予約購入を有効にする

Google Play での書籍の販売は一部の国でのみ行われているため、このページで説明されている機能の一部はご利用いただけない場合があります。

予約購入を可能にすると、購入者は発売日より前にその書籍を注文できます(ただし読むことはできません)。発売日に、書籍を予約購入していた購入者に購入代金が請求され、購入者は書籍にアクセスできるようになります。予約購入を有効にすることで、書籍への注目度を高めて販売増加につなげることができます。

予約購入を有効にするための設定

将来の発売日(最長 1 年先まで)を指定し、その他必要なすべての設定を指定し、ファイルを提供すると、書籍の予約購入が可能になります。発売日は、書籍の [メタデータ] または [書籍情報] のタブか、スプレッドシートを使って指定できます。

この設定によって Google ブックスでの書籍のプレビュー機能が変更されることはありません。

注: 販売日前に書籍のプレビュー機能を変更する手順は、ご利用のパートナー センターのバージョンによって異なります。

以前のバージョン

  1. パートナー センターにログインします。
  2. 左側の [書籍カタログ] をクリックします。
  3. 変更する書籍の名前をクリックします。
  4. 右上の [設定] をクリックします。
  5. [発売日前のプレビュー不可] チェックボックスをオンにします。

新しいバージョン

  1. パートナー センターにログインします。
  2. 左側の [書籍カタログ] をクリックします。
  3. 変更する書籍の名前をクリックします。
  4. 左側で [書籍情報] 次に [設定] 次に [詳細設定を表示] をクリックします。
  5. [発売日前のプレビューを許可しますか] の下で [いいえ] をクリックします。
     

書籍によって処理時間が異なることなどの要因により、一定の期間内に予約購入販売を開始できるとは保証いたしかねます。書籍はできる限り早く Google にご提供いただくことをおすすめいたします。.pdf ファイルや .epub ファイルは処理に最長で 48 時間かかることもありますので、余裕を持ってご準備ください。

注: 購入者が予約購入した後に、書籍の価格が変更される場合、購入者にはその電子書籍の配信時に、2 つの価格の安いほうが請求されることになります。

アカウント内と Google Play での予約購入ステータス

書籍が予約購入可能になると、書籍カタログでステータスが [Google Play に掲載] となり、スプレッドシートと書籍の [概要] タブに [Google Play で予約購入可能] と表示されるようになります。Google Play でこの書籍を閲覧すると、価格とともに [予約購入] ボタンが表示されます。なお、購入を予定している人が、書籍のサンプルを発売日より前に読めるようになることはありません。

Google Play 販売レポートでは予約購入についても記録され、予約購入の注文、配信、キャンセルを確認できます。予約購入の場合、発売日まで購入者には請求が行われないため、書籍が購入者に配信されるまで、予約購入による販売は販売概要レポートや収益レポートに表示されません。現在 Google では、予約購入のレポートや分析情報をアカウント内で直接確認できる機能を提供できるよう取り組んでおります。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。