Chromebook のキーボードを使用する

Chromebook のキーボードは一般のキーボードと同じように使用できますが、いくつか異なる点があります。

Chromebook キーボードの固有のキー

Chromebook 固有のキーは、通常、キーボードの最上段の左から右に配置されています。

または 検索、アプリの表示、Google アシスタントの操作を行うには、検索キーまたはランチャーキーを使用します。
Caps Lock をオンまたはオフにするには、Alt+検索  キーまたは Alt+ランチャー  キーを押します。 
前のページに移動します
次のページに移動します
現在のページを更新します
ページを全画面表示にします
開いているウィンドウをすべて表示します
スクリーンショットを撮影します
画面の明るさを下げます
画面の明るさを上げます
電子プライバシー画面をオンにします
キーボードのバックライトの明るさを下げます
キーボードのバックライトの明るさを上げます
最後のトラックに巻き戻します
再生または一時停止します
次のトラックに進みます
音声をオフにします
音量を下げます
音量を上げます

ヒント: Chromebook で Windows キーボードを使用する場合は、Ctrl キーと Alt キーの間にある Windows キーを検索  キーまたはランチャー キーとして使用できます。

キーボードの設定を変更する

Ctrl キー、Alt キー、検索またはランチャーキーの動作を変更する

たとえば、検索またはランチャーキーが Caps Lock キーとして動作するよう設定できます。

  1. Chromebook にログインしていない場合はログインします。
  2. 右下の時刻を選択します。または、Alt+Shift+S キーを押します。
  3. 設定 を選択します。
  4. [デバイス] で [キーボード] を選択します。
  5. メニューでキーの動作を変更します。
辞書に単語を追加する

辞書に 1 つの単語を追加するには、次の手順を行います。

  1. 単語を右クリックします。
    • ヒント: 検索 +Shift+音量大  キーまたはランチャー +Shift+音量大 キーを押すこともできます。
  2. [辞書に追加] を選択します。

辞書に複数の単語を追加するには、次の手順を行います。

  1. Chromebook にログインしていない場合はログインします。
  2. 右下の時刻を選択します。または、Alt+Shift+S キーを押します。
  3. 設定 を選択します。
  4. [デバイス] で [キーボード] 次の操作 [言語と入力の設定を変更] を選択します。
  5. [入力方法] で、有効にしているキーボードの横にある新しいタブ を選択します。
    • [キーボードの設定] タブが開きます。
  6. 左下にある [辞書のエントリを編集] を選択します。
  7. [新しい単語を追加] 欄に単語を入力して、[単語を追加] を選択します。
  8. 辞書から単語を削除するには、単語の横の [X] を選択します。
単語を自動的に修正する

自動修正またはスペルチェックを有効にするには:

  1. Chromebook にログインしていない場合はログインします。
  2. 右下の時刻を選択します。または、Alt+Shift+S キーを押します。
  3. 設定 を選択します。
  4. [デバイス] で [キーボード] 次の操作 [言語と入力の設定を変更] を選択します。
  5. [入力方法] を選択します。
  6. 有効にしているキーボードの横で、新しいタブ  を選択します。
  7. [自動修正] の横で自動修正のレベルを選択します。ヒント: 入力時に修正候補を多く表示するには、[] を選択します。

重要: 複数のキーボードの言語を使用している場合は、言語ごとに自動修正を有効にする必要があります。キーボードによっては自動修正機能がない場合もあります。

入力時に候補となる単語を表示する

重要: 現在、後続語予測は Gmail でのみご利用いただけます。

  1. Chromebook にログインしていない場合はログインします。
  2. 右下の時刻を選択します。または、Alt+Shift+S キーを押します。
  3. 設定 を選択します。
  4. [デバイス] で [キーボード] 次の操作 [言語と入力の設定を変更] を選択します。
  5. [入力方法] を選択します。
  6. 有効にしているキーボードの横で、新しいタブ  を選択します。
  7. [自動修正] の横で [弱め] または [] を選択します。
  8. [後続語予測を有効にする] の横にあるチェックボックスをオンにします。

絵文字候補の表示をオン、オフにする

「びっくり」や「笑」など、特定の単語を入力すると、テキストに追加できる絵文字の候補が表示されます。個人用の Chromebook では、絵文字候補はデフォルトでオンになっています。

重要: 学校、企業、その他の組織によって設定、管理されている Chromebook をお使いの場合、絵文字候補はデフォルトでオフになっています。

絵文字候補を適用する

  1. 一部のウェブサイトやアプリ(Google Chat など)にメッセージを入力すると、絵文字候補が表示されます。
  2. 絵文字候補の項目間を移動するには、キーボードの上矢印キーまたは下矢印キーを押します。
  3. 絵文字を選択するには、キーボードの Enter キーを押します。
ヒント: タブレット モードを使用している場合は、Chromebook の画面キーボードによって、仮想キーボードの候補バーに絵文字候補が表示されます。

絵文字候補の表示をオフにする

  1. 右下の時刻を選択します。
  2. 設定 を選択します。
  3. 左側のパネルで、[詳細設定] 次の操作 [言語と入力] を選択します。
  4. [候補] を選択します。
  5. [絵文字候補] をオフにします。

個人情報の候補の表示をオン、オフにする

個人情報の候補を追加する

候補を表示して個人情報(電話番号や住所など)をすばやく入力できます。

  1. Type a key phrase, like "my phone number is" or "my address is." Your suggested info will appear.
  2. To add your personal info, select the suggestion. You can also press the Down arrow key + Enter.

個人情報の候補を更新する

  1. 右下の時刻を選択します。
  2. 設定 を選択します。
  3. 左側のパネルで、[詳細設定] 次の操作 [言語と入力] を選択します。
  4. [候補] を選択します。
  5. [個人情報の管理] を選択します。
  6. 次のいずれかを行います。
    • 連絡先情報を追加するには、[住所] の横の [追加] を選択します。
    • 連絡先情報を編集するには、その他アイコン 次の操作 [編集] を選択します。
  7. 表示されたボックスに情報を入力します。

個人情報の候補の表示をオフにする

  1. 右下の時刻を選択します。
  2. 設定 を選択します。
  3. 左側のパネルで、[詳細設定] 次の操作 [言語と入力] を選択します。
  4. [候補] を選択します。
  5. [個人情報の候補] をオフにします。

キーボードの問題を解決する

音量キーや明るさキーが機能しない場合は、すでに最大または最小の設定になっている可能性があります。

進むボタンまたは戻るボタンが機能しない場合は、ウェブブラウザの該当のアイコンがグレー表示になっていないか確認します。たとえば、ウェブページで [戻る] ボタンがグレー表示になっている場合、ブラウザでは前のページが認識されていません。

キーボードで他の問題がある場合は、次の手順をお試しください。

  1. Chromebook の電源をいったんオフにしてからオンにします。
  2. ゲストとしてブラウジングしてキーを使ってみます。キーが機能する場合は、Chromebook で問題があるアカウントを削除し、もう一度追加します。
  3. Chromebook ハードウェアをハードリセットします。
  4. 所有者のアカウントで問題が生じる場合は、Chromebook を初期状態にリセットします。

これらの手順を試しても問題が解決しない場合は、Chromebook の製造元にお問い合わせください

その他のキーボード操作

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
208
false