この記事では、Google アナリティクス 4 プロパティについて説明します。ユニバーサル アナリティクス プロパティを使用している場合は、ユニバーサル アナリティクスのセクションをご覧ください。ユニバーサル アナリティクスは、2023 年 7 月 1 日(アナリティクス 360 プロパティの場合は 2023 年 10 月 1 日)をもってデータ処理が停止されます。

[GA4] 収益化レポート

ウェブサイトまたはアプリで得られた収益を確認する

収益化レポートでは、ウェブサイトまたはアプリのアイテム、広告、サブスクリプションから得た収益を確認できます。また、販売している各商品を閲覧したユーザーの数、アプリ内の広告の表示回数など、ビジネスに収益をもたらした要素に関するさまざまなデータも確認できます。

収益化レポートにアクセスする

収益化レポートにアクセスするには、左側のナビゲーションで [レポート] > [収益化] をクリックします。トピックが表示されない場合は、管理者がナビゲーションからトピックを削除した可能性があります。

収益化の概要

収益化の概要レポートには、その他のレポートに掲載されているすべてのデータ(e コマース購入、アプリ内購入など)の概要が表示されるため、サイトとアプリにおける収益化の全体的な状況を把握できます。

e コマース購入

e コマース購入レポートでは、販売しているアイテムから得られた収益と、それらのアイテムに対してユーザーがとった行動を測定できます。

e コマースデータを収集して e コマースのディメンションと指標に入力する方法については、以下をご覧ください。

e コマース購入レポートに e コマースデータを表示するには、各 e コマース イベントの必須パラメータを含める必要があります。必須パラメータとオプション パラメータに加えて、カスタム パラメータを送信することもできますが、Google アナリティクスの e コマース購入レポートにはカスタム パラメータ値は表示されません。

アプリ内購入

アプリ内購入レポートでは、アプリ内購入による収益を商品 ID ごとに測定できます。このレポートは、in_app_purchase イベントと subscription イベントが送信されると、アナリティクスで生成されます。この 2 つのイベントは、次のいずれかの操作を行うと、自動的に送信されます。

: 商品 ID とは、ユーザーが購入できる各アイテムに付与される一意の識別子のことです。アプリ内購入レポートには商品 ID 別の収益が表示されるため、最も収益を上げている商品を特定できます。

パブリッシャー広告

パブリッシャー広告レポートでは、モバイルアプリの広告から得た収益を広告ユニットごとに測定できます。なお、現在のところ、ウェブサイトの広告から得た収益はレポートに表示されません。レポートで広告収益を表示するには、広告収入の測定を設定する必要があります。

アナリティクスを AdMob と組み合わせて使用すると、広告収入が自動的に測定されます。アナリティクスを MoPub や ironSource などの広告収益化プラットフォームと組み合わせて使用すると、ad_impression イベントを送信することでインプレッション単位の収益データを確認できます。

: 広告ユニットとは、広告アカウント内の各広告に付与される一意の識別子のことです。パブリッシャー広告レポートには、広告ユニットごとの広告収益が表示されるため、最も収益の高い広告を特定できます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
69256
false