Key-Value のレポートを作成する

Key-Value ディメンションを使用して Key-Value のレポートを作成できます。レポートに含めるキーを選択するほかに、重要なキーをカスタム ディメンションに設定したり、キーに関するレポート設定が変更された時間を確認したりすることもできます。

レポート対象の Key-Value とカスタム ディメンションがシステムの制限内に収まるようにしてください。

レポートにターゲティング キーを追加する

アド マネージャーのレポートには、「レポート対象」として指定しているターゲティング キーのみが含まれます。キーを「レポート対象」として指定した場合、次のようになります。

  • 指定した時点から、そのキーに定義されているすべての値もレポートに含まれます。
  • レポートで、キーをレポートに追加する前の日付を含む期間を指定した場合、キーのデータは表示されません。
  • 未定義の値は、そのキーが「レポート対象」であってもレポートに表示されません。値は最初に定義する必要があります。

キーを「レポート対象」として指定するには:

  1. Google アド マネージャーにログインします。
  2. [広告枠] 次に [Key-Value] をクリックします。
  3. アド マネージャーのレポートで使用するキーの名前をクリックします。
  4. [値のレポート] で、[レポートに値を含める] を選択します。
  5. [保存] をクリックします。
    [Key-Value] ページの [レポート対象] 列の値が [オン] に変わります。

オーダーまたは広告申込情報の Key-Value の配信状況に関するレポートを作成する場合は、ターゲットに設定したインプレッションの指標を使用します。使用しない場合、一致したリクエストに存在するすべての Key-Value が返されます。Key-Value は、アド マネージャーでキーが追加されていれば、「レポート対象」の設定に関係なくデータ転送レポートに含められます。

カスタム ディメンションを使って Key-Value レポートを作成しやすくする

よく使用する事前定義のキーを「カスタム ディメンション」に設定し、レポートの設定時に選択することができます。カスタム ディメンションのデータがレポートに表示されるのは、そのカスタム ディメンション キーの事前定義された値が明示的にリクエストに含まれていた場合のみです。レポートでカスタム ディメンションを使用する場合は、カスタム ディメンションの追加後に記録されたインプレッションのみがレポートに表示されます。

「事前定義」のキーをカスタム ディメンションに設定する

  1. アド マネージャーで [広告枠] 次に [Key-Value] をクリックします。
  2. アド マネージャーのレポートで使用するキーの名前をクリックします。
  3. [値のレポート] で [レポートに値を含めて、キーをカスタム ディメンションとして追加する] をクリックします。
  4. アド マネージャーのレポートに含めるターゲティング値を追加します。
  5. [保存] をクリックします。
    [Key-Value] ページの [レポートに使用された値] 列に、過去 7 日間にレポートに表示されたカスタムの値の数が表示されます。

カスタム ディメンションに関するレポートを作成する

  1. アド マネージャーで、[レポート] 次に [レポート] 次に [新しいレポート] をクリックします。
  2. [ディメンション] で [カスタム ディメンション] をクリックします。
  3. カスタム ディメンションとして追加したキーの名前をクリックします(複数可)。
  4. レポートのその他の設定を追加します。

レポートには、次のような行が表示されることがあります。

  • (複数の値): 広告リクエストが送信され、サイト運営者(パブリッシャー)がキーを複数回指定しているか、1 つのキーに複数の値を指定している場合に表示されます。
  • (該当なし): カスタム ディメンションの行と一致しないインプレッションや他の指標がある場合に表示されます。

キーの変更時期を確認する

キーをカスタムまたはレポート対象に設定した時期、あるいはレポート対象の設定を解除した時期を確認できます。手順は、キーの設定の右上にある [履歴] をクリックします。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。