アプリや拡張機能を自動的にインストールする

Google 管理コンソールから Chrome ポリシーを設定する管理者を対象としています。
Force install apps and extensions

管理者は、組織内のユーザーに対して、特定の Chrome アプリや拡張機能を自動インストールできます。管理対象のデバイスやアカウントで Chrome を使用すると、ユーザーにこれらのアプリと拡張機能が表示されるようになります。

Chrome のアプリと拡張機能のほとんどは Chrome ウェブストアにありますが、サードパーティのアプリや拡張機能を自動インストールすることもできます。自動インストールされたアプリや拡張機能をユーザーが削除することはできません。また、アプリや拡張機能がブロック対象として指定されていてもブロックされません。

始める前に

ユーザーが使用できるようにアプリや拡張機能を自動インストールするには、管理コンソールで Chrome ウェブストア サービスをオンにする必要があります。管理コンソールの [アプリ] > [その他の Google サービス] でこのサービスを確認できます。詳しい手順については、その他の Google サービスのオンとオフの切り替えをご覧ください。

管理コンソールでポリシーを設定する

Chrome ブラウザや Chrome OS 搭載端末で管理対象の Google アカウントにユーザーがログインすると、以下が適用されます。

複数のアプリを自動インストールする

ここでご紹介する手順は、管理コンソールでの Chrome 設定に慣れている管理者の方向けのものです。

  1. 標準的な手順に沿って、Chrome のユーザーとブラウザの設定を行います。
    1. 管理コンソールで、[デバイス] 次に [Chrome 管理] 次に [ユーザーとブラウザの設定] に移動します。
    2. アプリのブロック対象となるユーザーや登録済みブラウザを含む組織部門を選択します。

    詳しくは、複数のアプリに Chrome ポリシーを設定するをご覧ください。

  2. [自動インストールするアプリと拡張機能] で、[自動インストールするアプリを管理] をクリックします。

    ヒント: 検索バーを使うと、このセクションを簡単に見つけることができます。

  3. 自動インストールするアプリまたは拡張機能を選択して [保存] をクリックします。
1 つのアプリを自動インストールする

ここでご紹介する手順は、管理コンソールでの Chrome 設定に慣れている管理者の方向けのものです。 

ヒント: ブラウザ拡張機能のリストを使用すると、登録済みの Chrome ブラウザに対して拡張機能の自動インストールを簡単に行うことができます。

  1. 標準的な設定に沿って、1 つのアプリまたは拡張機能に関する Chrome ポリシーを設定します。
    1. 管理コンソールで、[デバイス] 次に [Chrome 管理] 次に [アプリの管理] に移動します。
    2. ブロックまたは許可するアプリを選択します。
    3. [ユーザー設定] や [公開セッションの設定] などの設定の種類を選択します。
    4. アプリを許可またはブロックするユーザーや登録済みブラウザを含む組織部門を選択します。

    詳しくは、1 つのアプリに Chrome ポリシーを設定するをご覧ください。

  2. [自動的にインストール] で、オンにする をクリックして設定をオン オフにする にします。

    初期設定では、組織部門の設定は親組織から継承されます。子組織の設定を変更する場合は、次の操作を行います。

    • 継承した値をオーバーライドするには、[オーバーライド] をクリックします。設定を変更します。
    • オーバーライドした設定を親組織の値に戻すには、[継承] をクリックします。
  3. [保存] をクリックします。

仕組み

自動インストールしたアプリや拡張機能には、インストール先の端末上の情報にアクセスする権限が付与されます。たとえば、アプリからユーザーのブックマークにアクセスしたり、現在地情報を使用したりできるようになります。また、拡張機能 API を使用してデバイスの Directory API ID にアクセスしたり、権限をリクエストせずに Chrome の enterprise.platformKeys API を使用したりできます。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。