検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

フィードを使用して、動的検索広告をターゲット設定する

ページフィードを使うと、動的検索広告で使用する URL を厳密に指定できます。ページフィードはご自分で設定していただけるため、動的検索広告を自分でより詳細に管理できるようになります。

はじめに

ページフィードを使用するメリットは次のとおりです。

  • 管理。指定した URL だけに基づいて広告が生成されるようにできます。その場合、「ページ URL」列のみを使用し、広告キャンペーンを「自分のページフィードの URL のみを使用する」に設定します。
  • タイミング。新商品の動的検索広告を、新商品の掲載後に表示することができます。その場合、新商品の「ページ URL」列のみを使用し、広告キャンペーンを「自分のウェブサイトの Google インデックスと自分のページフィードの URL を両方使用する」に設定します。
  • 焦点を絞る。ビジネスの側面ごとに個別のキャンペーン(たとえば、ホテルの星評価ごとに個別のキャンペーン)を作成できます。その場合、各 URL に「カスタムラベル」(「FOUR_STAR」など)を関連付けます。各 URL に対して複数のラベル(「WELL_REVIEWED」、「POPULAR_DESTINATION」など)を入力することもできます。

ページフィードを使用するには、キャンペーンにページフィードを添付してください。

ステップ 1: スプレッドシートを作成する

ページフィードのデータ テンプレートをダウンロードする(推奨)か、2 つ以上の列のあるスプレッドシートを自分で作成します。

  • Page URL - ターゲットとするウェブページの URL です。各行に 1 つだけ入力します。トラッキング パラメータが追加された URL を使用しないでください。トラッキングするには、動的トラッキング URL を使用し、トラッキング パラメータをトラッキング テンプレートに追加します。
  • Custom label - ターゲットする広告を指定するラベルです。各行に複数入力することができます。複数入力する場合は、セミコロン(;)で区切ります。

ステップ 2: スプレッドシートをアップロードする

スプレッドシートをアカウントにアップロードする手順は次のとおりです。

  1. AdWords にログインします。
  2. 左側のナビゲーション バーの [共有ライブラリ] から [ビジネスデータ] を選択します。
  3. [ビジネスデータ] で、[表示] をクリックします。
  4. [+データ] をクリックし、[ページフィード] を選択します。
  5. フィードの名前を入力します。
  6. [ファイルを参照] をクリックし、フィード ファイルを添付します。
  7. [アップロード] をクリックします。

ステップ 3: フィードを新規または既存のキャンペーンに追加する

新規キャンペーンの場合: 動的検索広告キャンペーンの設定の際に、ターゲティング ソースを選択するように求められます。フィードを使用する場合は、フィードのいずれかのオプションを選択します。

既存のキャンペーンの場合:

  1. AdWords アカウントで、[キャンペーン] タブに移動します。
  2. 動的検索広告キャンペーンのいずれかをクリックします。
  3. キャンペーンの [設定] タブに移動します。
  4. 「動的検索広告」で、[編集] をクリックします。
  5. フィードのいずれかのオプションを選択します。
  6. [保存] をクリックします。

ステップ 4: カスタムラベルを使用する

キャンペーンを設定した後、次の手順でカスタムラベルを追加します。

  1. AdWords アカウントで、[キャンペーン] タブに移動します。
  2. 動的検索広告キャンペーンのいずれかをクリックします。
  3. [自動ターゲット設定] タブをクリックします。
  4. [+ 動的広告ターゲット] をクリックします。
  5. 新しいカスタムラベルを入力します。必要に応じて、個別の入札単価を入力して、カスタムラベルを追加した URL の入札単価を調整します。
  6. [保存] をクリックします。

ステップ 5: トラッキングを設定する(省略可)

各クリックにつながったページフィード アイテムをトラッキングするには、ValueTrack パラメータを使用してトラッキングを設定することができます。パラメータ {feeditem} を使用して、各行に固有の ID を設定してください。詳細

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
AdWords にログイン

AdWords でご利用のメールアドレスでログインすると、皆様のご利用状況にあわせたヒントをご覧いただけます。AdWords の利用方法もあわせてご覧ください。