Google マイビジネスのサードパーティ ポリシー

定義

「サードパーティ(3P)」とは、Google マイビジネスで他のビジネス オーナーが所有するビジネス情報を管理する承認を受けた代理人を指します。たとえば、デジタル マーケティング エージェンシー、サードパーティの SEO / SEM 会社、オンラインによるサービス(受注、スケジューリング、予約)を提供する事業者、アフィリエイト ネットワーク事業者などが該当します。家族や友人など、個人が代理人を務める場合は、こちらのガイドラインを参照してください。

「最終顧客」または「クライアント」とは、サードパーティと契約を結んで、Google マイビジネスでのビジネス情報の管理を依頼する企業です。

要件

最終顧客には、サードパーティが Google マイビジネスのポリシーに従って公正かつ誠実に業務を行い、透明性を確保することを期待する権利があります。その期待に応えるため、サードパーティには以下のポリシーを遵守することが求められます。これらのポリシーに違反すると、リスティングやアカウントが停止される場合もあります。

  • 最終顧客が Google マイビジネスについて正確に理解し、Google マイビジネスのデータがどこで使用されるかを必ず把握できるようにしてください。
  • Google マイビジネスで提供するリスティングの管理サービスについて、最終顧客に正確な情報を提示します。詳しくは、透明性に関する要件をご覧ください。
  • Google マイビジネスのポリシーを遵守します。

アカウントの設定が完了し次第、リスティングのオーナー権限はクライアントに譲渡することをおすすめします。

透明性に関する要件

Google でビジネスを十分にアピールするには、的確な意思決定を行うための正確な情報を記載する必要があります。したがって、すべてのサードパーティおよび承認を受けた代理人は、顧客の意思決定に関わる情報について透明性を確保することが求められます。サードパーティは、以下に示されている要件を満たすことに加えて、最終顧客の要望があれば、他の関連情報も提供できるよう合理的な努力を払う必要があります。

オーナー権限のリクエストに応じる

サードパーティおよび承認を受けた代理人には、企業に対してオーナー権限と管理オプションについて積極的に通知する責任があります。企業は、パートナーに共同オーナーや管理者の権限を与えるか、またはアクセス権限を付与しないかを判断する権利を有します。サードパーティは、企業からオーナー権限のリクエストが送信されてから 7 日以内に、リクエストに応じる必要があります。

最終顧客との契約の終了

最終顧客が Google マイビジネス アカウントの管理サービスの利用を終了する手続きは、簡単なものでなければなりません。サードパーティは最終顧客からの通知を受け取ってから 7 営業日以内に、そのクライアントが Google マイビジネス アカウントと管理サービスとの関連付けを解除し、Google マイビジネス アカウントを独占的に管理できるようにする必要があります。最終顧客のアカウントを管理または変更する権限を付与されている場合は、その権限を放棄し、譲渡してください。詳しくは、オーナー権限の譲渡に関する記事をご覧ください。

管理費用

サードパーティが提供する管理サービスは、多くの場合有料です。管理費用を請求するサードパーティは、管理サービスが有料であること、また Google マイビジネスそのものは無料のツールであることを最終顧客に通知する必要があります。最低条件として、新規の顧客に対してはリスティングの管理を請け負う前に書面で通知を行い、請求書に管理費用を明記することが求められます。突然の、または大幅な料金変更は避けてください。

開示通知の掲示

中小企業は大企業のように豊富なリソースやノウハウを持っていない場合があるため、サードパーティとのパートナー契約によってどのようなメリットが得られるかをきちんと把握することは特に重要と言えます。主に中小企業にサービスを提供するサードパーティは、必ずすべての顧客に対して「サードパーティにサポートを依頼する」の開示通知を共有する必要があります。

