Google 広告とアナリティクスでデータに矛盾がある

アナリティクスの Google 広告レポートのデータは Google 広告システムから直接インポートされるため、通常はアナリティクスと Google 広告のデータに違いはありません。ただし、以下のような状況ではデータに違いが生じる場合があります。

  • 比較対象の期間が長期にわたると、アカウントがリンクされていなかった期間も含まれる場合があります。
  • 複数の Google 広告アカウントを 1 つのアナリティクスのビューにリンクさせると、レポートに表示される情報は複雑になります。
  • フィルタによってアナリティクスのレポートから一部の Google 広告データが削除されている場合もあります。キャンペーンの最終ページ URL を対象にしたフィルタが設定されていないかご確認ください。
  • Google 広告のデータはレポートを表示した時点でアナリティクスにインポートされるので、データはその時点で最新のものとなります。

以下に示すチェックリストを使って、設定をご確認ください。データに違いが生じる原因について詳しくは、チェックリストより後の内容をご覧ください。

この記事の内容:

設定チェックリスト

データの違いの多くは、設定が適切に行われていないことが原因です。以下のチェックリストを使って、すべて適切に設定されているかご確認ください。

  • Google 広告アカウントとアナリティクスのプロパティが正しくリンクされていることを確認します。詳細
  • 広告のランディング ページに設定しているトラッキング コードが正しいアナリティクス プロパティのものであることを確認します。詳細
  • サイトで自動タグ設定が機能しているかどうかを確認します。詳細
  • サイトが自動タグ設定に対応している場合は、自動タグ設定を有効にします。詳細
  • 広告の最終ページ URL のタグが正しく設定されていることを確認します。詳細
  • どのフィルタでも Google 広告データを除外していないことを確認します。詳細

クリック数とセッション数の不一致

クリック数とセッション数で以下のいずれかの不一致が生じている場合は、クリック数とセッション数の不一致のトラブルシューティングを使って問題を特定し、適切に解決してください。

Google 広告のデータ(アカウントやキャンペーンのディメンションなど)の値として「(not set)」が表示されている場合は、「(not set)」の問題のトラブルシューティングを使って原因を特定し、適切に解決してください。

Google 広告とアナリティクスで表示されるクリック数とセッション数が異なる場合は、下記の原因が考えられます。

  • クリック数とセッション数は別々の指標である
    Google 広告では「クリック数」が集計されますが、Google アナリティクスでは「セッション数」が集計されます。たとえば、ユーザーがブラウザを閉じることなく 30 分以内に広告を 2 回クリックした場合、アナリティクスでは 1 回のセッションとして記録されます。これは、ユーザーがサイトを離れてすぐに戻った場合でも同様です。具体的には、広告を 1 回クリックした後、[戻る] ボタンをクリックしてもう 1 回広告をクリックした場合、アナリティクスでは 1 回のセッションとして記録されますが、Google 広告では 2 回のクリックとして記録されます。
  • Google 広告では無効なクリックがレポートから除外され、アナリティクスではすべてのデータが表示される
    Google 広告では特定のクリックがレポートから自動的に除外されますが、アナリティクスではこのようなクリックもすべてセッションとしてレポートに記録されます。Google 広告では、第三者が広告主様の費用やクリック率を増加させる目的で広告を繰り返しクリックした場合に、レポートからクリックを除外します。これらのクリックは無効と見なされ、Google 広告レポートから自動的に除外されます。無効な可能性のあるクリックに対する請求は行われません。
  • Google 広告アカウントで URL の自動タグ設定がオフになっている
    自動タグ設定がオフになっており、最終ページ URL にキャンペーン トラッキング変数が手動で設定されていない場合、トラフィックは「google cpc」(Google 広告からのクリック)ではなく、「google organic」(Google のオーガニック検索結果からのクリック)として記録されます。Google 広告アカウントで自動タグ設定をオンにするか、すべての最終ページ URL の末尾にキャンペーン トラッキング変数を追加してください。

    詳細については、自動タグ設定についてをご覧ください。
  • Google 広告のインポートとエクスポートの設定が間違っている
    アカウントがリンクされているのにクリックや費用のデータが表示されない場合は、リンクしているアカウントから該当するビューへデータをインポートするオプションが選択されているのを確認してください。

