管理対象ゲスト セッションのデバイス

この記事では、Chrome デバイスでの管理対象ゲスト セッションの設定に関する一般的な情報を提供します。Chromebook を学力テストに使用する方法については、Chromebooks を学力テストに使用するをご覧ください。

Chromebook icon updated Dec 2013

管理対象ゲスト セッションを使用すると、複数のユーザーがログインせずに 1 台の Chrome デバイスを共有できます。管理対象ゲスト セッションを使って、たとえば、レンタル デバイス、共有パソコンとしての用途や、ユーザーのログインを必要としない仕事や学校関連の用途のために Chrome デバイスを設定できます。

管理対象ゲスト セッションでは、ユーザーは全画面モードではなくウィンドウ モードで複数のウェブサイトにアクセスし、フル ブラウジングで閲覧できます。
 

公開セッションとの違いは何ですか?

管理対象ゲスト セッションには公開セッションよりも多くの機能があり、管理者はユーザーのアクティビティをより詳しく管理し、視覚的に把握することができます。

以前の公開セッション 管理対象ゲスト セッション
すべてのデバイスで利用できます。 Chrome バージョン 73 以降を搭載するデバイスでのみ利用できます。
一部の Chrome ポリシーに対応しています。 すべての Chrome ポリシーに対応しています。
一部の Chrome アプリや拡張機能に対応しています。 すべての Chrome アプリや拡張機能に対応しています。
ネットワーク証明書には対応していません。 ネットワーク証明書に対応しています。

 

準備

  • 管理対象ゲスト セッションとして使用するデバイスをドメインに登録します。登録が完了すると、管理コンソールの Chrome デバイスの一覧にそのデバイスが表示されるようになります。詳しくは、デバイスの登録をご覧ください。
  • [ユーザー名と写真を常に表示] が管理コンソールで有効になっていることを確認します。
  • 管理対象ゲスト セッション モードで実行するデバイスごとに Chrome Enterprise ライセンスを購入します。詳しくは、Chrome Enterprise のライセンスをご覧ください。

管理対象ゲスト セッションを設定する

手順 1: Chrome デバイスを設定する
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページから、[デバイス管理] 次へ [Chrome 管理] にアクセスします。

    [デバイス管理] がホームページに表示されていない場合は、画面下部の [その他の設定] をクリックします。

  3. [管理対象ゲスト セッションの設定] をクリックします。
  4. 設定を適用する組織部門を選択します。
  5. 表示されたページで設定を行います。[セッションの表示名] にはデバイスのホーム画面に表示する名前(組織名など)を指定します。
  6. [変更を保存] をクリックします。
  7. [デバイス管理] 次へ [Chrome 管理] 次へ [デバイスの設定] に移動します。
  8. 設定する組織を [キオスクの設定] 次へ [管理対象ゲスト セッション] から選択し、[管理対象ゲスト セッションを許可する] を選択します。
    これにより、選択した組織のデバイスに管理対象ゲスト セッションの設定が適用されます。
  9. [変更を保存] をクリックします。
    通常、設定は数分で有効になりますが、デバイスに反映されるまで最大 1 時間ほどかかる場合もあります。
  10. 目的の Chrome デバイスを管理対象ゲスト セッションの設定が適用されている組織に移動します。
    Chrome デバイスは管理対象としてドメインに登録しないと、管理コンソールの [Chrome デバイス] に表示されません。

注:

  • ログイン画面では、管理対象ゲスト セッション名がユーザー名より優先的に表示されます。
  • 管理対象ゲスト セッションの設定では、デバイスごとに 1 つの組織の設定のみを関連付けることができます。
  • 管理対象ゲスト セッションの設定は、指定した Chrome デバイスにのみ適用されます。
  • 管理対象ゲスト セッションの設定は、Chrome Kiosk のライセンスで登録したデバイスでは使用できません。
手順 2: 管理対象ゲスト セッションの設定を評価する

