検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

キャンペーンとトラフィック ソース

 

この記事の内容:

概要

サイトやアプリを利用するユーザーは、キャンペーン、検索エンジン、ソーシャル ネットワークといったさまざまな参照元からアクセスします。この記事では、アナリティクスでキャンペーンとトラフィック ソースのデータが収集、処理、レポートされる仕組みを説明します。

トラフィックに予期せぬ変動や矛盾が見られる場合は、こちらのトラブルシューティングを利用して問題を特定し、解決してください。

 

キャンペーンとトラフィック ソースについて

アナリティクスでは、プロパティにユーザーを送り込んでいるキャンペーン、検索エンジン、ソーシャル ネットワークなどの参照元をまとめて、キャンペーンとトラフィック ソースと呼びます。キャンペーンとトラフィック ソースのデータは、アナリティクスに送られてレポートに表示されるまでに、次のステップで処理されます。

  • 収集 – SDK やトラッキング コードにより、キャンペーンとトラフィック ソースのフィールドを使って Google アナリティクスに値が送信されます。
  • 処理 - 処理の仕組みに基づき、収集された値を使用して最終的なレポートのディメンションが入力されます。
  • レポート – 管理画面と Reporting API で、キャンペーンとトラフィック ソースに関するディメンションと指標が利用可能になります。

収集、処理、レポート作成の仕組みはカスタマイズできます。

収集

アナリティクスの SDK とトラッキング コードでは、キャンペーンとトラフィック ソースのデータを送信する際に次のフィールドを使用します。

フィールド名 プロトコル パラメータ フィールドの説明 値の例
キャンペーンのソース &cs レポートの参照元ディメンションを設定します。 email_promo
キャンペーンのメディア &cm レポートのメディア ディメンションを設定します。 email
キャンペーン名 &cn レポートのキャンペーン名ディメンションを設定します。 january_boots_promo
キャンペーンのコンテンツ &cc レポートのコンテンツ ディメンションを設定します。 email_variation1
キャンペーンのキーワード &ck レポートのキーワード ディメンションを設定します。 winter%20boots
ドキュメントの場所 &dl カスタム キャンペーン(utm)パラメータが埋め込まれている場合に、ディメンションを設定します。 http://store.example.com/boots?utm_source=promo_email &utm_medium=email&utm_campaign=january_promo &utm_content=copy_variation1
ドキュメント参照 &dr 参照元を表します。他のキャンペーンやトラフィック ソースのフィールドを設定していない場合は、このフィールドでディメンションを設定できます。 http://blog.blogger.com/boots

なお、個々のセッションの参照元として割り当てることができるのは、1 つのキャンペーンかトラフィック ソースに限られます。このため、データの収集段階において既存のセッションの途中で新しいキャンペーンやトラフィック ソースの値がアナリティクスに送られると、その時点で現在のセッションが終了し、新しいセッションが開始されます。

処理

処理段階で、トラフィック ソースとキャンペーンのフィールドの値がディメンションの値として確定され、セッションに割り当てられます。処理の仕組みについては、キャンペーンとトラフィック ソースの処理のフローチャートをご覧ください。

utm_ パラメータの値(ディスプレイ、ソーシャル、参照、メール、有料検索など)を使用する処理には、次のルールが適用されます。

  • 参照元の優先順位 - 有料参照元からの訪問の後にノーリファラーの訪問があった場合でも、既存の有料キャンペーンは上書きされません。有料キャンペーンの訪問が、いつでも訪問の参照として表示されます。
  • キャンペーンの優先順位 - 異なる有料参照元(有料検索エンジンのリンク、AdWords のリンク、バナー広告など)からサイトに訪問すると、以前の参照元で設定されたキャンペーンの Cookie 情報が上書きされます。
  • セッションあたり 1 つのキャンペーン - 異なるキャンペーン(オーガニックまたは有料)からサイトに訪問すると、現在のセッションでの経過時間に関係なく、新しいセッションが開始されます。具体的には、一部のキャンペーン URL パラメータ(utm_sourceutm_mediumutm_termutm_contentutm_idutm_campaigngclid)のいずれかの値が変化すると新しいセッションが開始されます。セッションについて詳しくは、アナリティクスでのセッション数の算出方法をご覧ください。

カスタム キャンペーンの処理

ドキュメントの場所フィールドにカスタム キャンペーン パラメータが埋め込まれている場合や、キャンペーンの参照元フィールドが設定されている場合、セッションはカスタム キャンペーンとして処理されます。カスタム キャンペーンの処理の際には、カスタム キャンペーン パラメータの値が、そのままレポートの対応するディメンションの値にマッピングされます。

たとえば、ドキュメントの場所フィールドに次の値があったとします。

&dl=http://store.example.com/boots
?utm_source=promo_email
&utm_medium=email
&utm_campaign=january_promo
&utm_content=copy_variation1
 