    詳しくは、Google 広告のインポートとエクスポートの設定を編集する方法をご覧ください。
  • サイトでサーバーサイドの URL 書き換えを行っている
    この場合、URL にパラメータを追加すると、書き換えルールが正しく機能しなくなる場合があります。また、URL に任意のパラメータを設定することが許可されていない一部のウェブサイトでは、このようなパラメータを追加するとエラーページが返されることがあります。この場合は、ウェブマスターに任意の URL パラメータの許可を依頼することをおすすめします。
  • ランディング ページが他のページにリダイレクトしている
    ランディング ページでリダイレクトすると、アナリティクスのコードが正しく起動せず、有料検索キャンペーンからのトラフィックを正しく認識できない場合があります。たとえば、広告のリンク先 http://www.mydomain.com/index.html からサーバー リダイレクト(301 コード、302 コード)や JavaScript により、http://www.mydomain.com/page2.html にリダイレクトするよう設定されている場合、ランディング ページに関連付けられたキャンペーン情報はリダイレクト時に失われます。

    詳細については、リダイレクト ページをトラッキングする方法をご覧ください。
  • 広告のランディング ページがトラッキングされていない
    広告のランディング ページにトラッキング コードを設定していない場合、キャンペーン情報はアナリティクスで記録されません。Google 広告のすべてのランディング ページをトラッキングするようにしてください。
  • ユーザーのブラウザ設定により、アナリティクスでウェブサイトのデータを収集できない
    Google 広告からウェブサイトを訪問したユーザーが、JavaScript や画像表示をオフにしているか、アナリティクスのユーザー トラッキングを阻む技術(アナリティクスをオプトアウトするブラウザ アドオンなど)を使用している可能性があります。こうしたユーザーは Google 広告のレポートには記録されますが、Google アナリティクスでは記録されない場合があります。
  • ランディング ページのコードが適切に読み込まれていない
    Google 広告で記録されたクリックが Google アナリティクスで記録されない場合は、Google 広告のクリック イベントが発生してランディング ページのトラッキング コードが読み込まれるまでの間に、障害が生じている可能性があります。この場合は、ホスティング サーバーが正しく機能していること、ページがすべてのユーザーと IP アドレスに対して表示されていること、トラッキング コードが各ページに適切に設定されていることを確認してください。

    詳細については、アナリティクスのコードが適切に設定されているかを確認する方法をご覧ください。
  • キャンペーンの有効期間内にユーザーがサイトに再訪問している
    特定のキャンペーンの有効期間内にユーザーがサイトを再訪問した場合、2 度目の訪問もそのキャンペーンに関連付けられます。その場合は、セッション数がクリック数より多くなります。リピーターのセッション数を確認するには、[ユーザーの種類] を使用してセグメント間でキャンペーン データを比較します。
  • ユーザーがブックマークからサイトを再訪問している
    アナリティクスでは最終ページ URL に付加される「gclid」というパラメータを使用して、Google 広告の広告からのトラフィックを特定しています。「gclid」パラメータは、ユーザーが広告をクリックしてサイトを訪問すると、ランディング ページ URL に表示されます。たとえば、www.example.com というサイトの場合、ユーザーが広告をクリックすると、アドレスバーには下記のように表示されます。

    www.example.com/?gclid=123xyz

    ユーザーが「gclid」パラメータごとウェブサイトをブックマークした場合、アナリティクスではそのブックマークからの訪問を Google 広告からのトラフィックとして記録します。ただし、Google 広告ではこのクリック数はカウントされません(実際に広告がクリックされたわけではないため、これらの訪問に対し広告主様に料金が請求されることはありません)。
  • サーバーの待ち時間
    広告からサイトにアクセスしたユーザーが、トラッキング コードの実行前にランディング ページを離れた場合、「gclid」パラメータは Google のサーバーに送信されず、クリックはセッションに関連付けられません。その結果、クリック数とセッション数に違いが生じます。

コンバージョン率の不一致

アナリティクスにおけるコンバージョン率とは、ビューで設定した目標の少なくとも 1 つに到達したユーザー数の割合を示すものです。この割合は、Google 広告アカウントで表示される Google 広告のコンバージョン率とは異なります。Google 広告におけるコンバージョン率とは、Google 広告で設定したコンバージョンを達成したクリック数の割合を示すものです。このコンバージョンは、Google 広告のコンバージョン トラッキング コードを使用して定義します。詳細については、これら 2 種類のコンバージョン トラッキングの違いに関する記事をご覧ください。

関連資料

アナリティクスと Google 広告のコンバージョン指標の違い

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。