レポート

レポートのタイムゾーンを変更する

アカウントのタイムゾーンを変更すると、レポートをお客様の地域のタイムゾーンで確認できます。タイムゾーンを変更すると、週末のレポートに金曜日や月曜日のトラフィックが含まれなくなる点もメリットの 1 つです。タイムゾーンを変更した後も、レポートの期間選択メニューでタイムゾーンを切り替えて、お支払い処理で使用される従来のタイムゾーン(米国太平洋標準時間)でレポートを表示することもできます。

タイムゾーンを変更する際の注意事項:

  • レポートのタイムゾーンの変更は、それ以降のデータにのみ適用され、以前にさかのぼって適用されることはありません。たとえば、4 月 3 日にタイムゾーンを変更し、その後アカウントのタイムゾーンで 4 月 1 日から 4 月 5 日までのレポートを作成したとします。レポートでは、4 月 3 日のタイムゾーンを変更した時点より前のデータはすべて米国太平洋標準時間、その時点より後のデータは選択したアカウントのタイムゾーンで集計されます。
  • タイムゾーンの変更日を含む期間のレポートを表示すると、タイムゾーンの変更により時間が進むか遅れた時間帯では、データが変則的に減ったり増えたりする場合があります。こうした場合もお支払いに対する影響はなく、変則的な現象はレポートにのみ表示されます。お支払いに使用されるタイムゾーン(米国太平洋標準時間)でレポートを表示した場合、変則的な現象は表示されません。
  • 既存の保存済みレポートやスケジュールしたレポートは、新しいタイムゾーンに自動的に切り替わり、新たに保存したレポートを保存したりスケジュール設定したりすると、その時点で有効なタイムゾーンで表示されます。
  • [ホーム] ページのレポートは、常にアカウントのタイムゾーンで表示されます。
  • お支払い情報の表示に使用されるタイムゾーンはこれまでと変わらず、常に米国太平洋標準時間が使用されます。

アカウントのタイムゾーンを変更する方法は次のとおりです。

  1. AdSense アカウントにログインします。
  2. [アカウント] をクリックします。
  3. [アカウント情報] セクションで [タイムゾーン] の横の [編集] をクリックします。
  4. プルダウン リストからタイムゾーンを選択します。
  5. [保存] をクリックします。
    この手順を完了すると、レポートの期間選択メニューの中にアカウントのタイムゾーンとお支払いのタイムゾーン(米国太平洋標準時間と太平洋夏時間など)を切り替えるオプションが表示されるようになります。
AdSense レポートでは、アカウントのタイムゾーンとして指定した時刻が使用されます。多くの国では、夏の数か月間にわたって日照時間を有効活用するため時刻が公式に調整されます。これが夏時間やサマータイムと呼ばれるものです。アカウントに設定したタイムゾーンが夏時間に切り替わる場合、AdSense アカウントの統計情報の処理もこれに合わせて自動的に調整されます(AdSense のお支払い用タイムゾーンの米国太平洋標準時間と太平洋夏時間も同様に調整されます)。また、夏時間終了時にタイムゾーンが元に戻るときも、同様に調整されます。通常、こうした調整が行われる日は 1 日の時間が 23 時間か 25 時間になるため、収益が通常よりやや増えたり減ったりする可能性があります。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。