この値は、最終的に次のようなディメンションの値として処理されます。

source=promo_email
medium=email
campaign=january_promo
content=copy_variation1

有料検索エンジンからの参照の処理

広告のリンク先 URL でカスタム キャンペーン パラメータか AdWords や DoubleClick のクリック ID が使用され、その値がドキュメントの場所フィールド経由でアナリティクスに送られた場合、セッションは有料検索からの参照として処理されます。

AdWords の自動タグ設定が機能しているかどうかを確認する方法については、こちらの記事をご覧ください。

カスタム キャンペーン パラメータやクリック ID が使われていない場合、セッションはオーガニック検索からの参照として処理されます。

検索エンジン(オーガニック)からの参照の処理

検索エンジンからの参照データは、ドキュメント参照フィールドのホスト名およびクエリ パラメータと、既知の検索エンジンのリストおよびそのクエリ パラメータを比較して処理されます。具体的には、ドキュメント参照の値のホスト名とクエリ パラメータの両方と最初に一致した既知の検索エンジンを使用して、レポートのディメンション値が設定されます。

デフォルトの検索エンジンのリストについては、こちらの記事をご覧ください。

デフォルトのリストには、カスタマイズした検索エンジンを追加できます。

Google 検索のほとんどは HTTPS を使って行われ、キーワード ディメンションには「(not provided)」が自動的に設定されます。

ソーシャル ネットワークからの参照の処理

ソーシャル ネットワークからの参照データは、ドキュメント参照フィールドに設定されたホスト名と既知のソーシャル ネットワークのリストを比較して処理されます。具体的には、ホスト名と同じ文字列を含む、リスト内の最初のソーシャル ネットワークを使用して、レポートの参照元ディメンションが設定されます。

ノーリファラーの処理

参照ソースに関する情報が何もない場合や、参照ソースや検索語句を無視するように設定されている場合、セッションはノーリファラーとして処理されます。詳しくは、参照 URL と検索語句の除外に関する説明をご覧ください。

レポート

データの処理が完了すると、キャンペーンとトラフィック ソースに関する次のディメンションと指標がレポートに表示されます。

ディメンション

管理画面 Core Reporting API 説明
参照元 ga:sourcej プロパティの参照元です。
メディア ga:medium プロパティの参照元の種類です(emailcpc など)。
キャンペーン ga:campaign プロパティにユーザーを送り込んだマーケティング キャンペーンの名前です。
広告のコンテンツ ga:adContent プロパティにユーザーを送り込んだ広告やプロモーションの説明です。
キーワード ga:keyword プロパティへのアクセスにつながった検索キーワード(検索語句)です。
ソーシャル ネットワーク ga:socialNetwork プロパティにユーザーを送り込んだ参照元ソーシャル ネットワークの名前です。
参照 URL ga:referralPath 参照 URL のパスです(ドキュメント参照フィールドの値など)。
ソーシャル メディアからの参照 ga:hasSocialSourceReferral ソーシャル ネットワークからの参照で始まったセッションかどうかを示します。値は「Yes」か「No」のどちらかです。

指標

管理画面 Core Reporting API 説明
オーガニック検索数 ga:organicSearches セッション内で発生したオーガニック検索の回数です。この指標は検索エンジンの種類を問いません。

AdWords や DoubleClick のキャンペーンの場合は、AdWords や DoubleClick のクリック ID が自動的に設定されるフィールドや、手動で費用データをインポートするフィールドも追加で利用できます。

高度な設定

次の高度な設定は、プロパティ単位で利用できます。

キャンペーンのタイムアウト

キャンペーンのタイムアウトは、ユニーク ユーザーにキャンペーンやトラフィック ソースを関連付けておく期間を指定するものです。

詳しくは、キャンペーンのタイムアウトの設定方法をご覧ください。

注: キャンペーンやトラフィック ソースに関するユーザーの既存データは、タイムアウトの設定に関わらず、新しいキャンペーンやトラフィック ソースのデータが受信されると上書きされます。

オーガニック検索のカスタムソース

オーガニック検索のカスタムソースはプロパティ単位で設定できます。カスタムソースは、検索ソースのデフォルトのリストに追加する形で設定します。詳しくは、オーガニック検索ソースのカスタマイズ方法をご覧ください。

参照 URL と検索語句の除外

特定の参照元やオーガニック検索の特定の語句やフレーズをレポートから除外するには、プロパティ単位で除外設定を行います。

ウェブサイトにおける「自己参照」の測定(セッションの参照元がご自身の所有ドメインとなるケース)を回避するには、除外する参照元として測定対象のホスト名を指定し、決済処理に第三者のサービスを使用している場合は、そのホスト名も指定します。詳しくは、参照 URL の除外検索語句の除外の方法についてご覧ください。

処理のフローチャート

次のフローチャートは、1 回のヒットでアナリティクスに送信されるキャンペーンやトラフィック ソースのパラメータに基づいて、ディメンション値が決定される流れを示しています。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。