類似ユーザーをターゲットに追加する

類似ユーザー機能によるターゲティングを使用すると、既存のリマーケティング リストのユーザーと同じ特徴を持つユーザーに広告を表示できるようになります。この記事では、このタイプのターゲティングをキャンペーンに追加する方法について説明します。

始める前に

類似ユーザー機能によるターゲティングは、検索ネットワークとディスプレイ ネットワークのどちらのキャンペーンでもご利用いただけます。これらのリストの生成方法について詳しくは、ディスプレイ ネットワークでの類似ユーザー機能検索向けの類似ユーザー機能についての記事をご覧ください。

手順

ご利用中の AdWords のバージョンをお選びください。詳細

検索ネットワーク キャンペーンとショッピング キャンペーンの場合:

  1. [キャンペーン] タブで、[オーディエンス] タブをクリックします。
  2. その下にある [+ ターゲット設定] ボタンをクリックします。
  3. ターゲット設定の追加先に応じて、[キャンペーン] または [広告グループ] を選択します。
  4. [キャンペーンのターゲット設定を追加] または [広告グループのターゲット設定を追加] をクリックして、[インタレストとリマーケティング] を選択します。
  5. [カテゴリを選択] をクリックして、[リマーケティング リストと類似] を選択します。
  6. 各類似ユーザーの横にある二重矢印(»)をクリックすると、その類似ユーザーを追加できます。現在のオーディエンスが [選択したオーディエンス] 列に表示されます。
  7. 設定が完了したら、[閉じる]、[保存] の順にクリックします。

ディスプレイ ネットワーク キャンペーンの場合:

  1. AdWords アカウントにログインします。
  2. [キャンペーン] タブで [ディスプレイ ネットワーク] タブをクリックします。
  3. その下にある [+ ターゲット設定] ボタンをクリックします。
  4. 「ディスプレイ ネットワークのみ」のキャンペーンでマーケティングの目標が「ウェブサイトで購入」の広告グループを選択します。「ディスプレイ ネットワークのみ - すべての機能」や「ディスプレイ ネットワークのみ - リマーケティング」のキャンペーンの広告グループを選択することもできます。
  5. [ターゲティングを追加] メニューをクリックして [インタレストとリマーケティング] を選択します。
  6. マーケティング目標が「ウェブサイトで購入」のキャンペーン、または「ディスプレイ ネットワークのみ - リマーケティング」のキャンペーンでは、[類似ユーザーを表示] チェックボックスをオンにします。「ディスプレイ ネットワークのみ - すべての機能」のキャンペーンの場合は、プルダウン メニューから [類似ユーザーリスト] を選択します。
  7. 各類似ユーザーの横にある二重矢印(»)をクリックすると、その類似ユーザーを追加できます。現在のユーザーリストが [選択したオーディエンス] 列に表示されます。
  8. 設定が完了したら、[閉じる]、[保存] の順にクリックします。

ユーザー層別の入札単価または入札単価調整の設定

目標コンバージョン単価や目標広告費用対効果などのスマート自動入札を使用すると、お客様の商品を購入する可能性が高いユーザーに広告を表示する機会が増え、投資収益率(ROI)が向上します。詳しくは、AdWords スマート自動入札についての記事をご覧ください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。