その他の制限付きビジネス: イベント チケットの販売

Google はヘルプセンターの翻訳版を提供しています。ただし翻訳版の内容によって実際のポリシーが変更されることはありません。ポリシーに基づく措置は、公式言語である英語版の記述に沿って実施されます。この記事を別の言語で閲覧するには、ページ末尾のプルダウン メニューから言語を選択してください。

Google では、ユーザーを保護する目的で特定タイプのビジネスの広告に制限を設けています。この制限は、各ビジネスの運営者が Google の他のポリシーに準拠している場合であっても適用されます。Google は、継続的に行っている独自の審査に加え、ユーザーや規制当局、消費者保護機関からのフィードバックに基づき、不適切とみなされる商品やサービスを随時特定しています。そうしたビジネスにより、ユーザーの安全またはユーザー エクスペリエンスが合理的な理由なく損なわれると考えられる場合は、関連する広告の掲載を制限または停止することがあります。

イベント チケットを販売する業者は、こちらのフォームを使用して適格性の確認を完了すれば Google 広告で広告を掲載できます。適格性の確認を受けるには、リンク先に関する特定の広告要件を満たす必要がある場合があります。

この記事では以下の内容を説明します。

  • ビジネスモデルの定義: 広告を掲載するための要件を判断するために、該当するビジネスモデルを特定する必要があります。
  • ビジネスモデル別のリンク先の要件
  • ビジネスモデル別の広告の要件
: チケットの再販を行う認定バイヤーとディスプレイ&ビデオ 360 アカウントは適格性確認のリクエストを提出する必要はありませんが、下で説明するリンク先の要件が適用されます。

 

ビジネスモデルの定義

  • 一次販売業者: イベントのチケットを最初に販売するイベントのオーナー、主催者、会場運営者。または契約上の合意を得たうえでイベントのオーナーなどの代理人としてチケットの販売権限を与えられているチケット販売業者。いずれの場合も、販売するチケットは未販売、未割り当てのものでなければなりません。
  • 再販業者: すでに一次流通市場で割り当てや販売が行われたチケットを再販する業者。再販チケットの価格(額面とは異なる場合あり)とチケットに適用されるその他の税金、サービス料、手数料などは、再販業者や再販市場によって決定されます。再販業者の要件は、再販業者とチケット購入者を仲介する市場にも適用されます。
  • イベント関連団体: 代理業者にチケット販売を委託しているアーティスト、ツアー、チーム、リーグ、会場運営者などのイベントや団体。
  • チケット情報集約サイト: 他の再販業者のサイトからチケット価格の情報を集約しているが、そのサイト自体はチケットを販売していないサイト。
:
  • フランス国内およびフランス領内でイベント チケットを販売できるのは、適格性の確認が完了している一次販売業者に限られます。
  • 再販チケットを宣伝しているビジネスは、他のチケットを一次販売業者として販売しているかどうかに関係なく、このポリシーにおいて再販業者とみなされます。


ビジネスモデル別のリンク先の要件

再販チケットを販売する場合、または再販チケットの販売サイトにリンクする場合は、以下のリンク先の要件の一部または全部を満たす必要があります。一次販売業者の場合は、再販チケットの販売サイトにリンクする場合を除き、リンク先の要件はありません。

ビジネスモデルと広告の宣伝内容ごとのリンク先要件の概要は次のとおりです。

概要

URL ドメイン

再販チケットを販売する場合、または再販チケットにリンクする場合は、以下のいずれかを提出した場合に限り、イベント関連団体名を URL ドメインに入れることができます。

  • 広告主様の会社とそのイベント関連団体との協力関係や提携関係を示す契約書か法的文書
  • そのイベント関連団体と協力関係や提携関係があることを宣言する、広告主様の会社の弁護士または幹部が署名した書簡(会社名、住所、電話番号が印刷された社用箋を使用)

開示

顧客を詐欺から守り、混乱が生じるのを防ぐため、再販チケットを販売する場合は、以下をウェブサイトやアプリ上で明確に開示する必要があります。

  • 自らが再販市場で再販チケットを販売しており、一次販売業者ではないこと
  • チケットの価格が額面価格(一次販売業者が設定した価格)よりも高い可能性があること

