広告 ID

2021 年後半より、ユーザーがインタレスト ベース広告または広告のカスタマイズをオプトアウトすると、広告 ID が削除されて利用できなくなります。アクセスしようとすると、ID の代わりにゼロの文字列が返されます。

広告 ID は、ユーザーがリセットできる広告用の固有の ID で、Google Play 開発者サービスから提供されるものです。この広告 ID によってユーザーの管理性は向上し、デベロッパーはシンプルな標準システムで引き続きアプリを収益化できます。また、ユーザーは ID をリセットしたり、Google Play アプリ内のパーソナライズド広告(以前のインタレスト ベース広告)をオプトアウトしたりできます。

2021 年の Google Play 開発者サービスの更新

2021 年後半に予定されている Google Play 開発者サービスの更新では、ユーザーが広告 ID を使ったカスタマイズを Android 設定でオプトアウトすると、その広告 ID が削除されるようになります。削除された広告 ID にアクセスしようとすると、ID の代わりにゼロの文字列が返されます。デベロッパーや広告 / 分析サービス プロバイダは、オプトアウト設定が選択された場合に通知を受け取ることができます。規制遵守への取り組みやユーザーの選択の尊重に利用してください。上記の通知システムのテストをご希望の場合は、こちらのフォームにご記入ください。

今回の Google Play 開発者サービスのロールアウトは 2021 年後半から段階的に実施し、2022 年の初めに Google Play をサポートしているすべてのデバイスで動作するアプリに拡大します。分析や不正防止などの、広告以外の重要なユースケースに対応するには、アプリセット ID を使用してください。

また、対象 API レベルを 31(Android 12)に更新するアプリでは、以下のようにマニフェスト ファイルで Google Play 開発者サービスの標準の権限を宣言する必要があります。

<uses-permission android:name="com.google.android.gms.permission.AD_ID"/>

Google Mobile Ads SDK(play-services-ads)など、一部の SDK では、SDK のライブラリ マニフェストですでにこの権限を宣言している可能性があります。アプリがこれらの SDK を依存関係として使用している場合は、アプリのメイン マニフェストで権限を明示的に宣言していなくても、デフォルトで、SDK のライブラリ マニフェストの AD_ID 権限がアプリのメイン マニフェストと統合されます。マニフェスト ファイルを統合する方法について詳しくは、Android デベロッパー サイトをご覧ください。

ファミリー ポリシーなど、Google Play ポリシーの中には、アプリで広告 ID を使用することを禁じているものもあります。ライブラリ マニフェストで AD_ID 権限を宣言する、Google Mobile Ads SDK などの SDK を使用しているアプリの場合は、マニフェストに次の要素を追加して、この権限がアプリに統合されないようにする必要があります。

<uses-permission android:name="com.google.android.gms.permission.AD_ID" tools:node="remove"/>

この権限の適用は、2022 年初めからすべてのデバイスに対して開始されます。詳しくは、API ドキュメントをご覧ください。

詳しくは、一意の識別子に関するベスト プラクティスをご覧ください。

広告 ID を実装する

アプリに広告 ID を実装するには、Advertising ID API を使用します。

ポリシーに関する要件

Google Play デベロッパー プログラム ポリシーに基づき、Google Play にアップロードするすべてのアップデートと新しいアプリは、広告目的の場合にデバイス ID ではなく広告 ID を使用することが必要になります(デバイスで取得可能な場合)。デベロッパーは、アプリの使用に関するポリシーだけでなく、すべての Play ポリシーに自分のアプリが準拠するよう責任を負う必要があります。

アプリで広告 ID 以外の永続 ID を使用していると、サイトオーナーのサイトまたはアカウントの登録時に使用したメールアドレス経由でポリシー違反の警告を受け取ることがあります。警告を受け取った場合は、公開済み APK がデベロッパー プログラム ポリシーの広告 ID 関連のガイダンスに準拠していることをご確認ください。サードパーティの広告 SDK を使用している場合は、SDK メーカーに連絡して、この新しいポリシーに準拠している新しいバージョンを入手してください。

その他の詳細

すべて折りたたむ すべて展開

永続 ID(Android ID を含む)

対応状況

広告に関連しないさまざまな使用事例があるため、永続 ID は引き続き使用できます。Google では、どの永続 ID がサードパーティに提供されているかについて、より詳しい情報をユーザーに提供する新しい機会がないか長期的に調べていきます。詳細が明らかになり次第、事前にお知らせいたします。

広告以外の目的で使用する

永続 ID を使用するには、プライバシー ポリシーを指定しており、デベロッパー販売 / 配布契約と、アプリを配信にする地域で適用されるすべてのプライバシー法に従ってデータを取り扱う必要があります。

広告 ID を使用しないデバイス ターゲティング

広告 ID が存在しない場合は、次の条件を満たす限り、アプリで永続 ID または専用 ID を使用できます。

広告 ID の違反

カタログ内のアプリが広告 ID に関するポリシー ガイダンスを遵守しているかどうかをご確認ください。Google Play Console の通知や、デベロッパー アカウントに登録されたメールアドレスに送信されるメール警告で違反の可能性があることが通知されます。

その他の不明点については、広告 ID ポリシー違反の詳細をご覧ください。

広告のカスタマイズをオプトアウトする方法
  1. デバイスの設定アプリ 設定アプリ > [Google] を開くか、Google 設定アプリ Google 設定 を開きます(デバイスによって異なります)。
  2. サービスの下で、[広告] をタップします。
  3. [広告のカスタマイズをオプトアウトする] をオンにするため、スイッチを青色になるまで右へ動かします。

: キャッシュを削除すると、オプトアウト設定は失われます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
92637
false