管理対象ゲスト セッションに固有の設定を次の表に示します。その他の設定については、ユーザー用 Chrome ポリシーの設定をご覧ください。

画面の上部にある [設定項目を検索] ボックスを使用すると、管理コンソール内の設定を簡単に見つけられます。

設定 説明
セッションの表示名 ユーザーに表示するセッション名を入力します(「フリーモント高等学校図書館」、「Solarmora 共有パソコン」など)。
ユーザー セッションの最大の長さ デバイスで、1~1,440 分後にユーザーがセッションからログアウトするように指定できます。セッションを無制限にする場合は空白にします。
次の時間アイドル状態が続いた場合はログアウトします デバイスが 1~1,440 分間アイドル状態の場合、ユーザーがセッションからログアウトするように指定できます。ログアウトさせない場合は空白にします。ユーザー入力が行われないと、アイドル タイムアウトのカウントダウンは開始されません。
カスタム利用規約 デバイスのユーザーに同意を求めるカスタムの利用規約をアップロードできます。利用規約ファイルは、.txt または .text ファイルである必要があります。
カスタム アバター 管理対象ゲスト セッションで表示するカスタム アバターをアップロードできます。512 KB 以下の JPEG(.jpg、.jpeg)ファイルを使用する必要があります。
カスタム壁紙 デフォルトの壁紙を独自の壁紙に変更できます。16 MB 以下の JPEG(.jpg、.jpeg)ファイルを使用する必要があります。
ポリシーの更新間隔 Chrome デバイスで管理コンソールから新しいポリシーを同期する間隔を、30~1,440 分の間で指定できます。
セッションの言語や地域

Chromebook のログイン画面に表示するおすすめ言語の順序を指定します。詳しくは以下をご覧ください。

  • おすすめ言語を指定しない場合 - デフォルトで、現在の言語が管理対象ゲスト セッションの開始時に Chrome OS で使用されます。ユーザーは、ログイン時にこの言語を変更できます。
  • 1 つの言語のみを指定した場合 - デフォルトで、指定した言語が管理対象ゲスト セッションの開始時に Chrome OS で使用されます。ユーザーは、ログイン時にこの言語を変更できます。
  • 複数の言語を指定した場合 - ユーザーはログイン時に言語の選択を求められます。選択したおすすめ言語が指定した順序でリストの上部に表示され、デフォルトでは、選択された言語の最も一般的なキーボード レイアウトが Chrome で使用されます。ユーザーは、ログイン時またはログイン後のセッション中に言語を変更できます。

管理対象ゲスト セッションが終了すると、言語とキーボード レイアウトは元の設定値に戻ります。

手順 3: 管理対象ゲスト セッションのその他の設定

上記の設定に加えて、Chrome 管理で提供されるユーザー設定とデバイス設定のほとんどを管理対象ゲスト セッションでも行うことができます。詳細については、ユーザー設定の管理デバイス設定の管理をご覧ください。

よく行われる設定は次のとおりです。

  • ホームページを設定する
  • プロキシを定義する
  • ネットワーク証明書を設定する
  • クラウド プリント
  • セーフサーチを設定して不快なコンテンツをフィルタリングする
  • カスタム壁紙でデスクトップの背景をカスタマイズする
  • さまざまなサイトへのアクセスをブラックリストやホワイトリストに登録する
  • 特定のアプリをデバイスにプリインストールする
  • ユーザーのセッション継続時間を設定する
  • シークレット モード、スクリーンショット、外部ストレージへのアクセス、オーディオ入出力とビデオ入力などを許可する

管理対象ゲスト セッションの使用方法

管理対象ゲスト セッションを閲覧するには

ログイン画面には、管理コンソールで設定できるセッションの表示名が表示されます。

  1. 管理対象ゲスト セッションの表示名をクリックします。
    展開して次の項目が表示されます。
    1. セッションを管理する組織のドメイン名
    2. 管理者がパスワードやコミュニケーションを含むすべてのアクティビティにアクセスできることを示すメッセージ
  2. 次へアイコン Next をクリックします。
    セッションが始まります。管理コンソールで利用規約をアップロードした場合は、利用規約が表示されます。
  3. [承諾] をクリックすると、セッションが開始します。
    ウェブを閲覧できるようになります。

