Workspace ONE で Chrome ブラウザを管理する(Windows と Mac)

VMware® の Workspace ONE® Unified Endpoint Management(UEM)を Microsoft® Windows® や Apple® Mac® で使用することで、Chrome ブラウザをユーザーにデプロイしたり、ポリシーを設定したりできます。

重要: Google では VMware の製品に関する問題をサポートしておりません。サポートが必要な場合は、VMware にお問い合わせください

Windows でWorkspace ONE を使用する

  1. Windows の 64 ビット版または 32 ビット版用の Chrome バンドルをダウンロードします。
  2. Workspace ONE UEM を開きます。
  3. 左側で、[Apps & Books次に [Native] 次に [Add Application] をクリックします。
  4. GoogleChromeStandaloneEnterprise.msi をアップロードし、[Save] をクリックします。
  5. [Continue] をクリックします。
  6. [Supported Processor Architecture flag] が、ダウンロードした MSI のアーキテクチャと一致していることを確認します。
  7. (省略可)Chrome ブラウザをユーザーレベルまたはデバイスレベルでインストールするには、[Deployment Options] をクリックし、必要な権限、再試行回数、インストール コマンド、終了コードを指定します。また、インストール時に実行するスクリプトを含めることで、レジストリを使用して変更を加えることもできます。スクリプトは、Jscript®、VBscript、Powershell® に対応しています。Powershell を使用して、必要なポリシーに合わせてレジストリ キーを設定できます。
  8. [Save & Assign] をクリックします。

インストール後、Workspace ONE を使用してレジストリを設定できます。また、グループ ポリシー管理エディタまたは Chrome ブラウザ クラウド管理を使用してポリシーを設定できます。

Mac でWorkspace ONE を使用する

Munki を使用して、インストール前またはインストール後に実行する Bash®、Shell®、Python® の各スクリプトを含めることができます。また、ポリシーを設定することもできます。詳細については、GitHub をご覧ください。

  1. Mac OS X 版 Chrome DMG をダウンロードします。
  2. VMware Docs ページの「」の下にある VMware Admin Assistant ツールをダウンロードします。
  3. パッケージを作成している場所に Admin Assistant をインストールします。
  4. Admin Assistant を開いて解析対象のインターフェースに googlechrome.dmg をドラッグし、サンプルのプロパティ リスト(plist)と DMG ファイルを生成します。
  5. Workspace ONE UEM を開きます。
  6. 左側で、[Apps & Books次に [Native] 次に [Add Application] をクリックします。
  7. googlechrome.dmg をアップロードして [Save] をクリックします。
  8. 必要に応じて、plist ファイルをアップロードします。
  9. [Continue] をクリックします。
  10. [Save & Assign] をクリックします。

インストール後、plist または Chrome ブラウザ クラウド管理を使用してポリシーを設定できます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。