [履歴を削除] をタップします。

ヒント: お子様の Google アカウントの使用状況によっては、myactivity.google.com に他の種類の閲覧履歴が保存されている場合があります。

閲覧データ

お子様の閲覧データ(Cookie、保存したパスワード、自動入力フォームのデータなど)を削除できます。

特定の種類のデータを同期している場合、パソコンで該当するデータを削除すると、すべての同期先(他のデバイスや Google アカウント)からもそのデータが削除されます。

重要: 以前からあったお子様の既存の Google アカウントに管理機能を設定した場合は、お子様と一緒にこの操作を行っていただく必要があります。

  1. お子様の Chromebook で Chrome Chrome を開きます。
  2. 右上のその他アイコン その他 をクリックします。
  3. [その他のツール] 次に [閲覧履歴を消去] をクリックします。
  4. [1 時間以内]、[全期間] などの期間を選択します。
  5. 削除する情報の種類を選択します。
  6. [データを消去] をクリックします。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。