ポリシーに違反した場合

ユーザーに安全で有益なエクスペリエンスをお届けするため、Google は広告主様に対して、Google 広告ポリシーとともに、適用対象の法律や規制に準拠することを義務付けています。ポリシーに違反する広告、広告表示オプション、リンク先などのコンテンツは、Google 広告プラットフォームおよび関連ネットワーク上でブロックされる可能性があります。

Google は違反の重大性に基づいて、さまざまな措置をとります。ポリシーや法律を施行するため、Google が実施する対応のリストは次のとおりです。

広告や広告表示オプションの不承認

Google 広告のポリシーに準拠していない広告や広告表示オプションは、不承認となる場合があります。不承認となった広告は、ポリシー違反を修正して承認を得るまでは掲載されません。Google 広告では、[ステータス] 列で承認状況を確認できます。不承認となった広告を修正する方法をご確認ください。

アカウントの強制停止

複数の違反または重大な違反がある場合は、アカウントが強制停止される場合があります。強制停止された場合、そのアカウントのすべての広告掲載が停止され、今後お客様の広告掲載が許可されなくなる可能性があります。さらに、場合によっては、関連するその他のアカウントもすべて強制停止され、新たにアカウントを作成しても自動的に強制停止されることがあります。詳しくは、アカウントの強制停止の説明をご覧ください。

リマーケティング リストの無効化

パーソナライズド広告に関するポリシーに準拠していないリマーケティング リストは、無効化される場合があります。無効化されたリストは広告キャンペーンで使用できなくなり、新たにリストにユーザーを追加することもできなくなります。リスト作成の制限は、個別のウェブページにも、ウェブサイトやアプリの全体にも適用されることがあります。

遵守状況の審査

Google は、お客様のビジネスにおけるカスタマー マッチのポリシー準拠状況について、いつでも審査を実施できるものとします。Google から遵守状況に関する情報提供を求められた場合、これに速やかに応じ、ポリシー遵守に向けてあらゆる措置を講じてください。クライアント センター(MCC)アカウントがある場合は、遵守状況の確認のため、子アカウントについても情報提供をお願いする場合があります。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。