Chrome ブラウザのマスター設定を使用する

Windows および Mac パソコンに搭載された管理対象 Chrome ブラウザに master_preferences ファイルを導入する IT 管理者を対象としています。

管理者は、マスター設定を使用して管理対象パソコンの Chrome ブラウザ ユーザーのためのデフォルト設定を導入できます。これらの設定は、ユーザーが最初に Chrome ブラウザを起動したときに適用されます。たとえば、ホームページを設定したり、Chrome ブラウザを開いたときに表示されるタブや URL を指定したりすることができます。

マスター設定を使用する場合

マスター設定を使用すると、次のことができます。

  • ユーザーが後で変更できるデフォルト設定を適用する。
  • Chrome ポリシーで管理したくない、または利用できない設定を導入する。
  • Active Directory® ドメインに参加していない Microsoft® Windows® パソコンに設定を適用する。

ユーザーに変更させたくない設定を適用するには、マスター設定ではなく Windows または Mac パソコンに Chrome ポリシーを適用します。

: Chrome ポリシーで管理されているのと同じ項目が master_preferences ファイルでも設定されている場合は、ポリシーが優先され、ユーザーは設定を編集できません。詳しくは、端末の現在の Chrome ポリシーを表示するをご覧ください。

始める前に

ユーザーのパソコンにすでに Chrome ブラウザがインストールされている場合は、アンインストールしてから以下の手順を行う必要があります。

マスター設定を導入する

ステップ 1: master_preferences ファイルを作成する
ユーザーのパソコンの Chrome ブラウザに適用する設定を記述した master_preferences ファイルを作成します。Chrome Enterprise バンドルに含まれている master_preferences のサンプル ファイルを使用します(または今すぐダウンロード)。この JavaScript® Object Notation(JSON)ファイルはテキスト エディタで編集できます。
設定可能な項目とその設定方法については、Configuring Other Preferences(英語)をご覧ください。
ステップ 2: ユーザーのパソコンに Chrome 拡張機能を自動インストールする(省略可)
Chrome 拡張機能を自動インストールすることで、Chrome ブラウザに機能を追加できます。これを行うには、ユーザーのパソコンに自動インストールする拡張機能に関する情報を master_preferences ファイルに追加します。ユーザーは、Chrome ウェブストアの拡張機能カテゴリ、または Chrome 拡張機能の .crx ファイルが保存されている URL にアクセスできる必要があります。
拡張機能を自動インストールする方法の詳細については、Pre-installed Extensions(英語)をご覧ください。
ステップ 3: ファイルを検証する
JSON コードにエラーがないことを確認するために、任意のツールで master_preferences ファイルを検証します。エラーが見つかった場合は、master_preferences ファイルの構文と構造を確認して修正し、再度検証します。
ステップ 4: 設定をユーザーにプッシュする
Chrome ブラウザやその他のポリシーと同時に、master_preferences ファイルをユーザーのパソコンにプッシュします。master_preferences ファイルは、ユーザーのパソコンで chrome.exe ファイルと同じフォルダに追加する必要があります。
  • Windows - C:\Program Files\Google\Chrome\Application\master_preferences
  • Mac - ~/Library/Application Support/Google/Chrome/Google Chrome Master Preferences または /Library/Google/Google Chrome Master Preferences
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。