モバイルアプリの視認性データの提供元を設定する

アド マネージャーと Open Measurement SDK で視認性を測定する

一部の動画機能は、ネットワークによっては有効になっていない場合があります。詳しくは、アカウント マネージャーにお問い合わせください。

Open Measurement は、対応する第三者の視認性データの提供元がモバイルアプリの視認性データを統一的かつ安全に測定できるようにするソリューションです。この業界規格により、アプリのデベロッパーは 1 つの SDK だけで、対応する提供元に視認性データの測定を許可できます。SDK が実装されていれば、パブリッシャーは視認性データの提供元をアド マネージャーの広告申込情報に割り当てることができます。

現在、アド マネージャーは次の視認性データの提供元に対応しています。

  • Moat 
  • Integral Ad Science(IAS) 
  • Comscore 
  • DoubleVerify 

SDK の実装

Open Measurement が統合された SDK は 2 つあります。

シンプルな動画設定の場合は、Google Mobile Ads(GMA)SDK で Open Measurement 機能の SDK をインポートし、Open Measurement を有効にする方法を参照してください(iOS または Android 向けのガイド)。

高度な動画設定の場合は、Interactive Media Ads(IMA)SDK で Open Measurement 機能の SDK をインポートし、Open Measurement を有効にする方法を参照してください。

Open Measurement 規格の詳細については、IAB のドキュメント(英語)をご覧ください。

アド マネージャー ネットワークで視認性データの提供元を設定する

第三者の視認性データの提供元は、広告申込情報に割り当てる前にアド マネージャー ネットワークに追加する必要があります。新しい会社を追加する方法をご覧ください。

視認性データの提供元を追加するには

アド マネージャー ネットワークに追加する各提供元から次の情報を入手します。提供元の連絡先情報などの追加設定は省略可能です。

ベンダーキー

ベンダーキーは通常、[domain]-[usecase] の形式です。

例:
moat.com-omid
integralads.com-omid
comscore.com-omid
doubleverify.com-omid

スクリプト URL 提供元の検証スクリプトをホストする URL。
URL パラメータ ダウンロードされた検証スクリプトに渡すパラメータ。VAST 4.1 規格の VerificationParameters と同じです。
拒否された場合のトラッカー URL 検証スクリプトを実行できない場合に ping を送信する URL。

広告申込情報に視認性データの提供元を割り当てる

対応する提供元をアド マネージャー ネットワークに追加したら、次に広告申込情報に割り当てます。これにより、広告申込情報に割り当てられているクリエイティブで、第三者による視認性データの測定を開始できます。

各広告申込情報に追加できる提供元は 1 つのみです。

アド マネージャーの広告申込情報を作成、編集する方法をご覧ください。

ディスプレイ タイプのネイティブ カスタム フォーマットを配信する

ディスプレイ タイプのネイティブ カスタム フォーマットを配信するには、配信するネイティブ広告にアプリ名を追加する必要があります。

  1. HTML & CSS エディタまたは Android と iOS のアプリコードを使用して、ネイティブ広告を作成します。
  2. (HTML & CSS エディタの場合のみ)[新しいフォーマット] を選択します。
  3. [OMID パートナー名] にアプリ名を入力します。
  4. ネイティブ広告の作成を完了します。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。