ユーザーデータについて

外部システムからのユーザーデータを活用して、効果的なユーザーリストを設定します。

アナリティクス以外(CRM システムなど)に保存されているユーザー情報をインポートして、ユーザー セグメントやリマーケティング ユーザーリストを拡張することができます。リピート回数率、最後の購入日、顧客のライフタイム バリューなどのユーザー メタデータをアップロードするには、このインポート タイプを使用します。

この記事の内容:

ユーザーデータのインポートの仕組み

ユーザーデータのインポートを設定するには、ユーザー固有の ID を生成し、それらの ID をトラッキング コードに追加してアナリティクスに送信する必要があります。たとえば、ウェブサイトやアプリの認証サービスからユーザー ID を取得するか、CRM システムから抽出するとします。これらの固有の ID をトラッキング コードに追加して、アナリティクスにヒットとして送信します。送信した固有の ID は、キーとして使用し、ユーザーをアップロードしたデータに関連付けることができます。アップロードしたデータはカスタム ディメンションに保存されます。

アナリティクスでユーザーの ID を保存する方法には次の 2 種類があります。

  • 「User ID」ディメンションを使用する
  • カスタム ディメンションを使用する

User ID とカスタム ディメンション

CRM データと収集されたヒットデータを結合して使用する場合は、カスタム ディメンションを使ってユーザーの ID を保存することをおすすめします。アナリティクスでご利用いただける組み込みの「User ID」ディメンションは、データのインポートではなく、主にクロスデバイスに関するレポートの作成で使用することを目的としたものです。カスタム ディメンションを使用すると、User ID の機能で使用される ID と外部システムで使用される可能性がある ID で、データが重複しないようにすることができます。

ヒットに User ID を設定する方法については、Google 開発者向けドキュメントをご覧ください。

User ID 機能とクロスデバイス レポートの詳細についても確認してください。

個人情報を含まない ID であれば、オフラインのデータソースで保存しているものと同じユーザー ID を使用(アップロードまたはヒットに設定するなど)できます。なお、アナリティクス利用規約では、氏名、社会保障番号、メールアドレス、および類似のデータなどの個人を特定できる情報(PII)をアナリティクスに送信することは禁止されており、アナリティクスをご利用の場合はこの利用規約に準拠していただく必要があります。

分析と対応

ユーザーのメタデータのインポートが完了すると、カスタム レポート、セグメント、リマーケティング ユーザーリストを使用して、そのデータを分析し活用することができます。以下の操作を順番に行う必要があります。

1. カスタム レポートの作成

インポートしたユーザーデータを検証し評価する最も簡単な方法は、カスタム レポートを作成することです。たとえば、以下のステップを実行します。

  1. Google アナリティクスにログインします。
  2. 目的のビューに移動します
  3. [レポート] を開きます。
  4. [カスタム] > [カスタム レポート] を選択します。
  5. [+ 新しいカスタム レポート] をクリックします。
  6. レポートの種類を [フラット テーブル] に変更します。
  7. ユーザーのメタデータ(例: ライフタイム バリュー)を含むカスタム ディメンションを追加します。
  8. ユーザー グループの行動を測定するために使用したい「セッション」やその他の指標を追加します。
  9. [保存] をクリックします。
2. セグメントの作成

対象にしたいユーザーを表すセグメントを作成します。カスタム レポートから次のステップを実行します。

  1. [+ セグメント] をクリックします。
  2. [+ 新しいセグメント] をクリックします。
  3. [詳細条件] をクリックします。
  4. フィルタを [セッション] から [ユーザー] に変更します。
  5. インポートしたユーザーデータを含むカスタム ディメンション(例: ライフタイム バリュー)を選択します。
  6. セグメントに任意のフィルタ、条件、シーケンスを追加します。
  7. [保存] をクリックします。
  8. 満足いくセグメントができるまで、セグメントの条件を繰り返し設定し、カスタム レポートの結果を確認します。
3. リマーケティング ユーザーリストの作成

セグメントを作成したら、そのセグメントを基にしたリマーケティング ユーザーリストを作成します。

  1. 手順に沿ってリマーケティング ユーザーリストを作成します。ユーザーリストを定義する段階に進んだら、[セグメントをインポート] をクリックします。
  2. 上で作成したセグメント(「ライフタイム バリュー」など)を選択します。

次のステップ

リマーケティング ユーザーリストを作成したら、新しい Google 広告キャンペーンを作成して、広告グループにユーザーを追加することができます。詳細については、Google 広告リマーケティング(ヘルプセンター)の記事をご覧ください。

データセットの詳細

データセットはインポートしたデータを保持する入れ物です。このセクションを展開すると、データセットの詳細を確認できます。

データセットの詳細

インポートしたデータは、適切なタイプのデータセットに保存されます。データセットのタイプは、データセットの作成時に選択します。この特定のデータセット タイプの特徴と詳細については、下記の説明をご覧ください。

凡例:

  • スコープ - インポート ディメンション値に関連付けるヒットを指定します。スコープには、ヒットセッションユーザー商品の 4 つのレベルがあります。 スコープの詳細
  • モード - データの処理からレポートの作成につながる流れの中で、インポートしたデータと既存のヒットデータを結合するタイミングを指定します。インポート モードの詳細
  • スキーマ キー - キーとなるディメンションや指標を指定します。このキーを使用して、アップロードしたデータを、このデータセット タイプのヒットにある既存のデータに結合します。
    ここで示しているスキーマ キーのリストはあくまで参考です。実際に使用できるディメンションと指標は、データセットの作成時に管理画面に表示されます。
スコープ ユーザー
スキーマキー 次のいずれかになります。
  • User ID
  • カスタム ディメンション(ユーザー スコープ)
インポートしたデータ

カスタム ディメンション(ユーザー スコープ)

注意事項

ユーザーデータのインポートで、個人情報をアップロードしたり統合したりすることは許可されません。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。