通知

改善された [マイ AdMob ページ] で、パーソナライズされた最適化のヒントを入手し、アカウントの健全性を把握して、設定の完了状況を確認しましょう。

スマート セグメンテーション

スマート セグメンテーションの概要

アプリ内購入を行わないユーザーにのみ広告を表示します。#スマートセグメンテーション

スマート セグメンテーションを使用すると、アプリ内で購入を行う可能性の低いアプリユーザーを特定し、そのユーザーから新たに収益を獲得することができます。スマート セグメンテーションでは、機械学習を使用してユーザーの購入行動を予測したうえで、ユーザーを次の 2 つのグループに分類します。

  1. 非購入者と推定されるユーザー: アプリ内購入をする可能性が低いユーザー。
  2. 購入者と推定されるユーザー: 追加ライフなどのアプリ内購入を行う可能性が高いユーザー。これらのユーザーに表示する広告の数を制限すると、全体的なアプリ内エクスペリエンスとライフタイム バリューの向上につなげることができます。

スマート セグメンテーションを使用すると、非購入者と推定されるユーザーには広告が配信されますが、購入者と推定されるユーザーには広告が配信されません。これにより、購入者には広告を配信しないようにしながら、非購入者には広告を配信して収益化し、新たな収益を獲得することができます。

平均では、非購入者と推定されるユーザーは全ユーザーの半分程度を占めています。

: スマート セグメンテーションは、バックグラウンドで、特定のユーザーが非購入者である可能性を予測し、その結果に応じて広告配信を変更します。ユーザーがパーソナライズド広告の対象外であるか、パーソナライズド広告を無効にしている場合、購入の可能性は予測されません。つまり、パーソナライズド広告を受け取らないユーザーには、推定購入者と同じように広告が配信されます。

Overview and benefits of smart segmentation

成功のヒント: スマート セグメンテーションで収益増加に成功した AdMob ユーザーの事例を確認しましょう。

 

スマート セグメンテーションの使用

スマート セグメンテーションは、インタースティシャル広告ユニットおよびリワード広告ユニットで使用できます。スマート セグメンテーション広告ユニットは、既存の広告ユニットに追加して使用する必要があります。

既存の広告ユニットをスマート セグメンテーション広告ユニットに置き換えると、収益とインプレッション数が減少する場合があります。

また、第三者メディエーションを使用している場合、スマート セグメンテーションはご利用いただけません。

詳しくは、スマート セグメンテーションを使用して広告ユニットを作成する方法をご覧ください。

アプリの要件

ホーム ダッシュボードのスマート セグメンテーションカードには、広告フォーマットをまだ使用しておらず、スマート セグメンテーションの使用が可能なアプリのリストが表示されます。対象アプリの条件は、AdMob で確認できるユーザー トラフィックとアプリ内購入の数に基づいています。さらに、iOS アプリでスマート セグメンテーションを使用するには、アプリが Firebase にリンクされている必要があります。

AdMob のスマート セグメンテーションの例。

収益の見積もり

スマート セグメンテーション カードでは、既存の広告ユニットにスマート セグメンテーション インタースティシャルまたはリワード広告ユニットを追加して使用した場合に、広告収益がどの程度増加するかを見積もることができます。スマート セグメンテーション広告ユニットは一部のユーザーにのみ表示されるため、既存の広告ユニットをスマート セグメンテーション広告ユニットに置き換えると、収益とインプレッション数が減少する場合があります。

: 毎月の収益増加率は、毎月の推定広告収益額のみの推定値であり、アプリや類似アプリの集計データを使用して決定されます。
 
この推定値は、非購入者と推定されるすべてのユーザーに 1 日 1 回のインプレッションを追加で配信し、既存の広告ユニットは削除しないことを前提としたものです。

レポート

スマート セグメンテーション広告ユニットのパフォーマンスは、アプリ概要ダッシュボードで確認できます。アプリ概要ダッシュボードを表示するには、サイドバーで [アプリ] をクリックします。アプリの名前を選択し、サイドバーで [アプリの概要] をクリックします。

スマート セグメンテーションを有効にした後、AdMob レポートを使用して収益の変化を確認します。AdMob ネットワーク レポートで、スマート セグメンテーションが有効になっている広告ユニットを表示します。

スマート セグメンテーション広告ユニットの進捗状況は、次の指標で測定できます。

  • 見積もり広告収益額: スマート セグメンテーション広告ユニットが生み出した収益の見積もり額。
  • eCPM: スマート セグメンテーション広告ユニットの広告表示 1,000 回あたりの見積もり収益額。
  • インプレッション数: スマート セグメンテーション広告ユニットのユーザーに表示される広告の総数。
  • モデルの精度: スマート セグメンテーションによって正確に予測された購入者の割合。
  • 非購入者: スマート セグメンテーションがアプリ内購入を行わないと予測したユーザーの割合。このユーザーには広告が表示されます。
注: データは最大 48 時間遅れることがあります。
 

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
true
Show your support to promote DEI in Gaming by turning intentions into action!

Check out the newly launched Diversity in Gaming website, where you can find video stories and written pledges from global gaming developers. This campaign centers on 3 pillars: diverse teams, diverse games and diverse audiences showing how diversity is not just good for gamers, but for business as well. Show your support by taking the pledge to promote DEI in Gaming and share it on social!

Learn More

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー