在宅勤務からオフィス勤務に戻すことをご検討中のお客様は、Chrome OS の活用方法をご覧ください。

拡張機能のワークフロー: ユーザーに拡張機能のリクエストを許可する

Chrome バージョン 92 以降が対象です。

Chrome ブラウザ クラウド管理(CBCM)を使用して管理されているパソコンと管理対象の ChromeOS デバイスが対象です。現在のところ、管理対象外のブラウザまたは管理対象外の ChromeOS デバイスで企業アカウントを使用している場合はこの機能をご利用いただけません。

管理者は Google 管理コンソールを使用して、Chrome ウェブストアでユーザーが拡張機能をリクエストできるようにすることができます。さらに、ユーザーがリクエストした拡張機能を許可、ブロック、自動インストールできます。

注意点

  • はじめに、テスト環境になっている組織部門の一部のユーザーとデバイスに設定を適用することをおすすめします。デバイスが正常に動作していることを確認したら、組織全体に設定を適用します。
  • ユーザー所有のデバイスで拡張機能をリクエストすることを許可するかどうかについては、慎重に検討する必要があります。現時点では、テスト環境の組織部門に含めるのは会社所有のデバイスを使用しているユーザーのみにしてください。
  • 以下の手順を完了して機能を有効にすると、管理者が [アプリと拡張機能] の一覧で許可した拡張機能と、ユーザーがリクエストして管理者が承認した拡張機能のみをユーザーがインストールできるようになります。それ以外はすべて無効になるかブロックされます。以下の手順 2 と 3 で、ユーザーが必要とするすべてのアプリを承認するか、自動的にインストールするようにします。
  • 特定のユーザー グループや登録済みの Chrome ブラウザによる拡張機能のリクエストを管理するには、そのユーザー アカウントやブラウザを 1 つのグループまたは組織部門に配置します。グループに追加できるのはユーザー アカウントのみです。詳しくは、グループ組織部門を追加するをご覧ください。個々のユーザーやブラウザに対してインストール ポリシーを設定することはできません。

設定方法

手順 1: レポートを有効にする

管理コンソールでプロファイルとシステムの状態に関するデータを 1 日 1 回取得する方法については、Chrome ブラウザのレポートを有効にするをご覧ください。

次の手順に進む前に、レポートにデータが記載されていることを確認します。データがレポートに反映されるまでには、最長で 48 時間ほどかかることがあります。

手順 2: 現在インストールされている拡張機能のリストを取得する

ユーザーの登録済み Chrome ブラウザと ChromeOS デバイスに現在インストールされているすべての拡張機能のリストを取得するには、次の 2 通りの方法があります。

手順 3: 許可するアプリを指定する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページで、[デバイス] 次に [Chrome 管理] に移動します。
  3. [アプリと拡張機能] 次の操作 [ユーザーとブラウザ] をクリックします。
  4. (ユーザーのみ)グループに設定を適用するには、次の操作を行います。
    1. [グループ] を選択します。
    2. 設定を適用するグループを選択します。
  5. 全ユーザーに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門を選択します。
  6. 手順 2 で取得したリストに表示されているアプリを追加します。
    1. 追加アイコン "" 次の操作 [Chrome ウェブストアから追加] をクリックします。
    2. 目的のアプリを見つけて [選択] をクリックします。
    3. プロンプトが表示されたら、組織に代わってアプリの権限を許可します。

特定の Chrome 拡張機能のポリシー設定について詳しくは、アプリや拡張機能を表示、設定するをご覧ください。

手順 4: ユーザーが拡張機能をリクエストできるようにする

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページで、[デバイス] 次に [Chrome 管理] に移動します。
  3. [アプリと拡張機能] 次の操作 [ユーザーとブラウザ] をクリックします。
  4. (ユーザーのみ)グループに設定を適用するには、次の操作を行います。
    1. [グループ] を選択します。
    2. 設定を適用するグループを選択します。
  5. 全ユーザーに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門を選択します。
  6. 右側にある、追加の設定アイコン "" をクリックします。
  7. [許可 / ブロックモード] までスクロールします。
  8. [Chrome ウェブストア] で [すべてのアプリを拒否する、管理者が許可リストを管理する、ユーザーは拡張機能をリクエストできる] を選択します。
  9. [保存] をクリックします。

手順 5: 権限を有効にする

ユーザーによる拡張機能のリクエストを表示して管理する前に、管理コンソールで必要な権限が割り当てられていることを確認してください。詳しくは、ユーザーのロールと権限を表示するをご覧ください。

メモ: [権限] ページで必要な権限を割り当てられない場合は、管理者の方にお問い合わせください。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールで、メニュー アイコン "" 次に "" [アカウント] 次に [管理者ロール] にアクセスします。
  3. 変更するロールのリンクをクリックします。
  4. [権限] をクリックします。
  5. [管理コンソールの権限] で、[サービス] 次の操作 [Chrome 管理] 次の操作 [設定] までスクロールします。
  6. 以下の権限を有効にします。
    • [管理対象ブラウザ] までスクロールし、[読み取り] をオンにします。
    • [レポートの表示] までスクロールし、[拡張機能リストのレポートの閲覧] をオンにします。
    • [ユーザー設定を管理] までスクロールし、[アプリケーションの設定を管理] をオンにします。
  7. [保存] をクリックします。

手順 6: 拡張機能のリクエストを管理する

拡張機能のリクエスト ページで、ユーザーがリクエストした拡張機能の確認と管理を行うことができます。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページで、[デバイス] 次に [Chrome 管理] に移動します。
  3. [アプリと拡張機能] 次の操作 [リクエスト] をクリックします。
  4. 該当する拡張機能の行をクリックします。
  5. インストール ポリシーを設定します。次のいずれかを選択します。
    • 自動インストールする - 管理者が拡張機能を自動的にインストールできるようにします。
    • インストールを許可する - ユーザーが拡張機能をインストールできるようにします。
    • ブロック - ユーザーが拡張機能をインストールできないようにします。また、インストール済みのユーザーから拡張機能を削除します。ユーザーに対するメッセージを追加して、拡張機能のインストールをブロックする理由を説明します。
  6. 拡張機能のインストール ポリシー(自動インストール、インストールの許可、ブロック)を適用する組織部門を選択します。
  7. [保存] をクリックします。

ユーザーができること

拡張機能をリクエストする

  1. Chrome ウェブストアを開きます。
  2. 左側の列にある [拡張機能] をクリックします。
  3. 追加する拡張機能を表示または検索します。
  4. [リクエスト] をクリックします。場合によっては、次のいずれかのボタンが表示されることがあります。
    • 保留中 - 拡張機能のリクエストはすでに完了していて、承認を待っています。
    • 管理者によりブロック済み - 管理者がリクエストを拒否しました。
    • インストール済み - 管理者によって拡張機能がすでに自動インストールされています。
  5. 次のいずれかを行います。
    • 拡張機能を初めてリクエストする場合は、管理者にリクエストを送信することを確認します。その拡張機能がアクセスするデータの種類を確認して、[送信] をクリックします。
    • 拡張機能をすでにリクエストしている場合は、リクエスト済みであることを示すメッセージが表示されます。[OK] をクリックします。
    • 管理者が拡張機能をブロックしている場合は、ブロックされていることを示すメッセージが表示されます。[OK] をクリックします。
  6. リクエストした拡張機能のステータスを確認するには、ブラウザ ウィンドウで chrome://extensions にアクセスします。

Chrome にインストールされている拡張機能は、ツールバーにボタンで表示されます。ユーザーがリクエストした拡張機能を管理者が承認、自動インストール、ブロックすると、Chrome で通知が表示されます。

ポリシーが適用されていることを確認する

ユーザーのデバイスにポリシーが正しく適用されていることを確認します。

  1. ユーザーのデバイスで chrome://policy にアクセスします。
  2. [ポリシーを再読み込み] をクリックします。
  3. [値が設定されていないポリシーを表示する] チェックボックスをオンにします。
  4. CloudExtensionRequestEnabled ポリシーの [ステータス] が [OK] に設定されていて、かつ [ポリシーの値] が [True] であることを確認します。
  5. CloudReportingEnabled ポリシーの [ステータス] が [OK] に設定されていて、かつ [ポリシーの値] が [True] であることを確認します。

リクエストが送信されたことを確認する

ユーザーのデバイスをチェックして、リクエストが送信されたことを確認します。

  1. ユーザーのデバイスで chrome://prefs-internals にアクセスします。
  2. enterprise_reporting を検索します。拡張機能 ID とタイムスタンプのリストが表示されます。

既知の問題

新しく登録したブラウザや ChromeOS デバイスから管理コンソールにリクエストが送信されるまでには、最長で 24 時間ほどかかることがあります。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
410864
false
false