地域データのインポート例

販売地域のデータをインポートする方法を学ぶ。

地域データをインポートすると、ビジネスニーズに合わせて独自の地域区分ごとにデータを整理することができます。

この記事の内容:

シナリオ

いくつかの販売地域で営業している会社について考えてみましょう。この会社の販売地域は、東部、中部、西部です。Google アナリティクスは、デフォルトでは既定地域についてのみのレポートを作成します。データ インポートで地域タイプを使用することにより、ビジネスで使用する特定の地域をアナリティクスのデフォルト地域にマッピングできます。その後、データをこれらのカスタムな販売地域ごとに構成して表示することができます。

ステップ 1: インポートするデータを決定する

担当者は、データを、東部、中部、西部という 3 つの販売地域にグループ分けして表示したいと思っています。この例では、地域は州単位で定義します。以下は米国の州の区分け例です。

販売地域の例
販売地域
カルフォルニア 西部
ネバダ 西部
ニューヨーク 東部
コネチカット 東部
イリノイ 中部
... ...

 

ステップ 2: データを地域 ID ディメンションに割り当てる

Google アナリティクスには 5 つの地域 ID ディメンションがあり、それぞれが異なる地域階層レベルに属します。このステップでは、対象となるビジネスデータがどのレベルにあるかを特定し、そのビジネスデータを階層レベルで対応する地域 ID にマッピングする必要があります。

この例では、カリフォルニア州を西部の販売地域にマッピングします。手順は次のとおりです。

  • 州は、地域階層(geographical hierarchy)の地域(region)レベルにあります。
  • 地域は、地域 ID ディメンション ga:regionId に対応します。
  • Geographical Criteria ID の表では、カリフォルニア州の Criteria ID は 21137 です。
  • この販売地域の表では、西部地域を ga:regionId 21137 にマッピングします。
  • ネバダ州は同じく西部の販売地域なので、同じ要領で、ネバダの Criteria ID の 20166 をマッピングに追加します。

すべての地域のマッピングが完了すると、表は以下のようになります。

地域マッピングの例
ga:regionId 販売地域
21137 西部 カルフォルニア
21166 西部 ネバダ
21167 東部 ニューヨーク
21139 東部 コネチカット
21147 中部 イリノイ
... ... ...

 

ステップ 3: カスタム ディメンションを作成する

販売地域は Google アナリティクスのディメンションには存在しないため、これをカスタム ディメンションとして作成する必要があります。このカスタム ディメンションに「販売地域」という名前を付けて、スコープをセッションに設定します。

: 地域ディメンションにマッピングするすべてのカスタム ディメンションは、セッション スコープのディメンションとして設定してください。

カスタム ディメンションの作成方法

カスタム ディメンションやカスタム指標を作成、編集するには、プロパティ レベルでの編集権限が必要です。

  1. Google アナリティクスにログインします。
  2. プロパティに移動します
  3. [プロパティ] 列で、[カスタム定義]、[カスタム ディメンション] の順にクリックします。
  4. [+ 新しいカスタム ディメンション] をクリックします。
  5. [名前] を入力します。どのような文字列でも指定できますが、レポート内の他のディメンションや指標と区別しやすいように重複しない名前を指定してください。
  6. [スコープ] をセッションに設定します。Google アナリティクス デベロッパー ガイドで、スコープの詳細と、カスタム ディメンションが処理される方法について確認してください。

  7. [アクティブ] をオンにするとデータの収集が開始され、まもなくレポートにディメンションが表示されます。作成したディメンションを非アクティブ状態にする場合は、このチェック ボックスをオフにしてください。
  8. [作成] をクリックします。

カスタム ディメンションの詳細

 

ステップ 4: データセットを作成する

データセットはインポートしたデータを保持する入れ物です。販売地域への Criteria ID のマッピングを保存するために、以下の例に従って新しい地域データセットを作成します。

データセットを作成する方法は次のとおりです。

データセットを作成、編集するには、プロパティ レベルでの編集権限が必要です。

  1. Google アナリティクスにログインします。
  2. プロパティに移動します
  3. [プロパティ] 列で [データのインポート] をクリックします。
  4. [+ 新しいデータセット] をクリックします。
  5. タイプとして [地域データ] を選択します。
  6. [名前] に「販売地域」と入力します。
  7. データを表示するビューを 1 つ以上選択します。
  8. 以下の例をモデルとして使用してスキーマを定義します。
  9. [完了] をクリックします。

