アプリと拡張機能を自動的にインストールする

Google 管理コンソールから Chrome ポリシーを設定する管理者を対象としています。
Force install apps and extensions

管理者は、組織内のユーザー向けに特定の Chrome アプリや拡張機能を自動インストールできます。ユーザーが管理対象のデバイスまたはアカウントで Chrome を使用すると、これらのアプリや拡張機能が表示されます。

Chrome のアプリと拡張機能のほとんどは Chrome ウェブストアにありますが、サードパーティのアプリや拡張機能を自動インストールすることもできます。自動インストールされたアプリや拡張機能をユーザーが削除することはできません。また、アプリや拡張機能がブロック対象として指定されていてもブロックされません。

始める前に

  • 特定のユーザー グループや登録済みの Chrome ブラウザに対して設定を行うには、そのユーザー アカウントまたはブラウザを 1 つの組織部門に配置します。
  • Windows、Mac、Linux パソコンで動作する Chrome ブラウザのユーザーに設定を適用するには、そのユーザーが所属する組織部門に対して Chrome ブラウザ管理をオンにします。詳しくは、Chrome ブラウザ管理をオンにするをご覧ください。

アプリを自動インストールする

Chrome ブラウザや Chrome OS 搭載端末で管理対象の Google アカウントにユーザーがログインすると、以下が適用されます。

ここでご紹介する手順は、管理コンソールでの Chrome 設定に慣れている管理者の方向けのものです。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[デバイス] 次に [Chrome 管理] にアクセスします。

    [デバイス] がホームページに表示されていない場合は、画面下部の [その他の設定] をクリックします。

  3. [アプリと拡張機能] をクリックします。
  4. すべてのユーザーと登録済みブラウザに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門を選択します。
  5. 上部の [ユーザーとブラウザ] または [管理対象のゲスト セッション] をクリックします。
  6. 自動的にインストールするアプリに移動します。
  7. [インストール ポリシー] で [自動インストールする] または [自動インストールして固定する] を選択します。
  8. [保存] をクリックします。子組織部門を設定した場合は、親組織部門の設定を継承またはオーバーライドできる場合があります。

仕組み

自動インストールしたアプリや拡張機能には、インストール先のデバイス上の情報にアクセスする権限が付与されます。たとえば、アプリからユーザーのブックマークにアクセスしたり、現在地情報を使用したりできるようになります。また、拡張機能 API を使用してデバイスの Directory API ID にもアクセスできます。権限をリクエストせずに Chrome の enterprise.platformKey API を使用することも可能です。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。