検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

Chromebook のキーボードを使用する

Chromebook のキーボードは一般のキーボードと同じように使用できますが、いくつか異なる点があります。

Chromebook キーボードの固有のキー

Chromebook のほとんどのキーは他のキーボードと同じように動作しますが、Chromebook に固有のキーもいくつかあります。詳しくは以下をご覧ください。

: Chromebook で Windows キーボードを使用している場合:

  • キーボード上部の F キーが以下のキーと同様に機能します。
  • Ctrl キーと Alt キーの間にある Windows キーが検索キーとして機能します。
検索 アプリとウェブを検索する
Caps Lock をオンまたはオフにするには、Alt+検索キーを押します。
前のページ ブラウザで 1 つ前に閲覧したページを表示します(F1)。
次のページ ブラウザで 1 つ後に閲覧したページを表示します(F2)。
再読み込み 現在のページを再度読み込みます(F3)。
全画面表示 フルスクリーン没入モード(タブとランチャーが非表示のモード)に切り替えます(F4)。
ウィンドウを切り替える 概要モード(すべてのウィンドウを表示するモード)に切り替えます(F5)。
明るさを下げる 画面の明るさを下げます(F6)。
明るさを上げる 画面の明るさを上げます(F7)。
ミュート ミュートします(F8)。
音量を下げる 音量を下げます(F9)。
音量を上げる 音量を上げます(F10)。

キーボードの設定を変更する

Ctrl キー、Alt キー、検索キーの動作を変更する

Ctrl キー、Alt キー、検索キーの動作を変更できます。たとえば、検索キーが Caps Lock キーとして動作するよう設定できます。

  1. Chromebook にログインしていない場合はログインします。
  2. アカウント画像が表示されているステータス領域をクリックします。
  3. 設定アイコン 設定 をクリックします。
  4. [デバイス] セクションで [キーボードの設定] をクリックします。
  5. Ctrl キー、Alt キー、検索キーの動作をメニューから選択して変更します。
  6. [OK] をクリックします。
辞書に単語を追加する
  1. Chromebook にログインしていない場合はログインします。
  2. アカウント画像が表示されているステータス領域をクリックします。
  3. 設定アイコン 設定 をクリックします。
  4. [デバイス] セクションで [キーボードの設定] 次へ [言語と入力の設定を変更] の順にクリックします。
  5. 表示されたウィンドウの下部で [カスタム スペルチェック辞書] をクリックします。
  6. [新しい単語を追加] 欄に単語を入力し、Enter キーを押します。
  7. 辞書から単語を削除するには、単語の横の X をタップまたはクリックします。
  8. 単語を追加したら、[完了] をクリックします。
オートコレクトを使用する

オートコレクトを有効にすると、一般的な単語を入力する際に自動的に修正されます。

  1. Chromebook にログインしていない場合はログインします。
  2. アカウント画像が表示されているステータス領域をクリックします。
  3. 設定アイコン 設定 をクリックします。
  4. [デバイス] セクションで [キーボードの設定] 次へ [言語と入力の設定を変更] の順にクリックします。
  5. [入力方法] で使用しているキーボードの [設定] をクリックします。
  6. プルダウン メニューでオートコレクトのレベルを選択します。
    • 入力時に修正候補を多く表示するには、[積極的] を選択します。

複数のキーボードを使用している場合は、各キーボードでオートコレクトを有効にする必要があります。キーボードによってはオートコレクト機能がない場合もあります。

オートコレクトの設定を調整する

  • オートコレクトで修正したくない単語が修正された場合は、その単語を編集すると、それ以降は修正されなくなります。
  • 辞書に単語を追加するには、単語を右クリックします。
後続語予測を使用する

後続語予測を有効にすると、入力中や入力後に単語の候補が表示されます。現在、後続語予測は Gmail でのみ動作します。

後続語予測を有効にする

  1. Chromebook にログインしていない場合はログインします。
  2. アカウント画像が表示されているステータス領域をクリックします。
  3. 設定アイコン 設定 をクリックします。
  4. [デバイス] セクションで [キーボードの設定] 次へ [言語と入力の設定を変更] の順にクリックします。
  5. [入力方法] で使用しているキーボードの [設定] をクリックします。
  6. [後続語予測を有効にする] チェックボックスをオンにします。

予測された単語を使用する

予測された単語をリストから選択するには、次のいずれかの操作を行います。

  • 単語をクリックします。
  • キーボードの下矢印キーを押して、単語がハイライト表示されたら、スペースキーを押します。

キーボードの問題を解決する

音量キーや明るさキーが機能しない場合は、既に最大または最小の設定になっている可能性があります。

進むボタンまたは戻るボタンが機能しない場合は、ウェブブラウザの該当のアイコンがグレー表示になっていないか確認します。たとえば、ウェブページで [戻る] ボタンがグレー表示になっている場合、ブラウザでは前のページが認識されていません。

キーボードで他の問題がある場合は、次の手順をお試しください。

  1. Chromebook の電源を切って、もう一度電源を入れます。
  2. ゲストとしてブラウジングして、キーを使ってみます。キーが機能する場合は、Chromebookで問題のあるアカウントを削除して、もう一度追加します。
  3. (省略可)所有者として指定しているアカウントに問題がある場合は、Chromebook をリセットします。

これらの手順を試しても問題が解決しない場合は、Chromebook のメーカーにお問い合わせください。

その他のキーボード操作

このヘルプページを作成した Chromebook エキスパートは Casey です。フィードバックを下に入力して、この記事の改善にご協力ください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。