Ad Manager と Ad Exchange のプログラム ポリシー

パーソナライズド広告とパーソナライズされていない広告

アド マネージャーの EU ユーザーの同意に関する設定では、パーソナライズド広告とパーソナライズされていない広告の有効化をいくつかの方法で指定できます。この記事では、この 2 種類の広告の違いについて詳しく説明します。Google のサイト運営者広告タグでの広告パーソナライズ設定の詳細

パーソナライズド広告

パーソナライズド広告(旧「インタレスト ベース広告」)は、ユーザーと広告との関連性を高め、広告費用対効果の改善に力を発揮するツールです。Google のサイト運営者向けのすべてのサービスでは、ユーザーがアクセスしたサイトや使用しているアプリに基づいてユーザーの関心事が推測されます。こうして推測された関心事を基準に、広告主はキャンペーンのターゲットを設定することができます。つまり、パーソナライズド広告を利用すると、ユーザーと広告主の双方にとって利便性が高まります。広告主向けパーソナライズド広告ポリシーの詳細

Google では、ユーザーの過去の検索語句、アクティビティ、サイトやアプリへのアクセス、ユーザー属性情報、地域など、以前に収集したデータ(過去のデータ)に基づいて決定された(またはそのようなデータから影響を受けた)広告をパーソナライズド広告と定義しています。具体的には、年齢や性別によるターゲティング、インタレスト カテゴリ ターゲティング、リマーケティング、カスタマー マッチのリストによるターゲティング、ディスプレイ&ビデオ 360 やキャンペーン マネージャーでアップロードされたユーザーリストによるターゲティングなどで選択される広告が該当します。

パーソナライズされていない広告(NPA)

パーソナライズされていない広告は、ユーザーの過去の行動に基づいていない広告です。大まかな現在地(郵便番号単位ではなく、市区町村単位など)に基づいた地域ターゲティング、現在のサイトやアプリのコンテンツ、現在の検索語句などのコンテキスト情報を使用してターゲットに設定される広告が該当します。年齢や性別によるターゲティング、ユーザーリストによるターゲティングを含む、インタレスト ベースのオーディエンス ターゲティングは一切許可されません。

パーソナライズされていない広告では、Cookie やモバイル広告 ID は広告ターゲティングの目的では使用されませんが、フリークエンシー キャップの設定、広告レポートの集計、詐欺や不正使用の防止の目的では使用されます。したがって、特定の欧州経済領域諸国では e プライバシー指令に則って、法律で義務付けられている場合に、Cookie またはモバイル広告 ID を上記の目的で使用することについての同意を得る必要があります。

ログインしている欧州経済領域内の Google ユーザーから Google に年齢情報が直接提供され、それが GDPR で定められている同意年齢に満たない場合、Google はそのユーザーにパーソナライズされていない広告のみを配信します。サイト運営者(パブリッシャー)がアド マネージャーで指定している EU ユーザーの同意設定や、広告タグでパーソナライズされていない広告のシグナルを渡しているかどうかは考慮されません。

プログラマティック取引でのパーソナライズされていない広告の扱い

アド マネージャーのサイト運営者(パブリッシャー)向け設定に含まれるパーソナライズされていない広告向けの広告技術プロバイダの設定に沿って、またはパーソナライズされていない広告のシグナルがタグで渡されることによって、パーソナライズされていない広告が配信される場合、プログラマティック トランザクションでの処理は以下のようになります。

なお「プログラマティック トランザクション」とは、公開オークション、プライベート オークション、優先交渉権、優先取引、プログラマティック保証型取引のトランザクションを指します。
  • 配信される広告では、ユーザーの過去の行動に基づく情報は使用されません。
  • Google では、パーソナライズド広告の測定やターゲティングを目的とした、ユーザー識別子に対する情報の記録は行われません。
  • インタレスト ベースのオーディエンス ターゲティング(年齢や性別によるターゲティング、リマーケティング リストによるターゲティングを含む)を使用した広告配信は行われません。
  • GDN とディスプレイ&ビデオ 360 を介して配信される広告では、コンテンツ ターゲティングとプレースメント ターゲティングのみが使用されます。こうした広告では、非常に粗い地域区分(市区町村など)に基づいた地域ターゲティングを行う目的と、無効な操作を防止する目的で、IP アドレスが使用される場合があります。また、こうした広告では、フリークエンシー キャップの設定、広告レポートの集計、詐欺や不正使用の防止の目的で、Cookie または IDFA、AdID、あるいはそのすべてが使用されます。
  • 2018 年 5 月 25 日時点において、パーソナライズされていない広告では第三者購入者や第三者広告トラッキングはサポートされていません。

プログラマティック以外の取引でのパーソナライズされていない広告の扱い

サイト運営者(パブリッシャー)向けの設定に沿って、またはパーソナライズされていない広告のシグナルがタグで渡されることによって、パーソナライズされていない広告が配信される場合、プログラマティック以外の広告申込情報での処理は以下のようになります。

なお「プログラマティック以外の広告申込情報」とは、アド マネージャー、Ad Exchange、AdSense のプログラマティック保証型取引やプログラマティック取引ではない広告申込情報を指します。
  • Google が提供するソリューションに基づき、サイト運営者(パブリッシャー)は、パーソナライズされていない広告の配信に対応するネットワークの広告申込情報を選択します。サイト運営者(パブリッシャー)は自らの責任のもと、配信する広告申込情報として、パーソナライズド広告の配信に対するユーザーの同意が得られなかった場合に配信可能な広告申込情報のみを選択する必要があります。
  • インタレスト ベースのオーディエンス ターゲティング(年齢や性別によるターゲティング、ユーザーリストによるターゲティングを含む)を使用した広告配信は行われません。
  • Google では、パーソナライズド広告の測定やターゲティングを目的とした、ユーザー識別子に対する情報の記録は行われません。

収益グループでのパーソナライズされていない広告の扱い

サイト運営者(パブリッシャー)向けの設定に沿って、またはパーソナライズされていない広告のシグナルがタグで渡されることによって、パーソナライズされていない広告が配信される場合、Open Bidding とモバイルアプリ向けメディエーションを使用する収益グループでの処理は以下のようになります。

  • Open Bidding は無効になり、Open Bidding の入札者へのコールアウトは行われません。
  • モバイルアプリ向けメディエーションは無効にはなりません。

パーソナライズされていない広告の配信によって影響を受ける一般的な機能:

  • オーディエンス ソリューションのターゲティングは、パーソナライズされていない広告のリクエストには使用できません。
  • アド マネージャーの携帯通信会社ターゲティングは、パーソナライズされていない広告のリクエストには使用できません。
  • アド マネージャーの帯域幅ターゲティングは、パーソナライズされていない広告のリクエストには使用できません。
  • データ転送の特定のフィールド(UserId など)は使用できません。
  • ディスプレイ&ビデオ 360 以外の購入者との取引では、パーソナライズされていない広告のリクエストは扱えません。
  • ディスプレイ&ビデオ 360 の購入者との取引では、パーソナライズされていない広告のリクエストで購入者が第三者ピクセルまたはオーディエンス ターゲティングを使用した場合に影響が生じる可能性があります。

パーソナライズされていない広告のレポートに関する変更

  • パーソナライズされていない広告のトラフィックの場合、アド マネージャーの特定のデータ転送フィールド(UserId、AudienceSegmentIds、Bandwidth、MobileCarrier など)は空白になります。
  • アド マネージャーのリーチレポートの精度に影響が生じる可能性があります。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。