通知へのリンクは、ウェブサイト上の目に留まりやすい場所に配置してください。たとえば、ホームページのフッター、レポートのダッシュボード、サイトの製品やサービスのセクションなどに配置できます。加えて新たな企業と管理契約を結んだり、既存の契約を更新したりする際には、顧客に開示通知のソフトコピーをメールで送付するか印刷物を郵送して、ウェブサイトに開示通知が掲示されていることを知らせる必要があります。

クチコミ

ビジネス オーナーは、Google に投稿されたクチコミに返信できます。サードパーティが最終顧客に代わってクチコミに返信するには、最終顧客からその権限を付与されなければなりません。クチコミへの返信はすべて、Google の投稿コンテンツに関するポリシーに準拠している必要があります。

インサイト

サードパーティのサービスを利用する最終顧客には、Google マイビジネスに関する正確な情報を提供する必要があります。これには、顧客が Google マイビジネスのデータと他のプラットフォームのデータを別個に把握できるようにすることも含まれます。サードパーティが他のリスティング管理プラットフォームのレポートデータも提供している場合は、Google マイビジネス以外のデータと Google マイビジネスのデータを別々に報告する必要があります。ただし、顧客が簡単にアクセスできる場所で Google マイビジネスのデータを提供できる場合は、パフォーマンスの集計データ(Google マイビジネス データと Google マイビジネス以外のデータの集計)を報告することもできます。ある顧客の Google マイビジネス データを他の顧客と共有したり、比較したりすることは禁止されています。

例: 複数のプラットフォーム(Yelp、Yahoo、Bing など)を横断的に集計する地域別のパフォーマンス データを提供している場合は、Google マイビジネスの地域別のパフォーマンス レポートを別個に作成し、必須項目とともに提供する必要があります。

Google マイビジネスの管理費用やパフォーマンスのレポートを提供する際には、メールやウェブサイトなど、顧客が簡単にアクセスできる方法で提供する必要があります。別の方法として、顧客が Google マイビジネス アカウントに直接ログインして、パフォーマンス データを参照できるようにすることもできます。

パブリシティ

Google マイビジネスの使用は、Google との提携関係または Google のスポンサーシップや推奨を意味するものではありません。事前に Google から書面による許可を受けていない限り、Google マイビジネスの使用に関して Google との提携関係、スポンサーシップ、推奨を示唆する発表を行うことはできません。

Google の監査の妨害

Google は、該当するすべてのポリシーおよび条件への準拠を確認するため、Google マイビジネスでの活動を監視および監査することがあります。サードパーティがそのような監視や監査を妨害したり、Google マイビジネスでの業務状況を Google から隠蔽したりすることは禁止されています。妨害行為があった場合は、これらのポリシーへの違反と見なされます。

禁止されている手法

同意なしにリスティングを登録する

ビジネス リスティングを登録し管理するには、適用法の規定に従ってビジネス オーナーの明示的な同意(書面による同意、またはフォームのチェックボックスをオンにするなどの積極的な行動によって示す同意)を得る必要があります。口頭による同意は適切とみなされません。サードパーティと企業との間で食い違いが発生した場合、書面またはデジタルで同意の証明書を提出する必要があります。企業の同意を得る前にリスティングを登録して、顧客となるよう企業に働きかけたり、企業を説得または強要したりしないでください。

例:

  • クライアントに同意を強要する(十分な情報を与えられていない状況で、自発的に行われていない同意など)

虚偽の主張、誤解を与える主張、現実味のない主張

企業がサードパーティ パートナーと管理契約を結ぶかどうかを決定する際には、判断材料となる正確な情報が必要です。そのためサードパーティには、自社、自社のサービス、サービスに関連する費用、得られる効果について率直かつ虚偽のない情報提供が求められます。虚偽の主張、誤解を与える主張、現実味のない主張を行わないでください。

例:

  • ロボコール(自動音声電話)または他の技術を使って Google からの電話であるかのように装う
  • Google 検索結果での最上位への広告掲載を保証する
  • リスティングが Google 検索や Google マップに必ず表示されると主張する
  • 無料の Google サービスを有料サービスであると偽る