セッションはユーザーがログアウトするまで有効です。または指定したアイドル時間が経過すると、自動的にログアウトします。ユーザーが管理対象ゲスト セッションを終了すると、すべてのローカル ユーザー データがデバイスから消去されます。

一般的な使用方法

テスト

テストを受けるために必要な時間を設定します。生徒がオンラインで答えを検索したり、スクリーンショットを撮ったりしないように、インターネット アクセスをロックすることができます。詳しくは、Chromebooks を学力テストに使用するをご覧ください。

図書館

デバイスの使用期間を任意で指定することができます。クラウド プリントを使用して印刷できるようにデバイスを設定することもできます。

ビジネス センター、インターネット カフェ

図書館モードと同様に、ユーザー セッションの時間を設定できます。また、デバイスベースのポリシーをデバイスに設定することも可能です。

小売店

図書館の場合とは異なり、セッション継続時間が制限されないようにデバイスを設定できます。利用者はキオスクのデバイスや売り場のデバイスで時間制限なく閲覧することができます。デバイスで管理対象ゲスト セッションを自動的に開始することもできます。詳しくは、管理対象ゲスト セッションの自動起動設定をご覧ください。

よくある質問

管理対象ゲスト セッションで Chrome デバイスから印刷するにはどうすればよいですか?
管理コンソールで [Chrome 管理] > [デバイスの設定] を選択し、クラウド プリントの設定から管理対象ゲスト セッションでの印刷を設定します。
管理対象ゲスト セッションとゲスト ブラウジングの違いは何ですか?
ゲスト ブラウジングは、ウェブをすばやく閲覧するのに便利です。ただしゲスト ブラウジングでは、アプリの事前設定、セッション時間の制限、各種セキュリティ ポリシーの適用などを行うことができず、ほとんどの企業や学校で必要とされる方法でセッションを管理できません。管理対象ゲスト セッションのブラウジングでは、各ユーザーにログインを要求することなく、多くのユーザー ポリシーを適用できます。詳しくは、ゲスト ブラウジングをご覧ください。
どのデバイスで管理対象ゲスト セッションを実行できますか?
管理対象ゲスト セッションは、管理コンソールを備えたすべての Chrome デバイスで設定できます。設定時に問題が発生した場合は、デバイスを最新バージョンの Chrome OS にアップデートすることをおすすめします。詳しくは、Chrome デバイスの管理をご覧ください。デバイスやライセンスの購入をお考えの場合は、Google のセールスチームにお問い合わせください。
管理対象ゲスト セッションにはどのようなセキュリティ機能が組み込まれていますか?
管理対象ゲスト セッションには、サンドボックス化やプライバシー設定のほか、管理者がセキュリティ ポリシーをカスタマイズできる機能など、Chrome ブラウザに備わっているセキュリティ設定がすべて組み込まれています。Chrome デバイスの管理対象ゲスト セッションに特有の動作は、ユーザーがログアウトしたときにすべてのローカル ユーザー データがデバイスから削除されることです。詳しくは、Chrome ブラウザのセキュリティ設定をご覧ください。
どのようなメッセージが表示されますか?

デバイス管理者が閲覧アクティビティを監視している可能性があります。

ユーザーが管理対象ゲスト セッションにログインする際に、デバイスに次のいずれかの詳細設定が適用されている場合、このメッセージが表示されることがあります。

  • ホワイトリストに含まれない拡張機能。詳しくは、ホワイトリストに登録されている拡張機能をご覧ください。
  • ルート証明書や MitM 証明書。
  • 安全な接続を開始するために使用するプロキシ。
  • ウェブサイトの共有ポリシーやシステム セキュリティ ポリシー。

デバイスの管理者によりアクティビティが監視される可能性があります。」

自動起動が有効でない場合や、デバイスに上記のいずれかの詳細設定が適用されていない場合、このメッセージが表示されることがあります。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。