こうした開示情報は、広告からのユーザーに表示される全リンク先の上部 20% の位置(スクロールせずに見える範囲)に、見やすい方法で明示する必要があります。そして、閉じたり非表示にしたりすることができない通知形式で、同じページの大多数のテキストと同等以上のフォントサイズで表示しなければなりません。

税金や手数料の内訳

再販チケットを販売する場合は、購入手続きにおいて顧客が支払い情報を提供する前に、価格に含まれる手数料や税金の明細を示す必要があります。その明細には、追加されている税金や手数料などの具体的な費用を表示しなければなりません。

ビジネスモデル別の要件

一次販売業者

広告主の説明 広告の宣伝内容 開示(ウェブサイト) 税金や手数料の内訳(ウェブサイト)
一次販売チケットのみを取り扱っている場合 イベントの一次販売チケット 必須ではない 必須ではない
チケットの一次販売に加え、ホームページやイベントページを再販業者サイトにリンクしている場合 イベントの一次販売チケット 自身のウェブサイトでは必須ではない 自身のウェブサイトでは必須ではない
自身のウェブサイトのみ、またはイベントの再販チケット リンク先の再販業者のランディング ページでのみ必須 リンク先の再販業者のウェブサイトで必須

再販業者

広告主の説明 広告の宣伝内容 開示 税金や手数料の内訳
特定のイベントの「認定」または「公式」再販業者の場合 特定のイベント 必須 必須
自身のウェブサイトのみ、または自身が公式チケット再販業者となっていないイベント 必須 必須
自身で公式にチケットを再販している特定の米国プロスポーツ リーグ 必須 必須
再販チケットのみ取り扱っていて、「認定」でも「公式」でもない場合 自身のウェブサイト、またはイベントの再販チケット 必須 必須
再販業者であり、a) 特定のイベントの一次販売業者でもある、b) 一次販売業者にリンクしている、または c) 他の再販業者にリンクしている場合 イベントの一次販売チケット ランディング ページで必須(一次販売チケットに関連する情報のみを表示している場合は除く) 必須ではない
自身のウェブサイトのみ、またはイベントの再販チケット 必須 必須

イベント関連団体

広告主の説明 広告の宣伝内容 開示 税金や手数料の内訳
イベント関連団体であり、自身のウェブサイトがそのイベント チケットの一次販売業者にリンクしている場合 イベントの一次販売チケット 自身のウェブサイトでは必須ではない 自身のウェブサイトでは必須ではない
イベント関連団体であり、自身のウェブサイトがそのイベント チケットの再販業者にリンクしている場合 自身のウェブサイトのみ リンク先の再販業者のランディング ページでのみ必須
 
リンク先の再販業者のウェブサイトでのみ必須

イベント関連団体であり、自身のウェブサイトがそのイベントのチケットの一次販売業者と再販業者の両方にリンクしている場合
自身のウェブサイトのみ リンク先の再販業者のランディング ページでのみ必須 リンク先の再販業者のウェブサイトで必須

チケット情報集約サイト

広告主の説明 開示 税金や手数料の内訳
再販業者にリンクしているが、自身ではチケットを販売していないチケット情報集約ウェブサイトの場合 自身のサイトとリンク先の再販業者のウェブサイトで必須 リンク先の再販業者のウェブサイトで必須

 

ビジネスモデル別の広告の要件

自身がチケットの一次販売業者でない場合は、以下の広告要件を、一部またはすべて満たす必要があります。

ビジネスモデルと広告の宣伝内容ごとの各広告要件の概要は次のとおりです。

概要

「公式」という用語の使用

お客様のビジネスモデルで再販業者またはチケット情報集約サイトとなるケースがある場合は、広告内で、またはウェブサイトに関して「公式」などの用語(例: 「[イベント名] チケットの公式販売業者」、「公式チケット再販業者サイト」)を使用して、ご自身が常にチケットの一次販売業者であるようにほのめかすことはできません。

