ウェブサイトでの同意モード

同意モードでは、ユーザーの同意の管理に記載されているように、同意管理プラットフォーム(CMP)またはカスタム実装と連携してユーザーの同意を取得します。また、同意に関するユーザーの選択に応じて、アナリティクス、Google 広告、第三者タグ(Cookie の作成または読み取りを実施)の動作を動的に調整できます。

同意モードを使用すると、ユーザーのプライバシーに関する選択を尊重しながら、ビジネス目標に合わせて最適化できます。ユーザーの同意を得られない場合、Cookie は保存されず、代わりにタグを介してシグナル(または ping)が Google に送信されます。Google アナリティクス 4 を使用している場合は、コンバージョン モデルを使ってデータ収集のギャップが解消されます。

同意モードを有効にする別の方法として、IAB ヨーロッパの「透明性と同意に関するフレームワーク(TCF)」があります。

同意モードのサポートが組み込まれたタグ

次のサービスの Google タグには、同意チェック機能が組み込まれており、同意ステータスに基づいて動作が調整されます。

  • Google アナリティクス
  • Google 広告*
  • Floodlight
  • コンバージョン リンカー

*Google 広告コンバージョン トラッキング タグとリマーケティング タグを含みます。現時点では通話コンバージョンはサポートしていません。

同意チェック機能が組み込まれていないタグを作成した場合は、タグ マネージャーのタグの設定([詳細設定] > [同意設定])でチェック機能を追加できます。詳細

同意ステータスとタグの動作

同意モードを有効にすると、Google の測定サービスでは、ユーザーがアクセスしたすべてのページでユーザーの同意モードのステータスが維持されます。同意が得られなかった場合、起動したタグは Cookie の保存を行わず、ユーザーのアクションに関する最小限の情報のみを伝えます。その後、Cookie のない ping(またはシグナル)を Google サーバーに送信して、同意ステータスとユーザーのアクションをトラッキングします。

  • 同意ステータスの ping(Google 広告タグと Floodlight タグ): 設定したデフォルトの同意ステータスと、ユーザーが同意タイプ(例: 「ad_storage」、「analytics_storage」)ごとに同意を許可または拒否した際に更新されたステータスを伝えます。同意ステータスの ping は、同意モードが有効になっている各ページにユーザーがアクセスすると送信されます。また、同意ステータスが「拒否」から「許可」に変更された場合(ユーザーが同意ダイアログで同意した場合など)にも一部のタグに対して送信されます。
  • コンバージョンの ping: コンバージョンが発生したことを示します。
  • Google アナリティクスの ping: Google アナリティクスが実装されているウェブサイトの各ページから、読み込み時、およびイベントがログに記録されるときに送信されます。

上記の ping に含まれる情報には次のようなものがあります。

  • 機能に関する情報(ブラウザによってパッシブに追加されるヘッダーなど):
    • タイムスタンプ
    • ユーザー エージェント(ウェブのみ)
    • 参照 URL
  • 集計情報 / 個人が特定されない情報:
    • 現在のページまたはユーザーがサイト訪問中にアクセスした過去のページの URL に広告クリック情報(GCLID / DCLID)が含まれていたかどうか
    • 同意状況に関するブール値情報
    • 各ページ読み込み時に生成される乱数
    • サイト所有者が使用する同意プラットフォームに関する情報(デベロッパー ID など)

同意モードの動作

さらに、同意 ping とコンバージョン ping には、同意設定の状態とタグの設定に応じて、次のような動作が含まれることがあります。

デフォルトの動作は、すべてのオプションで同意が得られている場合の動作と同様です。

ad_storage='granted' および analytics_storage='granted'

ウェブ

モバイルアプリ

  • 広告に関連付けられている Cookie の読み取りと書き込みが行われる場合があります。
  • IP アドレスが収集されます。
  • URL パラメータ内の広告クリックに関する情報(GCLID または DCLID など)を含む、ウェブページの完全な URL が収集されます。
  • その時点までに google.com と doubleclick.net に設定されたサードパーティのウェブ Cookie と、ファーストパーティのコンバージョン Cookie(_gcl_* など)が使用されることがあります。
  • 広告識別子(広告 ID や IDFA など)が収集される可能性があります。
  • Firebase 向け Google アナリティクス SDK によって生成されたアプリ インスタンス ID が収集されます。

オプションのいずれかで同意が得られなかった場合には、次のような動作も考慮する必要があります。

ad_storage='denied'

ウェブ

モバイルアプリ

  • 広告に関連する新しい Cookie は書き込まれません。
  • 既存のファーストパーティの広告 Cookie は読み取られません。
  • 以前に設定されたサードパーティの Cookie がリクエスト ヘッダーで送信されないようにするため、リクエストは別のドメインを経由して送信されます。
  • Google アナリティクスで、Google 広告の Cookie の読み取りや書き込みは行われません。また、Google シグナルの機能で、そうしたトラフィックのデータは蓄積されません。
  • URL パラメータ内の広告クリックに関する情報(GCLID または DCLID など)を含む、ページの完全な URL が収集されます。広告クリック情報は、トラフィックを正確に測定する目的にのみ使用されます。
  • IP アドレスは IP アドレスの国を取得するために使用されます。ただし、Google 広告システムと Floodlight システムのログには記録されず、収集が完了すると削除されます。注: Google アナリティクスでは、通常のインターネット通信の一環として IP アドレスを収集します。詳しくは、Google アナリティクスでの IP 匿名化をご覧ください。
  • 広告 ID、IDFA、IDFV は収集されません。
  • Google シグナルの機能では、このトラフィックのデータは蓄積されません。
  • IP アドレスは IP アドレスの国を取得するために使用されます。ただし、Google 広告システムと Floodlight システムのログには記録されず、収集が完了すると削除されます。注: Google アナリティクスでは、通常のインターネット通信の一環として IP アドレスを収集します。詳しくは、Google アナリティクスでの IP 匿名化をご覧ください。

ad_storage='denied' および ads_data_redaction='true'

ウェブ

  • 広告に関連する新しい Cookie は書き込まれません。
  • 既存の広告 Cookie は読み取られません。
  • 以前に設定されたサードパーティの Cookie がリクエスト ヘッダーで送信されないようにするため、リクエストは別のドメインを経由して送信されます。
  • Google アナリティクスで、Google 広告の Cookie の読み取りや書き込みは行われません。また、Google シグナルの機能で、そうしたトラフィックのデータは蓄積されません。
  • 同意状況に含まれる広告クリックの ID(GCLID と DCLID)およびコンバージョン ping は除去されます。
  • IP アドレスの国の取得に使用された IP アドレス。ただし、Google 広告システムと Floodlight システムのログには記録されず、収集が完了すると削除されます。注: Google アナリティクスでは、通常のインターネット通信の一環として IP アドレスを収集します。詳しくは、Google アナリティクスでの IP 匿名化をご覧ください。
  • 広告クリックの ID が含まれるページの URL は削除されます。

analytics_storage='denied'

ウェブ

モバイルアプリ

  • ファーストパーティのアナリティクス Cookie の読み取りおよび書き込みは行われません。
  • Cookie のない ping が、今後の測定用に Google アナリティクスへ送信され、Google アナリティクス 4 のモデリングに使用されます。
  • Google オプティマイズは、この設定による影響を受けません。
  • デバイス ID またはユーザー ID のないイベントが、今後の測定用に Google アナリティクスへ送信され、Google アナリティクス 4 のモデリングに使用されます。

ウェブ、モバイルアプリ

この記事では、同意モードの基本知識をご紹介します。同意モードには、さまざまな追加機能(特定の地域に限定される動作、保存済みの情報を削除する機能、同意を得られなかった際に URL で情報を受け渡す機能など)も用意されています。同意モードと追加機能の使い方について詳しくは、以下をご覧ください。

同意モードの有効化

Google タグ マネージャーを使用している場合は、テンプレート(通常は CMP プロバイダが作成しています)を使用して同意モードを有効にする必要があります。タグ マネージャーを使用していない場合は、代わりに「gtag.js」コードまたはカスタム HTML タグを作成できます。ただし、各ページにコードを手動で追加する必要があるため、作業が煩雑になり、正しく実装して保持するのが難しい可能性があります。

いずれの方法を使用した場合でも、同意モードを有効にしたら、以下のベスト プラクティスを実践してください。

  • 初期同意ステータスには、組織が決めたデフォルト値を設定します。デフォルトの同意ステータスは、ユーザーがウェブサイトでページを初めて表示したときに適用されます。
  • 同意ダイアログがユーザーに表示される前にページタグが読み込まれるように実装します。
  • ユーザーの同意の有無にかかわらず、Google のタグが必ず読み込まれるようにしてください。同意が得られなかった場合は、Cookie のない ping が Google に送信されます。Google アナリティクス 4 を使用しているプロパティの場合、Cookie のない ping を使用すると、モデリングの精度が向上します。
  • 同意を取得するメカニズムは、できるだけ早い段階でユーザーに表示し、ユーザーが選択した時点で同意ステータスを更新する必要があります。
  • ウェブサイトのタグで使用されているストレージの種類ごとに、ユーザーが同意の拒否または許可を選択できるようにします。こうすることで、アナリティクス Cookie は許可するが広告 Cookie は拒否といった場合にも対応できます。
  • 現在のプライバシー法は地域固有のものであるため、すべてのユーザーではなく、特定の地域に適用するようにデフォルトの同意ステータスを設定することをおすすめします。特に、デフォルトの同意ステータスを「拒否」に設定する必要がある場合は、該当する地域のユーザーにのみ「拒否」を適用することで、それ以外の地域で正確な測定ができなくなる状況を回避できます。
特定の地域に対してデフォルトの同意ステータスを設定する際、同意を取得するメカニズムは、カスタムまたは CMP のいずれの場合でも、該当する地域のユーザーが同意ステータスを更新できるようなものにする必要があります。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
69256
false
false