イベント: 小売と e コマース

この記事では、小売と e コマースのアプリで推奨されるイベントを紹介します。これらのイベントをウェブサイトに実装する方法については、デベロッパー向けドキュメントをご覧ください。

小売と e コマースのアプリでは、この記事の一覧にあるイベントに加えてすべてのアプリのイベントもログに記録する必要があります。イベントとともに指定されたパラメータも記録することで、レポートには詳しい情報が表示されるようになります。また、Firebase に新しい機能が追加されたときにアプリと統合して活用することもできます。
イベント トリガー パラメータ
add_payment_info ユーザーがお支払い情報を送信したとき coupon、currency、items、payment_type、value
add_shipping_info ユーザーが配送情報を送信したとき coupon、currency、items、shipping_tier、value
add_to_cart ユーザーがカートに商品を追加したとき currency、items、value
add_to_wishlist ユーザーがほしいものリストに商品を追加したとき currency、items、value
begin_checkout ユーザーが購入手続きを開始したとき coupon、currency、items、value
generate_lead ユーザーが問い合わせフォームまたはリクエストを送信したとき value、currency
purchase ユーザーが購入手続きを完了したとき affiliation、coupon、currency、items、transaction_id、shipping、tax、value
refund 払い戻しが行われたとき affiliation、coupon、currency、items、transaction_id、shipping、tax、value
remove_from_cart ユーザーがカートから商品を削除したとき currency、items、value
select_item リストから商品が選択されたとき items、item_list_name、item_list_id
select_promotion ユーザーがプロモーションを選択したとき items、promotion_id、promotion_name、creative_name、creative_slot、location_id
view_cart ユーザーがカートを表示したとき currency、items、value
view_item ユーザーが商品を表示したとき currency、items、value
view_item_list ユーザーが商品やサービスの一覧を表示したとき items、item_list_name、item_list_id
view_promotion ユーザーにプロモーションが表示されたとき items、promotion_id、promotion_name、creative_name、creative_slot、location_id

 

SDK を Android 17.2.5 以降または iOS 16.20.0 以降に更新する場合の考慮事項:

いずれかの OS で以前のバージョンの SDK を使用していて、Android 17.2.5 以降または iOS 16.20.0 以降にアップグレードする場合は、次の点を考慮してください。

  • アップグレードすると、それ以降にアクセスできるのは繰り返し項目配列内の商品データのみです。これらの SDK バージョンより前の商品データには、標準イベント パラメータを使用できなくなります。
  • この変更は、複数商品の分析に対応できるようにするために行われました。
  • そのため、商品データへの参照を調整することが必要になる場合があります。

このアップグレードにより、BigQuery のスキーマ形式も変更されます。商品データが繰り返しフィールドに表示されるようになるため、1 つのイベント内で複数の商品を分析することが可能になります。このアップグレードを行う際、商品データのフィールドを参照するすべてのクエリを調整する必要があります。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。