パフォーマンス レポートのグラフ タイプ

タイムライン グラフ

タイムライン グラフは、期間を比較する場合に使用します。タイムラインでは、2 つの異なる期間で同じ指標(見積もり収益額など)の変動を比較したり、同じ期間で複数の指標の変動を比較したりできます。[日別]、[週別]、[月別] ボタンで、表示する期間を切り替えることもできます。[全期間] レポートのように期間の長いレポートの場合は、[月別] ボタンを使用すると、細かな変動が目立たずに全体的な傾向を把握しやすくなります。

このグラフでは一連のデータ ポイントを線でつないで、定量的な情報を表示したり、継時的に変化する 2 つの変数の関係性を表したりできます。線グラフにより傾向を把握し、増加や減少、変動の状況や「一定の変化」が続く状況を確認できます。

Timeline graph

タイムラインは次の 2 つの形式で表示されます。

  • 1 つの指標を選択した場合は、網掛けのある 1 本の線グラフでデータが表示されます。
  • 複数の指標を選択した場合は、網掛けのない複数の線グラフでデータが表示されます。
[イベントを表示] では、アカウントの変更履歴が時間に基づいて表示されるため、このチェックボックスはタイムライン グラフでのみ利用可能です。

X 軸、Y1 軸、Y2 軸

情報を読み取りやすくするため、グラフでは X 軸と Y 軸が使用されます。

X 軸はグラフの左から右へ横に伸びる水平軸です。x の値が増えるとグラフのポイントは右へと移動します。

Y 軸はグラフの下から上へ縦に伸びる垂直軸です。y の値が増えるとグラフのポイントは上へと移動します。

すべてのデータは X 軸と Y 軸の交差するゼロの値を始点とします。

Y2 軸は、2 番目の縦線としてグラフの右側に表示されます。Y2 軸があることで、異なる指標を測定している場合でも、2 組のデータを 1 つのグラフで確認できます。

  • X 軸: 指定された期間を月日で表します。
  • Y1 軸: 最初に指定された指標を値とするグラフで使用されます。
  • Y2 軸: 2 番目に指定された指標を値とするグラフで使用されます。
たとえば、[アカウント全体(日単位)] のレポートを作成すると、アカウント全体のアクティビティに関する単位のレポートが表示され、日付が X 軸に表示されます。さらに、クリック数CPC の指標を表示するよう指定すると、Y1 軸に金額、Y2 軸に CPC の数値が表示されます。それぞれの線グラフが指定された指標を表し、指標とグラフは同じ色で表示されます。

ロールオーバー機能

X 軸、Y1 軸、Y2 軸の値を読み取ることができます。線グラフの交点にカーソルを合わせると、統計情報のバルーンが開いて、その交点に関する情報として、レポートで指定した指標のデータとグラフ上の日付が表示されます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。