検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

異なる広告グループにある類似キーワードについて

広告を表示できるのは、Google または検索パートナー サイトでユーザーが入力した検索語句が、登録済みのキーワードの 1 つと一致した場合です。しかし、特定の検索語句に対して、広告グループが異なる複数のキーワードが一致することもあります。たとえば、まったく同じキーワードが複数の広告グループに登録されている場合などです。あるいは、「配管工講習」や「配管工技能講習」といった類似キーワードが別々の広告グループにあり、両方とも「配管工の技能講習」という同じ検索語句に一致するケースもあります。

この記事では、同じ検索語句に一致する複数の類似キーワードがそれぞれ異なる広告グループに登録されている場合に、どのような処理が行われるのかを説明します。類似キーワードが同じ広告グループにある場合の説明は、こちらをご覧ください。

同じ検索語句に複数のキーワードが一致する場合でも、広告費用が増加することはありません。以下に詳述する優先ルールにより、どのキーワードを使って広告をオークションにかけるのかが決められます。オークションにかけられた広告は他の広告主様の広告と比較されますが、その際のクリック単価は、広告の掲載順位や(サイトリンクなどの)フォーマットの表示を維持するために最低限必要な金額となります。

キーワードの選択の仕組み

同じ検索語句と一致する複数の類似キーワードがそれぞれ異なる広告グループにある場合は、以下の優先ルールにより、どのキーワードを使って広告をオークションにかけるのかが決められます。類似キーワードが同じ広告グループにある場合とルールとしては同じものですが、プロセスはこちらの方が複雑です。それは、広告グループが違えば、広告、ランディング ページ、キャンペーンの設定まですべて異なる可能性があるためです。こうした違いにより、ユーザーの利便性に影響が出たり、類似キーワードでも広告グループの違いによって品質スコアに差異が生じたりすることがあります。そうしたことが、優先ルールの適用方法にも影響を及ぼします。

キーワードの優先度はおおよそ次のようになっています。

  1. 検索語句と正確に一致するキーワード

    検索語句と正確に一致するキーワードがある場合は、広告グループに関係なく、そのキーワードが優先的に使用されます。

    たとえば、検索語句が「配管工講習」だとします。広告グループの 1 つに部分一致キーワードの「配管工講習」が登録されており、別の広告グループにフレーズ一致キーワードの「配管工」が登録されている場合は、検索語句と正確に一致する部分一致キーワードが優先的に使用されます。
  2. キーワードがどれも同じである場合は完全一致キーワード

    まったく同じキーワードが複数の広告グループにある場合は、完全一致キーワードが優先的に使用されます。

    たとえば、検索語句が「地元の配管工」だとします。広告グループの 1 つに部分一致キーワードの「地元の配管工」が登録されており、別の広告グループに完全一致キーワードの「地元の配管工」が登録されている場合は、完全一致キーワードが優先的に使用されます。
  3. 広告ランクが最も高いキーワード

    検索語句と一致するキーワードが複数の広告グループに登録されている場合は、広告ランクが最も高いキーワードが優先的に使用されます。

    たとえば、ユーザーの検索語句が「配管工技能講習」で、広告グループに「配管工講習」および「配管工技能検定講習」というキーワードが登録されているとします。
    キーワード 広告ランク
    配管工講習 1.5
    配管工技能検定講習 1

    この例では、広告ランクが高い「配管工講習」が優先的に使用されます。

    まれに、検索語句に一致するキーワードの中で、最も広告ランクの高いキーワードの関連性が他のキーワードより低いように思われる場合がありますが、一般に関連性が高いと広告ランクも高くなるため、このような状況は多くは発生しません。検索語句レポートを参照して、関連性の低いキーワードで広告が表示されているケースを確認できた場合は、該当の広告グループで、関連性の低いキーワードを除外キーワードとして登録します。