迷惑行為、脅迫、信頼性に欠ける言動

サードパーティ パートナーには、Google が直接提供しているサービスと同レベルの質の高いサービスが期待されます。見込み顧客および既存顧客への迷惑行為、脅迫、信頼性に欠ける言動を伴う営業活動は行わないでください。

例:

  • 電話禁止リストを無視して、過度のコールドコールを実施する
  • 代理店契約を結ぶまたは継続するよう、顧客に不当な圧力をかける
  • 代理店契約を結ばなければリスティングを失うことになると脅迫する
  • リスティングと引き換えに金銭を要求する
  • フィッシング

アカウント設定

組織のオーナーやメンバーには、強力な権限が付与されます。オーナーやメンバーには、信頼できる数人の従業員を選んで指定してください。詳しくは、組織ユーザー グループに関する記事をご覧ください。

サードパーティには、最終顧客のアカウントの認証情報に関して、整合性とセキュリティを確保する責任があります。リスティング、アカウント、パスワードの管理に関しては、次の推奨事項に留意してください。

  • クライアントのリスティングを作成し終えたら、リスティングのオーナー権限はビジネス オーナーに譲渡してください。サードパーティはリスティングの管理者として管理業務を行うことができます。
  • クライアントがすでに Google マイビジネスのリスティングを保有している場合は、サードパーティをオーナーではなく管理者として招待するよう依頼してください。
  • クライアントとパスワードを共有しないでください。
  • リスティングの管理契約が終了したら、アカウントからリスティングを削除してください。

Google のポリシーについて

サードパーティは、Google のサードパーティ ポリシーに精通し、その最新情報を常に把握しておく必要があります。サードパーティがポリシーに違反していると判断した場合、Google は当該サードパーティに連絡し、問題となる行為の詳細を検証したうえで是正を求めることがあります。度重なる、または重大な違反が認められた場合は、サードパーティによる Google マイビジネスでのリスティングの管理サービスを停止し、最終顧客にその旨を通知することもあります。

Google マイビジネスのポリシーは、必ずご確認ください。

ポリシー違反に対する措置

遵守状況の審査: Google は、サードパーティ ポリシーの遵守状況について随時審査できるものとします。Google から遵守状況に関する情報提供を求められた場合は、これに速やかに応じ、ポリシー遵守に向けてあらゆる措置を講じてください。遵守状況の確認を目的として、Google から当該サードパーティの顧客に問い合わせを行う場合もあります。

違反の通知: サードパーティがポリシーに違反していると判断した場合、通常の措置として、Google は当該サードパーティに是正を求めます。所定期間を過ぎても要請どおり是正されなかった場合、強制措置が取られることがあります。重大な違反や度重なる違反が認められた場合は、予告なく直ちに措置が取られることもあります。

サードパーティ プログラムの停止: Google Partners や Premier SMB Partners などの他の Google サードパーティ プログラムへの参加は、このサードパーティ ポリシーの遵守を前提としています。ポリシーへの違反が判明した場合、または遵守状況の審査にご協力いただけなかった場合、サードパーティ プログラムへの参加が制限または停止されることもあります。

アカウントの停止: ポリシーに対する重大な違反が判明すると、Google マイビジネスのリスティングや Google マイビジネスのアカウントが停止されることもあります。また、度重なる違反や極めて重大なポリシー違反が認められた場合は、今後 Google マイビジネスでのリスティングの管理業務も許可されなくなることがあります。状況によっては、Google から当該サードパーティの顧客にその旨が通知されます。

サードパーティ ポリシー違反の報告

特定のサードパーティのパートナーがこのポリシーに違反していると思われる場合は、Google までご連絡ください(サードパーティ ポリシー違反の報告)。

個別に返信できない場合がありますが、ご報告内容につきましては、調査のうえ、適切な対応を取らせていただきます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。