検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

スマートゴール

最も品質の高いウェブサイトのセッションをコンバージョンとして使用して、AdWords の掲載結果を最適化します。

入札単価、広告、ウェブサイトを最適化するには、AdWords コンバージョン トラッキングまたはインポートした Google アナリティクス e コマース トランザクションを使って、明示的なコンバージョンを測定するのが理想的ですが、まだコンバージョンを測定していない場合は、スマートゴールを設定して、最も品質の高いセッションをコンバージョンとして使用するのが簡単です。その後でスマートゴールを使用して、AdWords の掲載結果を最適化できます。

ここで説明するタスクを行ったり、機能を使用したりするには、ビュー単位の編集権限が必要です。

この記事の内容:

スマートゴールの仕組み

スマートゴールはビュー単位で設定され、ウェブサイトのセッションに関する多数のシグナルを機械学習で分析して、コンバージョンにつながる可能性が高いセッションを識別します。各セッションにはスコアが割り当てられ、最も品質の高いセッションがスマートゴールに変換されます。スマートゴール モデルで分析されるシグナルの例としては、セッション継続時間、セッションあたりの閲覧ページ数、地域、端末、ブラウザがありますリマーケティング スマートリストでは、類似の機械学習で最適なユーザーが特定されます)。

最も品質の高いセッションを識別するために、スマートゴールでは AdWords 由来のサイトへのトラフィックのうち、上位の約 5% を選択することで、しきい値を設定します。設定されたしきい値は、AdWords 以外のチャネルに由来するトラフィックも含めて、すべてのウェブサイトのセッションに適用されます。Google アナリティクスでスマートゴールを有効にすると、AdWords にスマートゴールをインポートできるようになります。

スマートゴールの使用要件

スマートゴールを使用するには、要件を満たし、次の手順を行ってください。

  1. アナリティクスと AdWords のアカウントをリンクします
  2. スマートゴールを設定する前の 30 日間に、リンクした AdWords アカウントから 500 回以上のクリックが、選択した Google アナリティクス ビューに送信されている必要があります。

    過去 30 日間に送信したクリックが 250 回を下回ると、再び 500 回以上になるまでスマートゴールは無効になります。

  3. レポートビューに表示されるセッション数が、30 日間で 1,000 万件を超えてはいけません。
  4. Google アナリティクス アカウントで、[データ共有設定] の [Google のサービス] をオンにします。手順は次のとおりです。
データ共有を有効にする方法
Account settings > Data Sharing options
[データ共有設定] を有効にする

ステップ 1: スマートゴールを有効にする

ビューが有効な場合は、通常の目標設定フローに従って、[スマートゴール] 目標タイプを選択することで、スマートゴールを有効にできます。

スマートゴールを設定する手順
  1. Google アナリティクスにログインします。
  2. [管理] をクリックして、目的のビューに移動します。
  3. [ビュー] 列で [目標] をクリックします。
  4. [+ 新しい目標] をクリックします。
  5. [スマートゴール] を選択します(利用可能な場合)。
  6. スマートゴールの名前を [名前] に入力して、[保存] をクリックします。

これ以外の設定やカスタマイズは不要です(これが「スマートゴール」という名称の由来となっています)。

Goals setup dialog
スマートゴールを設定する
このプロパティで [業種] を選択している場合は、[目標の説明] がここに示す画面と異なる場合があります。異なる部分は無視して [スマートゴール] を選択してください。

ステップ 2: スマートゴールを AdWords にインポートする

スマートゴールを使用して AdWords の掲載結果を最適化するには、はじめに AdWords にスマートゴールをインポートしてください。基本的な手順は次のとおりです。

Google アナリティクスの目標とトランザクションのデータを AdWords にインポートする手順
  1. Google アナリティクスでスマートゴールを有効にした後、AdWords アカウントにログインし、[運用ツール] タブをクリックして、[コンバージョン トラッキング] をクリックします。
  2. 左側のメニューで [アナリティクス] をクリックします。
  3. インポートする目標やトランザクションの横のチェックボックスをオンにして、[続行] をクリックします。
  4. 次のページには、選択したすべての目標やトランザクションに適用される設定が表示されます。必要な設定を行い、[目標をインポート] をクリックします。
  5. [閉じる] をクリックするか、[さらにインポートする] をクリックしてさらに目標をインポートします。

これにより、アナリティクス アカウントのデータが AdWords にインポートされるようになります。ただし、この日より前のデータはインポートされません。

 

詳しくは、Google アナリティクスの目標とトランザクションのデータを AdWords にインポートする方法をご覧ください。

ステップ 3: スマートゴールを使用して AdWords の掲載結果を最適化する

スマートゴールを使用して AdWords の掲載結果を最適化するには、自動化された入札戦略ツールである目標コンバージョン単価制を使用することをおすすめします。また、入札単価を自分で管理する場合は、手動のクリック単価制も使用できます。

スマートゴールを AdWords にインポートしてから、十分なデータが収集されるまで数週間スマートゴールを使用します。次に、スマートゴールで AdWords の掲載結果を最適化するために、達成したスマートゴール数で広告費用を割ります。この値が、コンバージョン単価(CPA)です。AdWords の目標コンバージョン単価を設定できます。

例:

過去 2 週間で、AdWords で 200,000 円の費用がかかり、80 回のスマートゴール コンバージョンがあったとします。この場合、該当期間でのスマートゴールの平均 CPA は 2,500 円になります(200,000 円 / 80 回 = 2,500 円)。これがスマートゴール モデルに基づいて算出された、コンバージョンに至る可能性が高いセッションを獲得するための平均費用となります。
この例では、AdWords の目標コンバージョン単価を 2,500 円に設定します。

スマートゴール レポート

スマートゴールの掲載結果を確認するには、[コンバージョン] > [目標] > [スマートゴール] レポートを使用します。このレポートでは、スマートゴールのトラフィックとその他のトラフィックの違いを確認できます。また、カスタム レポートには [スマートゴールが完了しました] ディメンションも追加できます。

スマートゴール レポートでは、スマートゴールを有効にする前でも、スマートゴールを使用した場合の掲載結果を表示できます(スマートゴールの使用要件を満たしていることを前提とします)。これにより、上記の手順をすべて完了しなくても、スマートゴールの使用にメリットがあるかどうか確認できます。

スマートゴール レポートと [スマートゴールが完了しました] ディメンションは、スマートゴールが有効なビューでのみ使用できます。

スマートゴールの制限事項

スマートゴールには、次のような制限事項があります。

  • スマートゴールを設定したりカスタマイズしたりすることはできません。
  • 1 つのビューに設定できるスマートゴールは 1 つのみです。
  • スマートゴールでは、使用可能な 20 個の目標スロットのうち、1 つが使用されます(他の目標と同様)。
  • 現在のところ、スマートゴールはウェブサイトのビューでのみ利用できます。モバイルアプリのビューでは使用できません。
  • スマートゴールは、1 日に 100 万回を超えるヒットが発生するビューでは使用できません。
  • スマートゴールでは、AdWords のビュースルー コンバージョン(VTC)やデバイスをまたいだコンバージョンを使用できません。

関連資料

 

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。