優先ルールの例外

例外的に、上記の優先ルールが適用されないケースもあります。

キャンペーンが予算により制限されている場合

キャンペーンの 1 日の予算は、上記の優先ルールの適用に影響を与える場合があります。予算に制限のあるキャンペーンでは、キャンペーンの予算が足りず、トラフィックを最大限に獲得できないことがあるため、通常ならそのキーワードで広告を表示できる場合でも、広告を表示できないことがあります。これは、キャンペーンの予算を超過しないようにするためです。こうした問題を避けるには、1 日の予算が不足する事態を避ける方法をご確認ください。

広告主様が、「排水口が詰まったシンク」キャンペーンと「壊れた給湯器」キャンペーンを運用しているとします。「排水口が詰まったシンク」キャンペーンでは完全一致キーワード「配管工」が設定されていて、「壊れた給湯器」キャンペーンでは部分一致キーワード「配管工」が設定されています。

他の条件がすべて同じであれば、ユーザーが「配管工」を検索したときには、より限定的なマッチタイプである「排水口が詰まったシンク」キャンペーンの完全一致キーワードを使用して広告が表示されます。ただし、「排水口が詰まったシンク」キャンペーンが予算の制限を受けているとしたら、このキャンペーンの完全一致キーワードで広告を表示できないこともあります。その場合は、「壊れた給湯器」キャンペーンの部分一致キーワードが代わりに使用されます。

費用が安く品質スコアと広告ランクが高いキーワードがある場合

ごくまれなケースですが、費用が安く(クリック単価が低く)、品質スコアと広告ランクが高いキーワードがある場合は、上記の優先ルールが適用されないことがあります。

たとえば、ユーザーが「配管工の工具」を検索するとします。広告主様は「配管工の工具類」、「配管工の工具」というキーワードを設定し、それぞれの上限クリック単価、品質スコア、広告ランクが次のように設定されています。
 

キーワード 上限クリック単価 品質スコア 広告ランク
配管工の工具類 10 円 7 0.7
配管工の工具 15 円 4 0.6

通常は、「配管工の工具類」より検索語句との一致率が高い「配管工の工具」が使用されますが、「配管工の工具類」の方が費用が安く、品質スコアと広告ランクがより高いため、このシナリオでは「配管工の工具類」が使用されます。

まれに、検索語句に一致するキーワードの中で、最も広告ランクの高いキーワードの関連性が他のキーワードより低いように思われる場合がありますが、一般に関連性が高いと広告ランクも高くなるため、このような状況は多くは発生しません。検索語句レポートを参照して、関連性の低いキーワードで広告が表示されているケースを確認できた場合は、該当の広告グループで、関連性の低いキーワードを除外キーワードとして登録します。

一致するキーワードが多すぎる場合

アカウント内に多数の一致キーワードがある場合には、重複キーワードの一部は自動的に削除されます。その後に上記の優先ルールが適用されます。

たとえば、広告グループを 5,000 回コピーした結果、アカウント内にキーワード「配管工」が 5,000 個設定されたとします。この場合、「配管工」を検索するとき、5,000 個のキーワードをすべて検索するのではなく一致するキーワードの数を減らしたうえで検索を実行します。その後に上記の優先ルールが適用されます。

ヒント

AdWords Editor重複キーワードの検索ツールを使用すると、アカウント内で重複しているキーワードを確認できます。AdWords Editor は、AdWords アカウントの管理に使えるアプリケーションです(無料でダウンロードできます)。

キーワードの検索ボリュームが少ない場合

キーワードのステータスが「検索ボリュームが少ない」となっている場合は、上記の優先ルールが適用されないことがあります。Google で検索履歴がほとんどないか、まったくない場合に、キーワードはこのステータスになります。このステータスのキーワードは一時的に無効になり、広告の表示には使用されません。このため、ルールに基づいて優先すべきキーワードであっても、検索ボリュームが少ない場合は使用されず、別のキーワードで広告が表示されることがあります。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
AdWords にログイン

AdWords でご利用のメールアドレスでログインすると、皆様のご利用状況にあわせたヒントをご覧いただけます。AdWords の利用方法もあわせてご覧ください。