ローカル プリンタやネットワーク プリンタを管理する

管理対象の Chromebook とその他の Chrome OS 搭載デバイスが対象です。

Chrome バージョン 65 以降

管理者は、Chrome OS を実行している組織のデバイスで CUPS(Common UNIX Printing System)プリンタを使用できます。CUPS はローカル プリンタやネットワーク プリンタでの印刷にインターネット印刷プロトコル(IPP)を使用します。そのため、ユーザーは Google クラウド プリントを設定しなくても印刷できます。

プリンタを追加すると、ユーザーのプリンタのリストに自動的に表示されるため、ユーザーは細かい設定を行わずに印刷を開始できます。プリンタの対象ユーザーとして、すべてのユーザーを指定することも、特定のグループや部門のユーザーまたはデバイスを指定することもできます。

プリンタを追加または削除する

プリンタを追加する
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページで、[デバイス] 次に [Chrome 管理] に移動します。
  3. [プリンタ] をクリックします。
  4. 全ユーザーに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門を選択します。
  5. 右下の追加アイコン 質問を追加 にカーソルを合わせて 次に プリンタの追加アイコン Add a printer をクリックします。
  6. プリンタの詳細を入力します。
    注: プリンタによっては、パスにキューの名前を指定したり、URI にホストのアドレスとポート番号を指定したりする必要があります(例: ipps://192.0.2.255/ipp/print)。正確なパスについては、プリンタのメーカーにお問い合わせください。
    • プロトコル: ipps
    • ホスト: 192.0.2.255
    • ポート: 631
    • パス: ipp/print
  7. (省略可)プリンタをドライバ不要のプリンタとして設定できるようにするには、[ドライバ不要の設定を使用する] を選択します。
    プリンタのメーカーとモデルを入力する必要はありません。プリンタからデバイスにすべての詳細情報が提供されます。
  8. [プリンタを追加] をクリックします。
複数のプリンタをまとめて追加する

カンマ区切り値(CSV)ファイルを使用して、複数のプリンタを追加できます。有効な CSV ファイルの作成方法については、下記の CSV ファイルのガイドラインをご覧ください。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページで、[デバイス] 次に [Chrome 管理] に移動します。
  3. [プリンタ] をクリックします。
  4. 全ユーザーに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門を選択します。
  5. 右下の追加アイコン 質問を追加 にカーソルを合わせて 次に プリンタをアップロード アイコン "" をクリックします。
  6. [CSV ファイルを選択] をクリックします。
  7. 作成した CSV ファイルを見つけて開きます。
  8. [アップロード] をクリックします。
プリンタを削除する
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページで、[デバイス] 次に [Chrome 管理] に移動します。
  3. [プリンタ] をクリックします。
  4. プリンタを追加した組織部門を選択します。
  5. 削除するプリンタの横にあるチェックボックスをオンにします。
  6. 選択したプリンタを削除アイコン 削除 次に [削除] をクリックします。
CSV ファイルのガイドライン

CSV ファイルは、Google スプレッドシートや Microsoft® Excel® などのスプレッドシート アプリケーションのほか、テキスト ファイルからでも作成できます。ファイルには、追加する各プリンタの詳細情報を記入しておく必要があります。

スプレッドシート アプリケーションを使用する場合…

  1. 下の表にある列見出しを追加します。
  2. 見出しの下に各プリンタの情報を入力します。

注: スプレッドシート アプリケーションでは大文字と小文字が区別されるため、プリンタの詳細情報はすべて小文字で入力してください。

列見出し 説明
name

プリンタの名前(必須)

プリンタ名は、プリンタのメーカーとモデル名の組み合わせです(例: brother dcp-l2535d)。

description

プリンタの説明(省略可)

driverless

ドライバなしで設定されたプリンタ(省略可)

プリンタをドライバ不要のプリンタとして設定できるようにするには、true にします。プリンタの詳細情報を要求するには、false にします。

model

プリンタのモデル(driverless の欄が空の場合や false に設定されている場合は必須)

uri

URI、ホストのアドレス、ポート(必須)

allowed for user

ユーザーが利用可能なプリンタ(省略可)

ユーザーに使用を許可するには「true」、使用を禁止するには「false」を入力します。

allowed for device

デバイスが利用可能なプリンタ(省略可)

デバイスに使用を許可するには「true」、使用を禁止するには「false」を入力します。

allowed for managed guest session

管理対象のゲスト セッションで利用可能なプリンタ(省略可)

管理対象のゲスト セッションに使用を許可するには「true」、使用を禁止するには「false」を入力します。

テキスト ファイルを使用する場合…

プリンタの詳細情報をカンマ区切りで入力します。記入する項目の説明については、上記の表をご覧ください。

例:

Test Printer, Lab Printer, false, generic pcl 6/pcl xl printer pxlcolor, ipp://192.0.2.255, true, true, false

解決方法

必須の列(name、model、uri)のうち足りないものがあります

一部のプリンタでは、プリンタ名にメーカーを 2 回追加する必要があります(例: epson epson al-2600)。

  1. エラーが引き続き発生する場合は、プリンタを手動で追加してください。
  2. CSV ファイルに記載したプリンタを今後使用する場合は、[プリンタ管理] ページの [モデル] 列に表示されているプリンタ名を使用します。

プリンタの設定を変更する

プリンタを使用できるユーザーを管理する

プリンタはどのレベルの組織部門にも追加できます。上位組織のプリンタ設定を変更すると、その設定を継承するすべての子組織部門の設定が変わります。ユーザーやデバイスは、追加したプリンタを自動的に使用できるわけではありません。使用できるようにするには、プリンタの設定が必要になる場合があります。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページで、[デバイス] 次に [Chrome 管理] に移動します。
  3. [プリンタ] をクリックします。
  4. 全ユーザーに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門を選択します。
  5. リストから共有するプリンタをクリックします。
  6. 右側のパネルで、プリンタの設定を選択します。
    • この組織内のユーザーに許可する - ユーザーレベルでプリンタを共有します。組織部門に属しているユーザーがデバイスにログインすると、プリンタを使用することができます。
    • この組織内のデバイスに許可する - デバイスレベルでプリンタを共有します。組織部門に所属するデバイスにユーザーがログインすると、ユーザーはプリンタを使用することができます。ユーザーは自分の Gmail アカウントまたは別のドメインの Google アカウントでログインできます。
    • この組織での管理対象ゲスト セッションに許可する - 組織部門用に設定した管理対象ゲスト セッションでプリンタを共有します。組織部門に所属するデバイスでユーザーがセッションを開始すると、プリンタを使用することができます。
  7. [保存] をクリックします。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。