この記事では、Google アナリティクス 4 プロパティについて説明します。ユニバーサル アナリティクス プロパティを使用している場合は、ヘルプセンターのユニバーサル アナリティクスのセクションをご覧ください。

[GA4] Google アナリティクスのデータを使ったリマーケティングを有効にする

リマーケティングについて

リマーケティングでは、アプリまたはサイトでの過去の行動に応じて、ユーザーの再エンゲージメントを図ることができます。特定の行動(例: ステージ 9 に到達)を完了したユーザーを専用のオーディエンスに登録することにより、その行動を踏まえた広告を表示することが可能です。

Google アナリティクス 4 プロパティでは、ディメンション、指標、イベントを自由に組み合わせてオーディエンスを作成できます(例: in_app_purchase events イベントを発生させた Android ユーザー)。

また、次の 2 種類のオーディエンスが自動的に作成されます。

  • 購入者: アプリの購入、アプリ内購入、またはウェブサイトでの購入を行ったユーザー
  • すべてのユーザー: アプリをインストールしたユーザー、またはウェブサイトでセッションを開始したユーザー

アナリティクスを Google 広告アカウントにリンクして、パーソナライズド広告を有効にすると、アナリティクスで作成するオーディエンスはすべて自動的にそれらのアカウントにエクスポートされ、Google 検索ネットワーク、Google ディスプレイ ネットワーク、YouTube でリマーケティングに使用できるようになります。

データにユーザー ID が含まれる場合、作成したオーディエンスに追加されるのは、それらの ID と関連付けられたユーザーのみです。ユーザー ID に基づくオーディエンスを、リンク先の Google 広告アカウントにエクスポートした場合、そのオーディエンスにはユーザー ID が最後に検出されたデバイスだけが反映され、それらのデバイスのみがパーソナライズド広告の対象となります。

Google 広告リマーケティングを有効にする

Google アナリティクス 4 プロパティで作成したアナリティクスのオーディエンスに基づいて、Google 広告でリマーケティングとリストを有効にするには:

Google アナリティクス 4 プロパティを Google 広告クライアント センター(MCC)アカウントにリンクした場合、その MCC アカウントのすべての子アカウントにも、アナリティクス側のオーディエンスへのアクセス権が与えられます。

アナリティクスと Google 広告のリンクを解除すると、アナリティクスのオーディエンスに基づくリマーケティング リストをターゲットとする広告グループの掲載が停止されます。

オーディエンスの設定は、アナリティクスのプロパティ内で管理されます。Google 広告ユーザーは、リマーケティング リストのベースとなるオーディエンスに変更を加えることはできません。

詳細: Google アナリティクス 4 / Firebase のデータを使った Google 広告リマーケティングについて

Google 広告の動的リマーケティングを設定する

ウェブサイトを訪れたユーザー向けの動的リマーケティングは、Google アナリティクス 4 プロパティではまだご利用いただけません。

動的リマーケティングでは、アプリのユーザーに対して、そのユーザーが閲覧した商品やサービスに関連する広告を表示できます。アプリに動的リマーケティングを設定するには、次の 3 つのステップが必要です。

  1. 上記の手順に沿って Google 広告リマーケティングを有効にします。
  2. 業種に適したイベントを実装します。
  3. Google 広告アカウントとアナリティクス アカウントをリンクします。(注: アナリティクスと Google 広告の両方のコンバージョン イベント データを共有する必要があります)。
  4. アプリによるアトリビューション イベントの送信方法を設定します。

広告のパーソナライズ設定

Google アナリティクス 4 プロパティから収集したデータに基づく広告のパーソナライズは、いつでも無効にできます。詳細

関連資料

サイトやアプリを利用したことがあるユーザーに Google 広告リマーケティングでアプローチする

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
69256
false