祝休日の営業時間を設定する方法

ビジネスを管理

特別イベントなどで短期間だけ営業時間が変わる場合は、祝休日の営業時間を設定すれば通常の営業時間を変える必要はありません。

仕組み

一時的に営業時間を変える場合や、最長 6 日間まで連続休業する場合は、祝休日の時間帯を設定すると便利です。

次のケースでは、必要に応じて祝休日の営業時間を設定できます。

  • 祝休日
  • 特別イベント
  • その他の例外的な状況
公的な祝休日については、通常の営業時間と変わらなくても、念のために祝休日の営業時間を設定することをおすすめします。そうすることで、祝休日の営業時間が正しいものだとユーザーに明示できます。

営業時間に関するその他の変更

重要: ビジネス プロフィールに祝休日の営業時間を表示するには、営業時間の設定で [決まった営業時間で営業している] を指定する必要があります。

祝休日の営業時間を設定する

  1. パソコンで、ビジネス プロフィールの管理に使用している Google アカウントにログインします。
  2. ビジネス プロフィールを見つけるには、Google でお店やサービスの正確な名前を検索します。「マイビジネス」で検索することも可能です。
  3. 画面上部の [プロフィールを編集] 次に [ビジネス情報] をクリックします。
  4. 画面上部の [営業時間] タブをクリックします。
  5. [営業時間] で [祝休日の営業時間] をクリックします。
  6. 祝休日の日付を選択します。
    • 提示された祝休日を確定する場合: [確認] をクリックします。
    • カスタムの日付を指定する場合: [日付を追加] をクリックし、休日とする日付を入力します。
    • 祝休日の営業時間がすでに設定されている日付を指定する場合: その日付までスクロールします。
  7. 営業時間を更新します。
    • 祝休日に営業する場合: その日付の横のチェックボックスをオンにして、[開始時間] と [終了時間] に時刻を入力します。
    • 祝休日に休業する場合: その日付の横のチェックボックスをオフにします。
    • 祝休日の営業時間として複数の時間帯を追加する場合: その他アイコン その他 次に [営業時間を追加 +] をクリックし、営業時間帯を入力します。
    • 祝休日の営業時間を削除する場合:
      • ビジネスを休業する場合: その祝休日の横にある削除アイコン Trash をクリックします。
      • ビジネスを営業する場合: その営業時間の横にあるその他アイコン その他 次に  [削除] Trash をクリックします。
  8. [保存] をクリックします。
祝休日の営業時間を保存すると、[ビジネス情報] の [営業時間] タブの [祝休日の営業時間] に表示されます。
スプレッドシートを使って祝休日の営業時間を設定する
  1. 一括アップロード用のスプレッドシートで、[特別営業時間] 列を見つけます。
  2. 関係する日と特別営業時間を入力します。終日休業する場合は「x」で表します。 
    • 次に例を示します。
      • 24 時間形式: YYYY-MM-DD: HH:MM-HH:MM
      • AM / PM 形式: YYYY-MM-DD: HH:MM AM-HH:MM PM
  3. 保存して、スプレッドシートを読み込みます。指定した日付にのみ特別営業時間が表示されます。

既存のビジネス情報に祝休日の営業時間だけを追加する場合は、スプレッドシートに店舗コードの列と特別営業時間の列だけを含めます。スプレッドシートに空白の列(見出しがあって、その下に情報がまったくない列)を含めると、その列の既存の情報がすべて削除されてしまいます。新しいビジネス情報を追加すると、必須列の見出しがないことを通知するメッセージが表示されます。

ヒント: 複数の営業時間を入力する場合はカンマで区切ります。1 日の営業時間を複数入力する場合は、それぞれの営業時間をカンマで区切って入力します。営業時間の形式についての詳細

  • たとえば、2015 年 12 月 26 日に 2 つの異なる営業時間を設定する場合は、次のようになります。
    2015-11-26: x, 2015-12-25: x, 2015-12-26: 10:00-16:00, 2015-12-26: 17:00-18:00, 2016-1-1: 00:00-00:00
閉店時間が翌日になる場合
重要: 1 つの特別営業時間は 24 時間以内で設定してください。

祝休日の営業時間が深夜 0 時をまたいで翌日の正午(午後 0 時)過ぎまでとなる場合は、営業時間を次のように複数の時間帯に分けます。

  • 1 つは初日が終わる深夜 0 時前までの営業時間帯
  • もう 1 つは翌日の深夜 0 時からの営業時間帯

たとえば、午後 7 時から翌日の午後 5 時まで営業する場合は、次のように入力します。

  • 2015-11-26: 19:00-00:00, 2015-11-27: 00:00-17:00

この場合、祝休日の営業時間が優先されて、翌日の通常の営業時間は表示されなくなります。翌日の通常の営業時間も表示したい場合は、特別営業時間のリストに通常の営業時間を改めて入力してください(次の例を参照)。

  • 2015-11-27: 20:00-22:00
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
99729
false