ただし、広告主様がイベント関連団体との間で、そのイベント関連団体の公式再販業者や公式一次販売業者としての呼称の使用が許可される法的な契約を結んでいる場合は、次の要件を満たす限り、広告内で「公式」という用語を使用できます。

  • イベント チケットの宣伝で、対象となるイベントに関連する団体の「公式」表記の使用を許可する旨が明記された、当該イベント関連団体発行の書類を提出する
  • 次のいずれかのフレーズについては、イベント関連団体名とともに「公式」の使用が可能(例: [イベント関連団体名]公式のファン同士のマーケットプレイス)

イベント関連団体の公式一次販売業者の呼称の使用を許可する契約を結んでいる場合

  • 公式一次販売チケット再販業者
  • 公式一次販売チケット マーケットプレイス
  • 公式一次販売チケット販売業者
  • 公式一次販売マーケットのチケット再販業者
  • 公式一次販売マーケットのチケット販売業者
  • 公式一次販売チケット販売
  • 公式一次販売チケット販売ショップ

イベント関連団体の公式再販業者の呼称の使用を許可する契約を結んでいる場合

  • 公式のファン同士のチケット マーケットプレイス
  • 公式のファン同士のマーケットプレイス
  • 公式のファン同士の二次販売マーケットプレイス
  • 公式二次販売チケット再販業者
  • 公式二次販売チケット マーケットプレイス
  • 公式二次販売チケット販売業者
  • 公式二次販売マーケットのチケット再販業者
  • 公式二次販売マーケットのチケット販売業者
  • 公式のファン向けチケット マーケットプレイス
  • 公式チケット交換マーケットプレイス
  • 公式チケット再販マーケットプレイス
  • 公式再販業者

表示 URL の制限

広告主様が再販業者またはチケット情報集約サイトの場合は、イベント関連団体との関係について顧客が誤解しないよう、ご自身の表示 URL にドメイン以降のパスやサブドメインを使用することはできません。

ビジネスモデル別の要件

再販業者

広告主の説明 広告の宣伝内容 「公式」のような用語の使用 表示 URL の制限
再販チケットのみ取り扱っている場合 自身のウェブサイト、またはイベントの再販チケット 許可されない 表示 URL にサブドメインまたはドメイン名に続くパスを含めることはできない
再販業者であり、a) 特定のイベントの一次販売業者でもある、b) 一次販売業者にリンクしている、または c) 他の再販業者にリンクしている場合 イベントの一次販売チケット 許可されない 表示 URL にサブドメインまたはドメイン名に続くパスを含めることはできない
自身のウェブサイトのみ、またはイベントの再販チケット 許可されない 表示 URL にサブドメインまたはドメイン名に続くパスを含めることはできない

イベント関連団体

広告主の説明 広告の宣伝内容 「公式」のような用語の使用 表示 URL の制限
イベント関連団体であり、自身のウェブサイトがそのイベント チケットの一次販売業者にリンクしている場合 イベントの一次販売チケット 許可される なし
イベント関連団体であり、自身のウェブサイトがそのイベント チケットの再販業者にリンクしている場合 自身のウェブサイトのみ 許可される なし

チケット情報集約サイト

広告主の説明 「公式」のような用語の使用 表示 URL の制限
再販業者にリンクしているが、ご自身ではチケットを販売していないチケット情報集約サイトの場合 許可されない 表示 URL にサブドメインまたはドメイン後のパスを含めることはできない
 

広告の違反を解決する方法

イベント チケットの販売について広告が不承認となった場合は、次の 2 つのオプションのうちいずれかに沿って操作してください。

適格性の確認をリクエストする

イベント チケットを販売する業者は、Google による適格性確認を申請し、確認を得られれば Google 広告で広告を掲載できます。適格性の基準についてこちらをご確認のうえ、こちらのフォームを使用して適格性の確認を申請してください。

ポリシーに関する決定への再審査請求

リンク先を修正した場合、または Google の判断に誤りがあると思われる場合は、Google 広告管理画面から直接、ポリシーに関する決定に対して再審査を請求できます。リンク先がポリシーに準拠していることが確認され次第、広告は承認されます。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー