アプリと拡張機能を自動的にインストールする

Google 管理コンソールから Chrome ポリシーを設定する管理者を対象としています。

管理者は、組織内のユーザー向けに特定の Chrome アプリや拡張機能を自動インストールできます。ユーザーが管理対象のデバイスまたはアカウントで Chrome を使用すると、これらのアプリや拡張機能が表示されます。

Chrome のアプリと拡張機能のほとんどは Chrome ウェブストアにありますが、サードパーティのアプリや拡張機能を自動インストールすることもできます。自動インストールされたアプリや拡張機能をユーザーが削除することはできません。また、アプリや拡張機能がブロック対象に指定されている場合、それらをインストールすることはできません。

仕組み

自動インストールしたアプリや拡張機能には、インストール先のデバイス上の情報にアクセスする権限が付与されます。たとえば、アプリからユーザーのブックマークにアクセスしたり、現在地情報を使用したりできるようになります。また、拡張機能 API を使用してデバイスの Directory API ID にもアクセスできます。権限をリクエストせずに Chrome の enterprise.platformKey API を使用することも可能です。

始める前に

  • 特定のユーザー グループや登録済みの Chrome ブラウザに対して設定を行うには、そのユーザー アカウントまたはブラウザを 1 つの組織部門に配置します。
  • Windows、Mac、Linux パソコンで動作する Chrome ブラウザのユーザーに設定を適用するには、そのユーザーが所属する組織部門に対して Chrome ブラウザ管理をオンにします。詳しくは、Chrome ブラウザ管理を有効にするをご覧ください。

アプリや拡張機能を自動インストールする

Chrome ブラウザや Chrome OS 搭載端末で管理対象の Google アカウントにユーザーがログインすると、以下が適用されます。

ここでご紹介する手順は、管理コンソールでの Chrome 設定に慣れている管理者の方向けのものです。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページで、[デバイス] 次に [Chrome 管理] に移動します。
  3. [アプリと拡張機能] 次に [ユーザーとブラウザ] または [管理対象ゲスト セッション] をクリックします。
  4. すべてのユーザーと登録済みブラウザに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門を選択します。
  5. 自動インストールするアプリまたは拡張機能に移動します。
  6. [インストール ポリシー] で [自動インストールする] または [自動インストールして固定する] を選択します。
  7. [保存] をクリックします。子組織部門を設定した場合は、親組織部門の設定を継承またはオーバーライドできる場合があります。

拡張機能をブラウザのツールバーに固定する

ユーザーのブラウザのツールバーに拡張機能を固定すると、管理コンソールでは一連の設定テキストが生成され、ExtensionSettings ポリシーの JSON 文字列にそのテキストが設定されます。まれに、JSON 文字列が無効であるため、拡張機能がブラウザのツールバーに正しく固定されないことがあります。

最初に、テスト環境になっている組織部門の一部のユーザーやブラウザに設定を適用することをおすすめします。拡張機能ポリシーが正しく適用されていることを確認してから、ポリシーを組織全体に導入します。

  1. 管理対象のデバイスで、chrome://policy にアクセスします。
  2. [ポリシーを再読み込み] をクリックします。
  3. [値が設定されていないポリシーを表示する] チェックボックスをオンにします。
  4. [ExtensionSetting] ポリシーで、[ステータス] が [OK] に設定されていることを確認します。
  5. [ExtensionSetting] ポリシーで、[すべてを表示] をクリックします。[] で、任意のツールを使用して JSON コードにエラーがないことを確認します。

関連トピック

Google および関連するマークとロゴは Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は関連各社の商標です。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。