 

スキーマの例

地域データセットでは、4 つの地域 ID ディメンションの 1 つを選ぶことができます。また、インポートするデータのディメンションを少なくとも 1 つ指定する必要があります。この例では、次を選択します。

  • キー: ga:regionId
  • インポートしたデータ: 販売地域(前のステップで作成したカスタム ディメンション)
  • ヒット データの上書き: はい

アップロード ファイルのヘッダーを取得する

次のステップに進む前に、アップロード ファイルのヘッダーとして使用するデータセット スキーマを取得します。

[スキーマの取得] をクリックします。

次のような文字列が表示されます。

CSV ヘッダー

ga:regionId,ga:dimension23

カスタム ディメンションは、ここで示されるものとは異なる内部名を持つ場合がほとんどです。

このヘッダーは、アップロードする CSV ファイルの 1 行目として使用してください。これを直接 CSV ファイルにコピーして貼り付けたり、[スキーマのテンプレートをダウンロード] をクリックしてスプレッドシートで開くことができます。

 

ステップ 5: アップロード ファイルを作成する

CSV(カンマ区切り形式)ファイルをインポートして、Google アナリティクスにデータをアップロードします。ここでアップロードされるデータは、ステップ 2 で定義した表に基づくものですが、アップロード ファイルの形式を設定するで説明されているように特定の方法でフォーマットする必要があります。

スプレッドシートを作成し、CSV 形式でエクスポートする

アップロードしたいデータ(販売地域など)と、収集したヒットにそのデータを結合するキー値を含むスプレッドシートを作成します。スプレッドシートの最初の(ヘッダー)行は、内部ディメンション名(「地域 ID」ではなく ga:regionId、「販売地域」ではなく ga:dimension23 など)を使用する必要があります。こうした内部名は、ステップ 4 に記載されているように、スキーマ テンプレートをダウンロードすることにより取得できます。スプレッドシートのそれ以外の部分には、各列に対応するデータを含めます。

スプレッドシート データの例
ga:regionId ga:dimension23
21137 西部
21166 西部
21167 東部
21139 東部
21147 中部

スプレッドシートを CSV 形式でエクスポートすると、ファイルは次のようになります。

ga:regionId,ga:dimension23 
21137,West 
21166,West 
21167,East 
21139,East 
21147,Central

 

ステップ 6: データをアップロードする

Google アナリティクスにデータをインポートする場合、管理画面から手動で行う方法と Management API を使用してプログラムで行う方法の 2 つがあります。

手動でアップロードする
  1. Google アナリティクスにログインします。
  2. プロパティに移動します
  3. [プロパティ] 列で [データのインポート] をクリックします。
  4. データセットの表で、[販売地域] データセットの行を探します。
  5. [販売地域] データセットの [アップロードを管理] をクリックします。
  6. [ファイルをアップロード] をクリックしてファイルを選択し、[アップロード] をクリックします。
Management API を使用してアップロードする
  1. Google アナリティクスにログインします。
  2. プロパティに移動します
  3. [プロパティ] 列で [データのインポート] をクリックします。
  4. データセットの表で、[販売地域] データセットの行を探します。
  5. データセット名をクリックします。
  6. [カスタム データ ソース ID を取得] をクリックします。
  7. ID をメモしておいてください(デベロッパー ガイドで説明されているステップで必要になります)。
  8. こちらの手順に従って、Management API 経由でアップロードします。

 

ステップ 7: レポートにデータを表示する

販売地域はカスタム ディメンションなので、標準のレポートには自動的に表示されませんが、セカンダリ ディメンションとして追加することができます。たとえば、[地域] > [地域] レポートで、プライマリ ディメンションとして [国] を選択し、次にセカンダリ ディメンションとして [販売地域] を追加します。カスタム レポートにインポートした地域ディメンションを含めることもできます。

アップロードされたデータは、処理が完了するまでレポートには表示されません。処理が完了してからインポート データが外部からのヒットデータに統合されるようになるまでには、24 時間程度かかることがあります。

 

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。