改善された [マイ AdMob ページ] で、パーソナライズされた最適化のヒントを入手し、アカウントの健全性を把握して、設定の完了状況を確認しましょう。

AdMob および AdSense のプログラム ポリシー

欧州経済領域、英国、スイスのユーザー向けの広告リクエストに、制限付きデータ処理のタグを設定する

欧州経済領域(EEA)、英国、スイスのユーザーが TFUA(旧称「同意年齢に満たないユーザー向けのタグ」)を使った制限付きデータ処理の対象となるように、広告リクエストにマークを付けることができます。この機能は、一般データ保護規則(GDPR)および子供に関するプライバシー規制(Age Appropriate Design Code(AADC)など)の遵守を支援するためのものです。なお、GDPR と AADC の下で他の法的義務が生じる場合もありますので、規制に関するあらゆるガイダンスをご確認いただき、ご自身で弁護士にご相談ください。Google が提供するツールの目的は法令遵守を手助けすることであり、パブリッシャー様の法的義務を軽減することではありませんのでご留意ください。 GDPR と AADC がパブリッシャー様に与える影響について、詳細をご確認ください

この機能を利用すると、該当する広告リクエストに TFUA パラメータが含まれるようになります。このパラメータにより、その特定の広告リクエストにおいて、リマーケティングなどによるパーソナライズド広告が無効になります。また、広告測定ピクセルや第三者広告サーバーなどを扱う第三者広告ベンダーへのリクエストも無効になります。

広告リクエストに TFUA パラメータを追加する設定は、アプリ単位で適用されるどの設定よりも優先されます。

Google の広告サービスをご利用で、広告リクエスト単位ではなく、サイト、サブドメイン、アプリ単位で COPPA に準じた制限付きデータ処理をご希望の場合は、サイトまたは広告リクエストに子供向け取り扱いのタグを設定するをご覧ください。

: アプリで tagForUnderAgeOfConsent(TFUA)を使用する場合は、子供または年齢不明のユーザーを対象とする特定の識別子(広告 ID など)を送信することはできません。広告リクエストが TFUA でタグ付けされたときに広告 ID が送信されないように、SDK を Android 20.6.0 GMA SDK 以降または iOS GMA SDK 7.67.0 に更新してください。また、アプリに広告 ID を使用する権限を統合しないことで、アプリ全体の広告 ID を無効にすることもできます。

Google Mobile Ads SDK

アプリ デベロッパーは広告リクエストを行う際に、自身のコンテンツを制限付きデータ処理に適したものとして扱ってほしいかどうかを示すことができます。

 tag_for_under_age_of_consent を指定すると、制限付きデータ処理が行われるよう設定できます。詳しくは、デベロッパー向けドキュメントAndroid 用iOS 用)をご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

true
「マイ AdMob ページ」- AdMob での成果向上に役立つパーソナライズされたヘルプページです。

マイ AdMob ページが新しくなりました。お客様ご自身のアカウントに関連する情報をご覧いただける、パーソナライズされたヘルプページです。このページを活用して、アカウントをより健全に保ったり、必要なセットアップが完了しているか確認したり、ご自身のアプリに合う最適化のヒントを得たりすることができます。引き続き今後の最新情報をご確認ください。

詳細

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
false
false
true
true
73175
false
false