Google 広告ポリシーによるアカウントの強制停止について

Google はヘルプセンターの翻訳版を提供しています。ただし翻訳版の内容によって実際のポリシーが変更されることはありません。ポリシーに基づく措置は、公式言語である英語版の記述に沿って実施されます。この記事を別の言語で閲覧するには、ページ末尾のプルダウン メニューから言語を選択してください。

ご希望の言語の字幕を表示するには、YouTube の字幕をオンにしてください。動画プレーヤーの下部にある [設定] アイコン YouTube 設定アイコンの画像 で [字幕] を選択し、言語を選択します。


Google は法的要件の遵守とユーザーの安全を重要視しており、ユーザー、Google、またはパートナーを危険にさらす行為があった場合には、アカウントの強制停止という措置を講じることがあります。この場合、該当する広告主様は Google 広告をご利用いただけなくなります。これは、ユーザー保護を中心とした健全で持続可能なデジタル広告のエコシステムを維持するために必要な措置です。

アカウントが強制停止される理由

Google 広告ポリシー利用規約は、ユーザーと広告主様に安全で健全なサービスを提供することを目的としています。Google ポリシーや利用規約に違反していることが確認された場合、アカウントは強制停止されることがあります。

悪質なポリシー違反(以下に定義)が認められた場合は、事前の警告なく直ちにアカウントが強制停止されます。

アカウントの強制停止につながるその他のポリシー違反があった場合は、ポリシーを遵守していただくために、違反の内容と、対処方法を記載した通知を送信します。この通知は、強制停止が行われる 7 日前までに送信されます。

悪質な違反とはどのような違反ですか?

Google 広告ポリシーに対する悪質な違反とは、違法行為またはGoogle のユーザーやデジタル広告のエコシステムに深刻な被害をもたらす重大な違反行為を指します。多くの場合、悪質な違反は、広告主様のビジネス全体が Google 広告ポリシーを遵守していない状況、または該当する 1 件の違反が極めて深刻であるため Google ユーザーへの広告配信を継続することが危険と判断される状況を表します。悪質な違反が確認されると予告なく直ちに強制停止になることから、Google では、違法行為およびユーザーへの深刻な被害を防止する有効な手段が他にない場合に限り、強制停止を行います。

悪質な違反が検出された場合はどうなりますか?

悪質な違反が検出された場合は、Google 広告アカウントを予告なく直ちに強制停止いたします。強制停止後は広告を掲載できなくなります。

広告主はアカウントの強制停止ステータスに対して、再審査を何回請求できますか?

同じアカウントの強制停止に対してあまりにも多くの再審査を請求した場合、システム運用の全体的な安定性を確保するために、再審査請求の処理を行わない場合があります。迅速に対応と審査が行われるよう、一度に 1 つの再審査を請求しましょう。

再審査請求機能を乱用されている可能性があると判定された場合、一部の再審査請求について処理を 7 日間停止します。

Google 広告ポリシー違反によるアカウントの強制停止に関するよくある質問

このセクションでは、Google 広告ポリシー違反によるアカウントの強制停止に関するよくある質問に回答します。

Google 広告ではポリシー違反をどのように検出していますか?

Google では、自動化されたシステムと人による評価とを組み合わせて、Google 広告ポリシーに対する違反を検出しています。その際、広告、アカウント、コンテンツ、ユーザーからの苦情、消費者のクチコミ、規制当局による警告や決定など、さまざまなソースの情報を考慮しています。

アカウントの強制停止につながるポリシー違反は他にもありますか?

はい。Google 広告ポリシーになんらかの形で違反した場合は、アカウントの強制停止につながる可能性があります。広告主様が Google 広告の広告掲載のポリシーに違反している場合は、ポリシー違反の内容と対処方法を記載した通知を送信します。その際、広告主様は、違反を解消する措置を講じたり、ポリシーに違反していないと思われる場合はその根拠を提示したりできます。この通知は、強制停止が行われる 7 日前までに送信されます。

ポリシー違反以外でアカウントの強制停止につながる理由はありますか?

はい。アカウントが強制停止されるその他の理由について詳しくは、こちらをご覧ください。

強制停止について広告主にはどのように通知されますか?

広告主様のアカウントが強制停止された場合は、アカウント内に通知が表示されるほか、メールでも通知が送信されます。メール通知には、広告主様の強制停止の根拠となった違反行為の該当ポリシーすべてと、再審査請求の送信先リンクが記載されています。

アカウントの強制停止は全地域で適用されますか?

Google のポリシーまたは利用規約に違反していることが判明した場合、地域に関係なく、すべての Google 広告アカウントにアカウントの強制停止が適用されます。アカウントが停止されると、全地域で広告が配信および表示されなくなります。

Google 広告アカウントが停止される期間はどのくらいですか?

Google 広告アカウントが停止されると、再審査請求が送信されアカウントが再開されない限り、停止措置は解除されません。すべての広告主様には、アカウントが停止された日から少なくとも 6 か月間の、再審査請求を送信できる期間が設けられています。

アカウントの強制停止に対する再審査請求はできますか?

はい。お客様が Google ポリシーに違反しておらず、この措置が誤りだとお考えの場合は、再審査請求をお送りください。

アカウントの強制停止に対する再審査請求を行うにあたって、一部の広告主様は、広告主様の適格性確認を完了する必要があります。確認を 3 回行っても身元が確認できなかった場合、再審査請求を行うことはできません。

なお、よほどの理由(誤審など)がない限りアカウントは再開されません。再審査請求の際は、嘘偽りのない正確かつ十分な情報をご提供ください。

強制停止中の広告主は他のアカウントを設定したり使用したりできますか?

いいえ。強制停止中のアカウントに関連するアカウント(同じメールやお支払い方法を使用しているアカウントや、同じクライアント センター(MCC)アカウントにリンクされているアカウントなど)は、強制停止されます。Google はユーザーの安全を重要視しており、ユーザー、Google、またはパートナーを危険にさらす行為があった広告主様は Google 広告をご利用いただけなくなります。また、広告主様が新規作成するアカウントはすべて強制停止されます。

広告主は強制停止中のアカウントにアクセスできますか?

強制停止中のアカウントでは広告を掲載できません。ただし、強制停止中のアカウントおよびすべてのレポートの閲覧は引き続き可能です。

払い戻しをリクエストする方法

アカウントが強制停止されていて、払い戻しの対象となる場合、いつでもアカウントの利用を停止して払い戻しを受けることができます。

広告主は強制停止中のアカウントでどのような操作を行えますか?

いくつかの例外を除き、強制停止中のアカウントは読み取り専用モードになっています。広告主様はアカウントにアクセスすることはできますが、操作が制限されます。可能な操作は次のとおりです。

  • アカウント設定: アカウントの利用停止、払い戻しの請求
  • お支払いオプション: お支払い手続き、税務署類のダウンロード、お支払い方法の追加
  • 再審査請求と適格性確認: 強制停止に対する再審査請求、広告主様の適格性確認
  • セキュリティ設定: Google 広告アカウント内のセキュリティ設定の更新
  • Google 広告アカウントでのページ移動
  • Google 広告アカウントの情報の閲覧と、関連するレポートのダウンロード

EU デジタル サービス法に基づく追加の権利

EU 所在のユーザーや広告主様には、追加の救済手段をご利用いただける場合があります。利用可能な救済手段について詳しくは、こちらをご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー